デジタルカメラ情報サイト

キヤノン、天体撮影用のフルサイズミラーレス「EOS Ra」(デジカメWatch)

7年ぶりの天体モデル ライブビュー拡大「30倍」搭載

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2019年 11月 06日

    なんだかんだ言って体力あるメーカーなんだな。
    まさかこのボディで作ってくるとは意外。

    • 匿名
    • 2019年 11月 07日

    a仕様なんぞは出るにしてもEOS Rのシステムが一通り完成してからと思ってましたが、こんなに優先してくるとは意外でした。

      • 匿名
      • 2019年 11月 07日

      むしろ、ボディ手ぶれ補正搭載のハイエンドの開発が遅れてるから、経験のあるa仕様でとにかくラインナップを増やしとく方針とも取れるな。

        • 匿名
        • 2019年 11月 07日

        羊羹でも出せば体力を誇示できるのに

          • 匿名
          • 2019年 11月 07日

          結局「羊羹屋の茶番劇」だったな。

          • 匿名
          • 2019年 11月 07日

          キヤノンF-1の塗装(Newじゃないほうね)は虎屋の羊羹と呼ばれてたぞ!
          艶消しやめて、いっそ羊羹仕様を出してほしいな。

        • 匿名
        • 2019年 11月 08日

        天体望遠鏡に装着したり赤道儀にのせるにはボディ内手ブレ補正はセンサーがしっかり固定されないから、ないほうがいいんだよ。パナがリグに搭載すして使う際に帰って余計なブレに原因なるからとGH5Sでボディ内手ブレ補正をなくしたのと同じ原理。
        あと、当初キヤノンはIRカットフィルターでの電離水素の放つHα領域の波長の赤い光の透過率が良かったんだけどニコンやフジのローパスレス機のほうが追い越してしまったから、一時期星景や天体用途で多かったキヤノンがぐっと減ってしまったから巻き返し狙ったんでしょう。IRカットフィルター変えただけで価格をフィルターのコスト差以上に釣り上げられるから。

          • 匿名
          • 2019年 11月 10日

          センサーシフト式のデメリットを知らない人、多いからね。
          メディアも言わないし、何でも付いていれば良いとする風潮が強すぎ。

    • ニコン好き
    • 2019年 11月 07日

    ライカですらボディ内手ブレ補正を搭載した「SL2」を発表したのに
    何やってるんだろね?キヤノンは?
     
    特許の壁が越えられないのかな??

      • 匿名
      • 2019年 11月 07日

      だまれ社会のゴミ野郎

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パナソニック「LUMIX S1R」「LUMIX S1」の機能追加を予告(デジカメWatch)

パナソニック、Lマウント広角ズーム「LUMIX S PRO 16-35mm F4」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ