デジタルカメラ情報サイト

キヤノン、積層型CMOS搭載のポケットサイズ機「PowerShot G7 X Mark III」(デジカメWatch)

内蔵Wi-FiでYouTubeライブ配信 縦位置動画の撮影機能も

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2019年 7月 09日

    G5 X mk2の方はRX100M4のコピーだね

      • 匿名
      • 2019年 7月 09日

      そだね。
      RX100VI(DSC-RX100M6)を持ってる。
      値段以外ならソニー機の方が良い。

    • M-KEY
    • 2019年 7月 10日

    G7 X Mark III は35mm判換算24-100mm相当F1.8-2.8
    G5 X Mark II は35mm判換算24-120mm相当F1.8-2.8
    RX100M4 は35mm判換算24-70mm相当F1.8-2.8
    RX100M は35mm判換算24-200mm相当F2.8-4.5

    RX100M4では、望遠が足りないと感じることが多いけど
    RX100M6だと、望遠は十分だけどレンズが暗い・・・
    G5 X Mark II の焦点レンジと明るさは絶妙ですね。
    RX100M6より一回り大きく50g重いけど、
    露出補正がダイレクトと、なかなかに魅力的です。
    G7 X Mark IIIのスレですが、価格差が1万3000円ほどなら
    G5 X Mark II を選びたいです。

      • 匿名
      • 2019年 7月 10日

      m3からm5まで共通だっけな?
      あの辺のRX100系のレンズは開放F1.8からといいつつ、ちょっとズームすると開放F2.8に張り付くのも微妙なところ。

      G5Xmk2は新規レンズなのでどうか分からないけど、G7Xは画角に合わせて素直に下がっていくので中間域が使いやすい。

    • 匿名
    • 2019年 7月 10日

    なんか見たことあるなーと思ったら、これに似てる。
    https://global.canon/ja/c-museum/product/film216.html

    • nroff
    • 2019年 7月 11日

    > このモードで連写した画像はひとつのCR3形式RAWファイルに記録され、カメラ内もしくはPCソフト上で1枚ずつ現像できる。

    これ、raw動画ファイルに変換できるんじゃないかな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

キヤノン、RFマウント用ズームレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」(デジカメWatch)

総勢11名の写真家がスナップに対する考え方を語る(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ