デジタルカメラ情報サイト

M型ライカのエントリーモデル「ライカM-E」詳報(デジカメWatch)

ライブビュー&動画記録に対応 実機の外観写真を掲載

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (29)

    • 匿名
    • 2019年 7月 04日

    エントリーモデルで50万円前後ですか。 ライカを求める人はいったい何をライカに期待しているのだろうか? 一度じっくりと聞かして貰いたいと思う。

      • 匿名
      • 2019年 7月 05日

      社会的に成功しているトップ数パーセントの富裕層にお金を出してもらう為のプレミアム感?

      • 匿名
      • 2019年 7月 05日

      あなたが2回買い換えるのと同じ額ですよ。

      • 匿名
      • 2019年 7月 05日

      前のM-Eに比べると質感メチャ高いし、これで50万なら大バーゲンだろ。
      買えない人の僻みはみっともないよ。

      • M-KEY
      • 2019年 7月 05日

      そうですね、M10の約半額ですが機能的には上回る部分もあり、ライカとしては破格ですね。
      とはいえ、レンズも含めると、なかなか手を出せる金額ではないし、銀塩時代と違ってM型は
      「買えば一生モノ」という風にいかないので、M-Eとレンズを買う予算があったらQ2を買いたいです。

      • 匿名
      • 2019年 7月 08日

      >何を期待しているか
      距離計のついたカメラを作って作って作り続けること。
      作って作って作っていさえすれば、いつか誰かがレンジファインダーカメラ使ってみたいと思った時に買うことができる。単なるサラリーマンの俺でも100万くらい出した(まあmonochromしか買えなかったチキンだけど)。今のライカは高いったってせいぜいその程度のもんだ。
      あるいは下らないブランド商売だろうがなんだろうがお大尽に売りつけて市場に出してくれさえすれば、いつしか中古になってまわりまわって傷んで安くなって、多少自由になるお金が少ない人もレンジファインダーカメラに触れることができる。バルナック型なら2~3万から買えるし、逆に安すぎないから整備してくれる業者もちゃんといて使い続けることができる。
      作ることを止めたらいつしかその数は減って減って高くなってお大尽の防湿庫に仕舞われて使われなくなって、普通のカメラ好き写真好きの人が、レンジファインダーカメラに触れることができなくなる。それを防いでいる今のライカはどこのバカが何と言おうと偉い。

      まあソニーの裏面照射センサーくらいは買ってきて載せろとは思うけどな(電子シャッターおよび周辺部の色被り的に)!! ニコンZに写りで負けてる場合じゃねーよw

        • 匿名
        • 2019年 7月 08日

        最近のライカ、少し手を広げすぎで心配

    • 匿名
    • 2019年 7月 04日

    エントリー機の金額出すならD5や1DXマーク2買えるがな。

      • 匿名
      • 2019年 7月 04日

      どっちもステータスが違い過ぎる

        • 匿名
        • 2019年 7月 04日

        ステータスで写真を撮るのですか?

          • 匿名
          • 2019年 7月 04日

          カメラは写真を撮るだけのものではありません。
          特にライカなんかは持ってるだけでほとんど使わない人も多い。

            • 匿名
            • 2019年 7月 05日

            単なる思い込みですな。

            • 匿名
            • 2019年 7月 05日

            ライカだけじゃなく、新旧いろんなカメラを物色してきて、え?お店?
            という感じのキャビネットに並べ、悦に入ってる人を知ってる。
            それが出来る財力のなせる業ではあるが、さすがに新品を買った場合にはせめて一度は使ってみるとの事らしい。

            • 匿名
            • 2019年 7月 07日

            昔のアサヒカメラか何かの記事で、「その昔の金持ち若旦那(または大旦那)がライカを買って人に自慢し、たくさん薀蓄を語った後にやっと1枚だけ撮る」というようなものがあったと記憶していますが(多分昭和40年代後半〜50年代前半の記事)、今はどうなんでしょうね?

            • 匿名
            • 2019年 7月 08日

            金持ちは写真を撮らないって妄想して憂さ晴らしとか情けないですな

            • 匿名
            • 2019年 7月 08日

            金持ちというかコレクター的にM型の限定モデルを買う人を知っているが、普段使いはα7R3だった

            • 匿名
            • 2019年 7月 08日

            その昔、自分はある街のカメラ屋でDPEのバイトをしていたのだが、その店には当時まだ発表されていた地域の長者番付の常連組という客が来ていて、カメラに博識な店長と懇意にしている事から様々なやり取りを横目で見ていた。
            「カメラがほぼインテリアになってるから店長さん今度撮影教えてよ」とか言いながら、ライカやハッセルに各種レンズ、そしてリンホフとか毎回キャッシュでドカンと買うものだから、カウンターに積まれた札束を見ていつも目が点になっていたなぁ。
            平成初期の思い出だけど、いつの時代にもブルジョアはいるから今でもそういうノリで買ってる人いるんだろうね。

            • M-KEY
            • 2019年 7月 08日

            ライカにかぎらず限定モデルや希少機は「使わずにとっておく」という人は多いですね。
            KE-7Aなんて開封すると値打ちが下がるので木箱のまま未開封でX線写真付きで流通しています。
            でも、デジタルライカの通常モデルはリセールバリューは期待できないので,
            保管せずに、しっかり使った方がいいと思います。
            なかにはカメラを買うのが趣味という人もいますし、撮らずに眺めて楽しむのもいいでしょう。
            私は貧乏性なので、カメラを買ったら撮らずにはいららません。

            • 匿名
            • 2019年 7月 10日

            ライカって言うと脊髄反射で叩く人ってホントみっともない。

    • 匿名
    • 2019年 7月 05日

    そんなに高くてなんで自動でピントが合わないの?

      • 匿名
      • 2019年 7月 05日

      フェラーリやランボだって3000万以上するのに、マニュアルミッションだったりするじゃん。

        • 匿名
        • 2019年 7月 05日

        良い例えですねw

        • 匿名
        • 2019年 7月 05日

        今はオートマだけどねwww

        • 匿名
        • 2019年 7月 08日

        なるほど!

    • 匿名
    • 2019年 7月 05日

    最近のライカの型番がわかりにくい、買えんけど

      • M-KEY
      • 2019年 7月 05日

      ライカの命名、M9までは問題なかったけど、2003年のMPあたりから
      過去のモデルと同じ名前だだったり、それを払拭するためのTypナンバーかと思ったら
      「Leica M Typ 240」と「Leica M-P Typ 240」今度の「M-E」も(TYP 240)と
      これは中古市場の混乱を狙った確信犯的なモノなんでしょうか?

        • 匿名
        • 2019年 7月 10日

        そんなくだらないことするかよ

    • 匿名
    • 2019年 7月 08日

    日本メーカーのレンジファインダーカメラは
    もう出ないだろうか…。
    (コニカヘキサーのデジタルみたいな)
    まあエプソンのでもかなり高価だったから
    出たとしても50万くらいになっちゃうかもねえ…。

      • 匿名
      • 2019年 7月 08日

      拡大ライブビューがあれば実用上は充分だからなぁ

コメントは利用できません。

ソニーαに最適化したMマウント互換レンズ「七工匠 7Artisans 28mm F1.4 ASPH E+」(デジカメWatch)

RICOH GR IIIの最新ファームウェアが公開(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ