デジタルカメラ情報サイト

ソニー、約6,100万画素のフルサイズミラーレス「α7R IV」9月に国内発売(デジカメWatch)

操作部をリファイン 暗所で開放測距も可能に
9月6日国内発売、40万円前後
35mmフルサイズで最多の約6,100万画素
計16枚の「ピクセルシフトマルチ撮影」から2億4,080万画素を生成
最高約10コマ/秒の連写を継承。シャッターユニットを低振動化

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • ソニー好き
    • 2019年 7月 17日

    私はお金が無いのでファーストクラスでヨーロッパに行けませんが、頑張ってローンを組んでα7R IVを買おうと思います。

    • 匿名
    • 2019年 7月 17日

    dpreviewの作例DLしました。DLもずいぶん時間がかかりました。
    6100万画素もあることを感じました。
    ISO400から1600ぐらいを等倍で見るとJPEGで結構ノイジーな感じがしました。
    これは相当なノイズリダクションが掛かっている印象です。
    逆にISO6400以上はノイズがかなり少ない印象。高感度は強い感じ。
    50%縮小すると、総じてノイズ感がなくなりクリアーな感じで、
    高解像度であることは大変有効だと思います。
    現状のベイヤーセンサーの改良版という印象以上はありません。
    RAWをdpreviewお得意のAdobeRAWで現像すると、かなりのノイズ感なんだろうと推測できる感じです。

      • 匿名
      • 2019年 7月 18日

      光が十分にある時には高画素の恩恵を受けられ、尚且つ50%縮小してもまだ一般的なフルサイズの画素数以上あるので高感度でも十分に使い物になるという事だな。

      • 匿名
      • 2019年 7月 19日

      ノイジーなのが相当ノイズリダクションかかってるって、意味不明。

    • 匿名
    • 2019年 7月 18日

    シの番号を使って良かったのだろうか?
    40万円で、どのくらい売れるのだろうか?

      • 匿名
      • 2019年 7月 23日

      じじいw

コメントは利用できません。

ソニー、6,100万画素フルサイズCMOS搭載の「α7R IV」海外発表(デジカメWatch)

「中判カメラに迫る階調・解像」を訴求するソニーα7R IV(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ