デジタルカメラ情報サイト

<a href="https://car.watch.impress.co.jp/docs/review/1222657.html" target="_blank">奥川浩彦のキヤノン「EOS 90D」でモータースポーツを撮ってみた。新機能「流し撮り」モードも確認(デジカメWatch)</a>

EOS 90DのスペックをEOS 7D Mark II、EOS 80Dと比較
測距点が最大45点、カバー範囲は充分か
高解像度のメリット
高解像度と高感度ノイズ
小絞りボケの影響は
10コマ/秒の連写性能
高速なメモリカードは必須
AFの性能は
ピクチャースタイルを好みに設定
マルチコントローラーが2つになり操作性は向上したか
新機能「流し撮り」モード
バッテリ、メモリカードスロット、Bluetoothなど
EOS 90Dでのモータースポーツ撮影

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 匿名
    • 2019年 12月 06日

    EOS10Dが出たのが2003年、イラク戦争が始まった年だったなあ。
    そして20,30・・・と進んで、ついに90D・・・
    630万画素から3250万画素へ。
    7点AFからオールクロス45点AFへ。
    この次はあるのだろうか?
    100Dは、KissX7の欧州名だったよな。

コメントは利用できません。

最近のコメント

アーカイブ