デジタルカメラ情報サイト

<a href="https://dc.watch.impress.co.jp/docs/comic/clinic/1222324.html" target="_blank">EOSの目覚め発動篇(其の伍)(デジカメWatch)</a>

【カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch】
by 飯田ともき

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (14)

    • 匿名
    • 2019年 12月 06日

    この人はステマとおよそ関係ない漫画を描き続けているから
    たまには映画にでも招待してやったらいいんじゃないか

      • 匿名
      • 2019年 12月 08日

      広告だらけのデジカメWatchで、このマンガは一服の清涼剤のような存在だね

        • 匿名
        • 2019年 12月 08日

        本人乙

          • 匿名
          • 2019年 12月 09日

          本人じゃねーよカス

    • ネガティブD800ユーザー
    • 2019年 12月 06日

    富士子ちゃんの縮小工学系イヤリングが破壊されたのは、DX規格が確立したことの表現でしょうか。

    比較的低価格で高画質を実現した富士Finepix S1proも忘れないであげてください・・・。

      • 匿名
      • 2019年 12月 06日

      プロはみんな S1やS2使ってたけどね。
      スーパーCCDハニカムに圧倒されたたじゃん。
      その頃のニコンは眠い画像でニコ爺たちはこれが良いんだって負け惜しみ言ってたけどね。

      • 匿名
      • 2019年 12月 06日

      >縮小工学系イヤリング

      縮小「光学系」な。

        • ネガティブD800ユーザー
        • 2019年 12月 07日

        ご指摘ありがとうございます、変換ミス、誤字確認不足でした。

      • ken
      • 2019年 12月 06日

      イヤリング破壊は前回の伏線からうまく繋げましたね。
      (上から目線ですみません!)

      【富士Finepix S1proも忘れないであげてください】
      カメラ部がF60だからなあ。。。
      せめてF80なら。。と思ったけど、今になってみると差がわかんなくなってきちゃった。
      D1の眠い画像は後処理前提のカメラと、ラボの方が言ってたのを思い出しました。
      65万というけど周辺機器やカード(125MのCF)、外部電源コード(これ付けないとセンサー掃除もできなかった)とか買ってたら100万近く行きましたね。
      我が社も1台導入したけど、元は取れなかったなあ。。。
      (それにしてもこのマンガのでぃーわん、モロ悪役だね)
      その後のD100、D70は元はとれたかな。
      この2機種は起動時間やバッテリーの持ちというデジカメの弱点を地味に克服しましたね。

        • M-KEY
        • 2019年 12月 07日

        S1Proのカメラ部がF60なのは別に良かったのですが
        バッテリーが2系統になるのが不便でした。
        全体のバランスの方が大事で、カメラ部がD200というか
        形状は全く同じS5Proの動作速度に違和感がありました。
        D1系はバッテリーの保ちが悪く、そのバッテリーの寿命が短いのが
        最大の弱点でしたが、外部電源で補っていました。
        たしかに周辺機器にも出費は嵩みましたが、それでも毎月20万円ほど
        ラボに払っていたことを考えると一年未満で元は取れたと記憶しています。
        D100とDX12-24mmから本格的にデジタル移行しましたが、
        RAWで数枚撮ると1分近く待たされるという苦行を強いられました。
        D70からはRAWが実用になったと同時にバッテリーライフの不満も解消。

        • 匿名
        • 2019年 12月 07日

        D100は2GBが上限だったのがネック。うっかり大容量のCFやマイクロドライブを入れてフォーマットしたら2GBしか認識しなくなるのが欠点。
        起動は同時期のキヤノンD60より早かった。
        D70は1/8000秒までストロボがシンクロするのが便利だった(非純正に限るけど)。

          • 匿名
          • 2019年 12月 07日

          ミュージックレコーダーから取り出した6GBのマイクロドライブを
          D100に入れても6GBとして使えないと困ったのを思い出した
          でもJPEGで使うなら600万画素だし2GBもあれば十分だった

    • 匿名
    • 2019年 12月 06日

    キヤノンEOS D30(EOS30Dではない)で、
    デジタルに逝っちゃおうかなあと、ちょっと真剣に思った。
    たしか35万円だった。
    フィルム代現像代考えたら、元取れるな・・・って(笑)
    300万画素だったから、D1といい勝負だった。
    カメラボディはKiss並みだったけどね。
    でもすぐ600万画素が普通になって、(確か半年後)
    1000万画素もすぐ来て・・・
    あの時買ってたら、やっぱ後悔してたかなあ(笑)。

      • M-KEY
      • 2019年 12月 06日

      EOS D30からEOS D60になって、次のEOS 10Dからネーミング方が変わり
      EOS 20DからEF-Sマウント対応になって、10Dユーザーは苦汁を味わうことに・・・

コメントは利用できません。

最近のコメント

アーカイブ