デジタルカメラ情報サイト

KPI、Irix交換レンズの国内販売を開始(デジカメWatch)

11mm F4、15mm F2.4、150mm F2.8マクロで展開

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (9)

    • M-KEY
    • 2020年 2月 22日

    同じ光学系で「堅牢性重視」と「軽量性重視」の2種類での展開は面白い試みですね。

      • 匿名
      • 2020年 2月 25日

      キット用レンズと単体販売レンズで実質
      「堅牢性重視」と「軽量性重視」
      の2種類になっている事例も見た事が有りますが。

        • nroff
        • 2020年 2月 25日

        マイクロフォーサーズの標準ズーム、単品買いだと金属マウント、キットレンズだとプラマウント、とかのことですね。鏡胴でなくマウント……。

    • ken
    • 2020年 2月 22日

    もし買うとしたらこの価格差なら樹脂製の方を選んじゃうかなあ。
    軽量重視というより価格重視感覚ですが。。。

    【このフォーカスリングには、任意の位置でフォーカス固定できるロック機構も搭載されている。】
    コレ、何気に用途あって便利かも?
    ロックの表示も二種類違うんですね。

    受注生産とはいえペンタまであるのに
    1番の売れ線のソニー用がないのは何ででしょうね。
    マウント情報公開してるのに。

      • 匿名
      • 2020年 2月 22日

      ショートフランジバック用を別に出すつもりがあるからじゃね?

    • 匿名
    • 2020年 2月 24日

    これ中身はSamyangだったっけ?

    • 匿名
    • 2020年 2月 25日

    Fireflyと言われるとフローライトでも使って居るのか?と思うのは日本人だけなのかな?

    • 匿名
    • 2020年 2月 26日

    > これ中身はSamyangだったっけ?

    それで、間違いはないようだ。

    https://www.pronews.jp/news/20160704150831.html

    Samyang(三洋)は欧州ではZeissに特許違反と意匠権侵害で訴えられて、コシナの代理店もやってるケンコーの仲裁で和解して首の皮一枚でつながった状態(欧州向け販売に大幅に制限かけられている)だから、欧州の光学設計会社に開発させて欧州の知財関係の問題起こさない様にしたわけだ。

    > Fireflyと言われるとフローライトでも使って居るのか?と思うのは日本人だけなのかな?

    そうだろうね。欧州諸語は全てフッ素のラテン語名のFlorumを元に派生した単語だから、昆虫の蛍は全く関係ない。
    漢字文化圏で和製漢語として「蛍石」という単語は使われるが、加熱すると光ることから和名で蛍石という名を与えられた命名の経緯までは知られてないでしょう。中国では紫外線をあてると蛍光を発するからと思われているし。

    • 匿名
    • 2020年 2月 26日

    もう少し早く出てれば欲しかったが、今となってはショートフランジバージョンが出るのを待ちたいね。

コメントは利用できません。

幅広いボケコントロールで被写体を様々に見せられる準広角レンズ――SIGMA 35mm F1.2 DG DN | Art(デジカメWatch)

ソニー、ZEISSレンズを搭載したフラッグシップスマホ「Xperia 1 II」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ