デジタルカメラ情報サイト

<a href="https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/1223301.html" target="_blank">実売約4万円ながらα7R IVの描写力にも応える実力派――TAMRON 24mm F/2.8 Di III OSD M1:2(デジカメWatch)</a>

【新製品レビュー】
統一化が図られた外観デザイン・サイズ
機能をすべてボディ側に託す
by HARUKI

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (22)

    • 匿名
    • 2019年 12月 10日

    タムロンの新レンズを紹介する「広告記事」ですよ。
    いちいちこんなことで騒がないように!(笑)

      • 匿名
      • 2019年 12月 10日

      「ステマ広告記事」な

    • 匿名
    • 2019年 12月 10日

    わかりやすい広告記事。
    最近のデジカメWatchはこんなんばかり。

    • 二コーン好き
    • 2019年 12月 10日

    なかなか魅力的な広角レンズですね。24ミリでハーフマクロ、ユニークな製品ですね。
    ソニーのEマウントは、レンズメーカーの個性的な製品が次々と出てきて楽しいですね。
    ニコンのZマウントの24ミリも描写は高性能なんですが、大きい・重たい(タムロンのこのレンズの2倍以上)
    値段が高い(約3倍)、そして寄れない(最短撮影距離25cm, 最大撮影倍率0.15倍)。
    まあ明るさはF1.8なんでタムロンのF2.8より暗所には強いですが。
    Zレンズ、優等生だけどつまんないやつ…ニコン的性格なんでしょうか(苦笑)

      • 匿名
      • 2019年 12月 10日

      あなたにとってNIKKOR Z 24mm f/1.8 S は、
      >まあ明るさはF1.8なんでタムロンのF2.8より暗所には強いですが。
      >Zレンズ、優等生だけどつまんないやつ…ニコン的性格なんでしょうか(苦笑)
      豚に真珠だね。

        • 匿名
        • 2019年 12月 11日

        豚が↑のように叫んでおります!(笑)

      • 匿名
      • 2019年 12月 10日

      ハンドル名を忘れた。
      ニコン好きね。

        • 匿名
        • 2019年 12月 11日

        そのまんまあなたにお返ししますw

    • nroff
    • 2019年 12月 10日

    個人ブログのレビュー記事で、駆動モーターの関係でAF時のノイズやスピード・滑らかさにやや難があることを今朝知りました。

    記事広告だとデメリットに言及できないし、アウトプットの魅力で押し切るならPYが唯一だし、海外レビューには情報量でかなわないし、そもそもデジカメ市場自体もシュリンクしてるし、デジカメWatchのようなメディアはそろそろ限界でしょうか。

    デジカメジンがなかったら、そもそも国内メディアのレビューは見ることもないんですけどね。

      • 匿名
      • 2019年 12月 10日

      フォトヨドバシにしてもマップカメラのカシャパにしても、メーカーに都合の悪いことは全く書かないよ。
      フジヤカメラのブログはその点遠慮なく欠点も書いているけど。
      「とるなら」には具体的な画像も含めて、なかなか参考になるレビューがある。

      いくつかのサイトを見て判断するのが当然のことだ。

      • 匿名
      • 2019年 12月 10日

      ただ今はそれこそ言ってる通り個人のインプレッションが多数出る状況なので、
      商品情報のひとつとして見ればいいんじゃないの?サンプルは多い方がいいし。

      • 匿名
      • 2019年 12月 10日

      dpreviewとか海外のレビュー記事は、スポンサーだろうとなんだろうと貶すときはボロクソに貶すから参考になるんだけどな。日本のレビュー記事はなんでこんなに使えないのか。

      • 匿名
      • 2019年 12月 10日

      10年くらい前だけど、伊達さんがレビューやってたころはガチだったんだけどな
      どうしてこうなった

    • 匿名
    • 2019年 12月 10日

    このサイズと価格でF2ならAFが多少遅くても神なんだけどなぁ

      • 匿名
      • 2019年 12月 10日

      35ミリF1.8の特許もタムロンから出ているので、将来F1.8バージンが出るかも。

      • 匿名
      • 2019年 12月 10日

      一段違うと断面積で倍、質量(硝材の)で3倍になるということはもっと一般に意識されてもいいと思うの。
      AFが遅いのは最短撮影距離とのトレードオフになっちゃうし。

        • 匿名
        • 2019年 12月 10日

        なるほど。
        だからマクロ系はAF遅かったり迷ったりが多いのか。

        • M-KEY
        • 2019年 12月 10日

        一段明るくすると、光学系が段違いに大きくなるのですが
        このタムロンのシリーズの場合は、筐体に余裕があるので
        要求性能にもよりますが、35mmや24mmなら一段明るくしても
        同等のサイズに収めることは充分に可能だと思います。
        でも、値段は倍以上になるでしょう。
        タムロン24mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (E) Φ73 x 64 mm
        フォクトレンダー ULTRON 28mmF2  φ55.0×51.2mm

          • 匿名
          • 2019年 12月 10日

          最短70cmでフォーカス駆動系も持たないMマウントレンズを持ち出しちゃうのはNGっすよ?

            • 匿名
            • 2019年 12月 11日

            SONY FE 28mm F2は Φ64 x 60mm

            • 匿名
            • 2019年 12月 11日

            最大撮影倍率0.16じゃん。
            メカ系ってそこけっこう重要というか、致命的。

            • M-KEY
            • 2019年 12月 12日

            純正28mmの存在を忘れていましたが、F2なのにタムロンF2.8三兄弟より小型ですね。たしかに28mmで最短撮影距離が25cmというのは少し物足りなく感じまが、
            50mmF1.8の0.45m、0.14倍と比べれば及第点と言ってもいいでしょう。
            とはいえ、35mmF1.8の22cm、0.24倍くらい寄れると利便性は高まりますね。
            寄れるけどF2.8 vs 寄れないF2.0、どちらを選択するかは用途次第ですね。
            約60mmの全長は維持しつつ、径を75mmとしたF2.0で寄れるレンズなら理想です。

コメントは利用できません。

最近のコメント

アーカイブ