デジタルカメラ情報サイト

カテゴリー:レビュー(レンズ)

蘇る伝説のロシアレンズ…Lomography「New Jupiter-3+」(デジカメWatch)

【特別企画】 見よ、オリジナルに迫るこのボケ味とにじみを! すごいぞ、Lomography+ZENIT! 語らねばなるまい。Sonnar 50mm F1.5とJupiter-3のことを より使いやすく レトロな写りを楽しみたい …

詳細を見る

超広角なのにボケを楽しめる贅沢レンズ–SUMMILUX-M F1.4/21mm ASPH.(デジカメWatch)

【ライカレンズの美学】 by 河田一規…

詳細を見る

憧れのフルサイズ大口径ズームが手の届く価格で登場–トキナー「AT-X 24-70 F2.8 PRO FX」(ITmediaデジカメプラス)

【交換レンズ百景】 ぜいたくなレンズ構成がもらたす高解像な描写力 おなじみワンタッチフォーカスクラッチ機構を採用 by 永山昌克,ITmedia…

詳細を見る

ギズモン、「インダスター55mm f/2.8」をミラーレス向けに(デジカメWatch)

旧ソビエト時代のオールドレンズ マウントアダプター付き…

詳細を見る

マニュアル操作が心地よいスナップレンズ–カールツァイス「Loxia 2.8/21」(ITmediaデジカメプラス)

【交換レンズ百景】 by 三井公一,ITmedia…

詳細を見る

FE初のコンバーターレンズシステムを試す–FE 28mm F2(デジカメWatch)

【交換レンズレビュー】 by 曽根原昇…

詳細を見る

開放値F1.4の超広角レンズが生み出す唯一無二の描写–シグマ「20mm F1.4 DG HSM | Art」(ITmedia デジカメプラス)

【交換レンズ百景】 by 三井公一,ITmedia…

詳細を見る

カールツァイスらしい階調やボケ味が味わえる–Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA(デジカメWatch)

【交換レンズレビュー】 by 大浦タケシ…

詳細を見る

いままでにない画角で、見たままの海の世界を表現できる–EF11-24mm F4L USM(デジカメWatch)

【Canon EFレンズ 写真家インタビュー(水中写真:鍵井靖章)】 始まりは偶然出くわした写真展から 魚眼レンズとは一味違う、超広角11mmの表現力 海の世界は陸上とは別世界 by 笠井里香…

詳細を見る

ズームレンズでは得られないボケとワイド感の両立–ニコン「AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED」(ITmediaデジカメプラス)

【交換レンズ百景】 気軽に持ち出し、快適に扱える軽量レンズ まずまず良好な近接能力と耐逆光性能 by 永山昌克,ITmedia…

詳細を見る

旅フォト編:旅の思い出を美しく記録する高画質レンズ(デジカメWatch)

コーワPROMINARレンズ リレーレビュー 風景を見たまま写し止める、超広角の魅力 マニュアルフォーカスが「非日常」を演出 旅先での感動を伝えるにふさわしいレンズ by クキモトノリコ…

詳細を見る

フルサイズ500mmで切り取る超望遠の世界–ニコン「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」(ITmediaデジカメプラス)

【交換レンズ百景】 200mmから500mmをカバーする超望遠ズーム 手持ちでも楽しめる強力な手ブレ補正 動き回る被写体にも追従するAF性能 安くはないが、リーズナブルな価格でコスパは高い 普段とはちょっと雰囲気が異なる、非日常的…

詳細を見る

本誌執筆陣が試用して決定! 2015年ベスト交換レンズ【後編】(日経トレンディネット)

【吉村カメラマン:第1位】シグマ「20mm F1.4 DG HSM」 【吉村カメラマン:第2位】コシナ「Otus 1.4/85」 【吉村カメラマン:第3位】キヤノン「EF50mm F1.8 STM」 【鹿野カメラマン:第1位】タムロン…

詳細を見る

広角に強く、ハイコントラストな10倍ズーム–FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS(デジカメWatch)

【交換レンズレビュー】 by 曽根原昇…

詳細を見る

周辺まで高い解像力 画質のために絞る必要なし–M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO(デジカメWatch)

【伊達淳一のレンズが欲しいッ!】 一目瞭然の高解像力! ボディの強化も望まれる 「ドットサイト」のススメ 値段はもうすこし………

詳細を見る

最近のコメント

  • User Avatar静止画性能を追求 もう1つのフラッグシップモデルの進化とは?――LUMIX G9 PRO(デジカメWatch)へのコメント(12/17 18:25)
    →くだらない例え方するなぁ。
  • User Avatarニコン好き円環の理(その3)(デジカメWatch)へのコメント(12/17 17:59)
    →ken さん今晩は >働かない自由な時間は楽しいですか? はい!楽しいです。 サラリーマン生活を20年以上続けました。 サラリーマン つまり人に使われる事の辛さを身にしみてます。 今では、台湾・グァム島・シンガポール・ドイツ・フランス 自由に旅して楽しんでます。 、 人に使われる立場から(サラリーマン) もちろん雇われ社長も駄目です。(業績悪化するとクビになる。) 、 人を使う立場に変わると(オーナー) 人生 ガラリと変わりますよ。
  • User AvatarM-KEY円環の理(その3)(デジカメWatch)へのコメント(12/17 17:26)
    →今はソニー純正のLA-EA2と焦点工房のニコンF→ソニーEのシフトティルトアダプターしか 使っておらず、しかもマウントアダプターの為に買ったレンズは皆無という状態です。 手持ちのレンズを使いたくてアダプターを買うのは「沼に落ちた」とは言えないでしょう。 アダプターの為にレンズを買いだしたら、それはもう「患者」認定だと思います。 ついでに訂正 上記の 「50mmF1.7のような大口径標準レンズではあまり感じられません」 は 「50mmF1.7のような大口径標準レンズ以外でご利益はあまり感じられません」 に訂正します。
  • User Avatarken円環の理(その3)(デジカメWatch)へのコメント(12/17 17:10)
    →充分、沼に浸かってますよ〜! (褒め言葉)
  • User Avatarken円環の理(その3)(デジカメWatch)へのコメント(12/17 17:06)
    →ニコン好きさん 働かない自由な時間は楽しいですか? 僕なら気が狂ってしまうかも! 働きアリの悲しい日本人なので。。。
  • User Avatar正しい引き算をしたミニマルなミラーレス、富士フイルム「X-E3」(デジカメWatch)へのコメント(12/17 16:32)
    →無我の境地ですな。という訳じゃなくて、 物欲だけが残ったということですな。
  • User Avatar円環の理(その3)(デジカメWatch)へのコメント(12/17 16:22)
    →ニコン好き : ken さん こんにちは 天職にめぐり逢えて良かったですね。おめでとうございます。 、 >家賃収入の仕事がホントかどうかわからないけど(ずっと言われて引っ込みがつかなくなったのなら早めに撤回を!) 心配していただいてありがとうございます。 税務署的には、「不動産賃貸業」になってるので大丈夫です。 >その仕事は楽しいかい? オーナーなので何もしてない感じ、 確定申告の前に税理士さんに預金通帳と領収書を渡すだけ 自由な時間が手に入りました。ので自由を楽しんでます。 邪魔だ、他所でやれ!
  • User AvatarM-KEY静止画性能を追求 もう1つのフラッグシップモデルの進化とは?――LUMIX G9 PRO(デジカメWatch)へのコメント(12/17 14:35)
    →体力の低下や、持ち込み荷物の重量制限の為に機材を軽量化したい場合に このG9やオリンパスのE-M1 II、PROレンズは選択肢から外れますね。 先に書いた300mmF4もニッコールの方が格段に小型軽量かつ安価ですし MFTの利点の一つである「小型軽量」を活かすラインナップが弱いと思います。
  • User AvatarM-KEY円環の理(その3)(デジカメWatch)へのコメント(12/17 14:27)
    →私の場合、EOSでレフレックスニッコールを使う為に初めてマウントアダプターを買いました。 その後、ビューカメラのバックにハッセルのボディを付けるアダプターを自作しましたが、 本格的なマウントアダプターはフォーサーズにY/CやニコンF、ライカMのアダプターからです。 でも、35mmフル用のレンズをフォーサーズに使うと画角変化が大き過ぎて 50mmF1.7のような大口径標準レンズではあまり感じられませんでした。 でも、ライブビュー可能のE330ではレフレックスレンズやソフトフォーカスレンズで 従来よりも格段に正確にピント合わせが出来るようになり、結構使いました。 MFTのE-P1を買った当初は、純正レンズの不足を補う目的で純正アダプターを使いましたが 純正レンズが充実していくと次第にアダプターは使わないようになりました。 ソニーEマウントでも手持ちのAマウントレンズを使う為にLA-EA1/2を買いましたが、 今は他所でも書いたように、ほぼ500mmレフレックス専用になっています。 あと、シフトティルト可能のアダプターでFマウントのマクロレンズをEマウントの APS-C機に使うくらいで、今のところはアダプターによるレンズ沼に落ちずにいます。
  • User Avatarニコン好き円環の理(その3)(デジカメWatch)へのコメント(12/17 14:01)
    →>秋にイタリア行ったよ? >オフシーズンに連休を計画するくらい出来ますが。 それは、良かったですね。 人生を楽しんでください。
  • User Avatarニコン好き円環の理(その3)(デジカメWatch)へのコメント(12/17 13:55)
    →ken さん こんにちは 天職にめぐり逢えて良かったですね。おめでとうございます。 、 >家賃収入の仕事がホントかどうかわからないけど(ずっと言われて引っ込みがつかなくなったのなら早めに撤回を!) 心配していただいてありがとうございます。 税務署的には、「不動産賃貸業」になってるので大丈夫です。 >その仕事は楽しいかい? オーナーなので何もしてない感じ、 確定申告の前に税理士さんに預金通帳と領収書を渡すだけ 自由な時間が手に入りました。ので自由を楽しんでます。
  • User Avatar2017年の「日本の歴史的カメラ」が発表に(デジカメWatch)へのコメント(12/17 12:50)
    →実際のところ自分の周囲でも近年はミラーレスを併用している人が増えてきて、D850やD500をもって最後の一眼レフにする。。。と宣言して購入した人も複数いるんだな。 既に彼らはαをはじめとした他社モデルが今後自分の主力機になるかもしれないという可能性を前提に話し始めている。 ニコンは次の新ミラーレスでもコケたら本当にやばいよ。
  • User Avatar2017年の「日本の歴史的カメラ」が発表に(デジカメWatch)へのコメント(12/17 12:07)
    →もう無理して決めるのやめたらいいのに。 歴史的なんて、たいそうな進化は5年に一回くらいじゃん? 初代5Dとか、5軸手ぶれ補正乗せてきたE-M5とか。
  • User Avatar静止画性能を追求 もう1つのフラッグシップモデルの進化とは?――LUMIX G9 PRO(デジカメWatch)へのコメント(12/17 11:09)
    →頭悪いなお前
  • User Avatar円環の理(その3)(デジカメWatch)へのコメント(12/17 10:14)
    →実はお金では大した幸福感は得られないそうですよ。 幼少期からずっとお金が足りてない者からするとにわかには信じられない話ですけど、ホセ・ムヒカが言うようにお金があるだけ欲も強くなって貧乏から脱出できなくなるってのはそのとうりかも。
  • User Avatar静止画性能を追求 もう1つのフラッグシップモデルの進化とは?――LUMIX G9 PRO(デジカメWatch)へのコメント(12/17 09:45)
    →>軽いシステムに移行せざるを得ない になったらMFTの上級機も重くて持ち歩けない
  • User Avatar円環の理(その3)(デジカメWatch)へのコメント(12/17 09:39)
    →結局自分じゃ何も成してない人生だからね。 親の遺産で得たものを自慢するしかない。
  • User Avatar円環の理(その3)(デジカメWatch)へのコメント(12/17 09:30)
    →>侵入騎士 こそ泥の騎士か何か?
  • User Avatarken円環の理(その3)(デジカメWatch)へのコメント(12/17 08:44)
    →宝くじ当たってから人生が悪い方に落ちたという話はよく聞くけど (やっかみ半分?) 親の遺産が無ければもっと有意義な人生になってた可能性もあるから 逆に遺産は足枷だったのかもね。 親の借金の反動で成功したひともいるし。 ウチは遺産も借金もなかったけど、好きなことやらせてもらったのは(環境も含め)感謝ですね。
  • User Avatar円環の理(その3)(デジカメWatch)へのコメント(12/17 08:21)
    →まあ ニコン好きも親に感謝しなくちゃいけないね。 自力で生きていく能力がないので、親の遺産がなかったら 今頃生活保護かホームレスの人生だろうからw
  • User Avatar静止画性能を追求 もう1つのフラッグシップモデルの進化とは?――LUMIX G9 PRO(デジカメWatch)へのコメント(12/17 02:52)
    →その通り。 だが多くのフルサイズ厨は自分が将来そうなる可能性があることに目を瞑っている。 健康体をずっと維持できるとなぜか考えてる。 明日は我が身と少しでも思い至ればもう少し優しくなれるものを。 またここまでカメラが多様化(ハード、ソフト(使い方)、撮影を楽しむ層の拡大)した現在、なにがなんでもフルサイズ、というこだわりを持つ必要もないだろう。 旧弊から抜けられないお馬鹿さんたちは見ていて滑稽。

アーカイブ