デジタルカメラ情報サイト

RICOH GR IIIの最新ファームウェアが公開(デジカメWatch)

「粒状感」「自動水平補正」追加 ピントの後ろ抜け改善も

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 匿名
    • 2019年 7月 05日

    買い替え検討中の個人の意見

    <替えようかな?と思わせる所>
    専用ケーブルから汎用USB-C接続になった
    手ぶれ補正付いたのにたったの7g増
    最短撮影距離の大幅改善

    <今の時代ならもう少し頑張って欲しいと思う所>
    4K動画撮れない
    内蔵メモリー2GB

    <先代より悪くなったのでは?と気になる所>
    撮影枚数が先代の2/3
    液晶モニターの解像度下がった(123万ドット>103.7万ドット)
    バルブタイマーがあるもののシャッタースピードとして300秒の設定が出来なくなった(30秒まで)

    個人的に手ぶれ補正は必須ではないので悩み中、気軽にレンタル出来れば気に入って欲しくなるかも。スペックでは分からない所もあるので気に入らなかった時に売るのが面倒だし。。。

      • 匿名
      • 2019年 7月 05日

      XF10を使ってる身としては手振れ補正はうらやましい
      ただ値段がそれなりですので買い換えは考えてしまうところですね

        • 匿名
        • 2019年 7月 05日

        GR使ってた人がXF10に流れる事は無いと思うけど同じ理由でGRIIIにも買い換えにくいんだよな、それが難しい所。

コメントは利用できません。

M型ライカのエントリーモデル「ライカM-E」詳報(デジカメWatch)

根比べ(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ