デジタルカメラ情報サイト

良質で小さなカメラを常に持ち歩く。新しい表現のためにも(川田喜久治さん)(デジカメWatch)

【GR写真家インタビュー】
by まつうらやすし

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2020年 3月 23日

    GRの広告記事ですよ。いちいち騒ぐ人は下衆です(笑)

      • 匿名
      • 2020年 3月 23日

      ハンドル名忘れた

      ニコン好き.ね

        • 匿名
        • 2020年 3月 23日

        お前 ◯◯の一つ覚えだねw

          • 匿名
          • 2020年 3月 24日

          ハンドル名忘れた

          ニコン好きねw

      • 匿名
      • 2020年 3月 23日

      提供:リコーイメージング
      本当に広告記事だった(汗)

        • 匿名
        • 2020年 3月 26日

        記事の頭に提供って書いといてよ。そしたら読まないで済むから。

          • 匿名
          • 2020年 3月 26日

          広告記事などなるべく目を通したくないというならまずは末尾のチェックをする癖を付けるべし。
          大体の企みはそこで分かるがステルス性の高いのもあるから完全ではないが。

    • 匿名
    • 2020年 3月 23日

    良質かもしれないが、自分にはオーバースペックな上にまだ大きい。
    理想を言うなら、1インチ単焦点にEVFのみで
    露出補正できる電子ダイヤル付きの小さいカメラ。

      • 匿名
      • 2020年 3月 24日

      自分はLX100にした。
      パッと出して思った所をAから外せば補正は簡単に出来るので。

      銀塩時にはGRも使って居たんだけど、速写性で古いXA4に変えていたんだよなあ。
      露出なんて絶対に悪いだろうに、それ考えるとフィルムの懐の広さは凄かったんだな。

        • 匿名
        • 2020年 3月 24日

        上の者です。

        XA4ですか。画質か速写性、どちらを取るかになったんでしょうか。
        私も銀塩時代はGR1Sで散歩の相棒に連れ出していましたが、
        その前に持ち歩きしやすそうな絞り優先付きのXAを買ったものの
        画質に納得がいかずにGRにした経緯があります。

        デジタルになってからは、銀塩時代の画質優先から
        速写・携帯性と当時と逆の考えです。
        携帯性なら、ハーフというのもありましたが
        粒子が浮き出てあまり好きではなかったです。

        フィルムはフォーマットの縛りがありましたから、
        デジタル化した今、フォーマットの多様性をもっと柔軟に
        使った製品が出てもいいんじゃないかな、なんて思います。

          • 匿名
          • 2020年 3月 24日

          フォーマットの多様性をもっと柔軟に使った製品= 1型センサー機だろうね。

      • M-KEY
      • 2020年 3月 24日

      サイバーショットU的なカタチで1型センサーの広角機・・・RX0が比較的近いのですが
      もう少し薄くならないと携帯性が悪いですね。

        • 匿名
        • 2020年 3月 24日

        モニターのサイズ的にあれが限界なのかも。
        小さいので適当な感じでしか見られないけど。
        性能的にも1型センサーをフル画面で使ってないし。

        • 匿名
        • 2020年 3月 25日

        RX100の系統は高倍率ズームにEVFとストロボをあの筐体に押し込めてるんだから、1型センサー単焦点の薄型モデルが良いと思う。
        速写性と1型センサーの画質、高品位な造りを手のひらサイズにまとめた超シンプルな小型機なら自分も欲しくなりそうだけど、今更売れないだろうな。

          • 匿名
          • 2020年 3月 25日

          パナソニックからCM1・CM10という超薄いモデルはあった。
          ベースをスマホにしたのがよくなかったのかは、発表当時も
          現在もよくわからない。要は売れなかったという事実。
          あのカメラ部分のみを流用したコンデジというのも、
          現在ならアリだと思う。

    • キヤノン40年ユーザー
    • 2020年 3月 24日

    以前リコーGR1使ってたけど、デジタルではコンデジじゃなく
    EOS Mをコンデジのつもりで使ってる。
    MとかM2、M10とかだとコンデジ気分で使えるね。
    ズームをつけるとそれなりのサイズになるけど
    フィルム時代のズームコンパクトに比べればどうってことないよね(笑)
    22mm単焦点を付けたらホントコンデジみたい。
    28mm相当の単焦点があればGR的に使えるんだけどな。
    キヤノンはレンズ出さないねえ(嘆息)。。。

      • 匿名
      • 2020年 3月 25日

      APSでもG1X3は論外、ですか?コンデジだから。

      そういえばAPS18mm単焦点って、どこも作ってないですね。
      ペンタも薄さはちょうどいいけどDA21mmと15mmだし。

        • キヤノン40年ユーザー
        • 2020年 3月 25日

        小型のミラーレスの方が、なにかと応用が利くので、
        コンデジは敬遠してしまっています。
        18㎜くらいのAPS-C単焦点は欲しいですね。
        ソニーのEには16㎜がありますが、画質的にあまり評判は
        よろしくないようですが、ちょっとうらやましいですね。

          • M-KEY
          • 2020年 3月 26日

          NEX-5+16mmを使っていましたが、やっぱりサイズ的には大きく
          RX100系が上限、DSC-QX100に内臓EVFのようなカメラだとおもしろそうです。

    • 匿名
    • 2020年 3月 26日

    サムネのポール状のものが撮影機材なのか介助用具なのか確認したらただの窓枠だった

  1. この記事へのトラックバックはありません。

α7R IVやα9 II、2倍テレコンなど各種条件で徹底検証:スポーツ・航空機編――SONY FE 600mm F4 GM OSS(デジカメWatch)

カメラのキタムラ「上野マルイ中古買取センター」がオープン(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ