デジタルカメラ情報サイト

キヤノン、フルサイズミラーレス用「RF15-35mm F2.8 L IS USM」(デジカメWatch)

手ブレ補正搭載の大口径広角ズーム

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (11)

    • 匿名
    • 2019年 8月 28日

    キヤノンは、約840g 重い
    何のためにミラーレスか?
    小型軽量が出来ないのか?

    ニコンZ14-30F4だが 485g 軽くて小さい。
    あと広角側での1ミリの差は、大きい。

      • 匿名
      • 2019年 8月 28日

      ニコンはF2.8作る技術がないので悲しいです。Canonに負けっぱなしで悔しいです。
      ボケも汚いと評判だし・・・まあボケ老人にはいいかもね

        • 匿名
        • 2019年 8月 28日

        ニコンは、まだ発売してないだけ
        旅カメラには小型軽量の方が楽だな。

        • 匿名
        • 2019年 8月 28日

        キヤノンは、
        ボディ内5軸手振れ補正機能を載せられないんだな
        技術が無いのかな?

        • ken
        • 2019年 8月 29日

        【ニコンはF2.8作る技術がないので悲しいです。Canonに負けっぱなしで悔しいです。】
        昔からカタログスペックではCanonにかなわなかったから、今更悔しくないです。

    • M-KEY
    • 2019年 8月 29日

    RF15-35mmF2.8L IS USM:88.5×126.8mm 約840g フィルター径82mm
    NIKKOR Z 14-30mm f/4 S:89.0×85.0 mm 約485g フィルター径82mm
    コンセプトが違うので優劣はつけられませんが、個人的には14-30mmです。
    RF15-35/2.8の対抗は来年出る予定のZ14-24mmF2.8でしょうが
    RF15-35mmF2.8よりも大きく重く高価になると予想します。

    • nroff
    • 2019年 8月 29日

    手で使う道具として、この太さはどうなの?
    と正直思います。

      • 匿名
      • 2019年 8月 29日

      以前、CP+のどこのブースだったか忘れちゃいましたが、将来的にはボディは小さく、レンズは大きくなっていくものと思われます的な趣旨の話を技術者の方がされていたのを思い出しました。

        • 匿名
        • 2019年 8月 29日

        そうなると使うレンズに応じてボディを揃えるという考え方もありだね。
        メーカーに縛られなくなって結構なことだ。

      • 匿名
      • 2019年 8月 29日

      これミラーレスだからそう見えるだけで
      EFレンズと太さそう変わらないんじゃないの?

        • nroff
        • 2019年 8月 29日

        そうかもしれませんね。

        一眼レフ用のLレンズ大口径ズームに対しても同じ意見です。
        あれは「道具」としてアンバランスなサイズだと思っています。

        プロは仕事で「万能」を求められるので我慢して使っているのかもしれませんが、
        趣味では使いたくない。

コメントは利用できません。

キヤノン、10コマ/秒連写のAPS-C一眼レフ「EOS 90D」(デジカメWatch)

キヤノン、大口径標準ズーム「RF24-70mm F2.8 L IS USM」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ