デジタルカメラ情報サイト

中一光学の新レンズ「SPEEDMASTER 50mm F0.95 III」を試す(デジカメWatch)

【特別企画】
コスパの良さが光る10万円の大口径標準レンズ
by 上田晃司

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • 匿名
    • 2019年 7月 23日

    私のタブレットがダメなせいか、開放だとかなりホワホワに見えてしまい、本当の描写性能がわからなかった。

      • 匿名
      • 2019年 7月 24日

      実際に開放はホワホワだよ
      昔の大口径オールドレンズってこんな感じ
      っというか昔のはもっとすごくホワホワかもね

    • 匿名
    • 2019年 7月 24日

    国内メーカーが同じようなものを作れば、今の時代は開放からシャキッとカリッと優等生(ただし化け物サイズ)にするだろうから、オールド風味を継承するこういうのはありだと思う。

    • 匿名
    • 2019年 7月 24日

    開放だとベールをまとったような、ソフトレンズのような描写。
    オールド感、全開ですなあ。
    逆光だと、シャワーゴースト出たり、やっちまった感もすごい。
    被写体がちょっと離れるとピント来てないんじゃない?的な所もある。
    手持ちのAi NIKKOR 55mm F1.2みたいなヤベーなこりゃ●ソ玉的な楽しさ満載だね。

コメントは利用できません。

未だ知られていない土地風土の魅力をひきだす…高橋良典さん――M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(デジカメWatch)

6年ぶりに”全てを変えた”意欲作――RICOH GR III(デジカメWatch)

最近のコメント

人気の投稿とページ

アーカイブ

最近のコメント