デジタルカメラ情報サイト

ソニーαに最適化したMマウント互換レンズ「七工匠 7Artisans 28mm F1.4 ASPH E+」(デジカメWatch)

アダプター使用を想定 画像周辺部の解像に違い

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • 匿名
    • 2019年 7月 04日

    E+とか分かりにくいなw
    Mマウントなのにsony用とか謎仕様w

      • 匿名
      • 2019年 7月 04日

      MマウントでEマウントに最適化とか面白い
      しかも最適化されると画質も上がってるんだね
      Mマウントならどのミラーレスにも使えるから使い回しできるしな

      • 匿名
      • 2019年 7月 04日

      まぁソニー機でテックアートのLM-EA7なんかでMマウント使ってる人でないとありがたみわからんだろうなぁ。。要はMマウントといってもそちらのほうが需要があるということ。

    • M-KEY
    • 2019年 7月 04日

    「Eマウントに最適化された」という事は、マウントアダプター経由での
    RやZ、Lへの適性も高いという事なので、その需要も見越していそう。

コメントは利用できません。

コシナ、「NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM」を8月8日に発売(デジカメWatch)

M型ライカのエントリーモデル「ライカM-E」詳報(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ