デジタルカメラ情報サイト

カテゴリー:レビュー(レンズ)

ポートレート撮影は「モテレンズ」で! 藤里一郎流“モデルとの距離感”(デジカメWatch)

【特別企画】 タムロンの新SPシリーズでカノジョと秋の逗子デート 近づけば現れる心地良い「距離感」 20cmまで寄れる安心感――SP35mm F/1.8 Di VC USD 「ずっと眺めていたい」が表現できる――SP45mm F/1…

詳細を見る

オリンパスの新PROレンズ「12-100mm」「25mm F1.2」をチェック(デジカメWatch)

【フォトキナ2016】 by 鈴木誠@デジカメwatch…

詳細を見る

FEレンズ初の大口径標準レンズをポートレートで試す–Planar T* FE 50mm F1.4 ZA(デジカメWatch)

【交換レンズレビュー】 解像感とボケの両立が見事 by 上田晃司…

詳細を見る

フルサイズ超えの解像感 14万円のライカレンズを試す–「LEICA DG SUMMILUX 12mm/F1.4」(日経トレンディネット)

マイクロフォーサーズ用の12mm 周辺部でも解像感の高い描写が得られる 逆光時もフレアやゴーストは最小限に抑えられた 豊かでクセのないボケの描写もお見事、価格の高さが悩みどころ by 磯 修=日経トレンディネット…

詳細を見る

噂のキヤノン純正LED内蔵マクロレンズを試す–EF-M 28mm F3.5 Macro IS STM 小形軽量で気軽に撮れるのも◎(デジカメWatch)

【交換レンズレビュー】 by 鈴木さや香…

詳細を見る

望遠好き待望のEマウント300mm対応レンズ–ソニー「FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS」(ITmedia デジカメプラス)

【交換レンズ百景】 剛性感と高級感が漂う防塵防滴のGレンズ テレマクロ撮影も可能な最短90cmの接写力 by 永山昌克,ITmedia…

詳細を見る

最小出費で楽しむ最大のボケ表現–ソニー「FE 50mm F1.8」(ITmedia デジカメプラス)

【交換レンズ百景】 暗所での手持ちにも有利な開放値F1.8 肉眼に近い自然な画角で風景を切り取る by 永山昌克,ITmedia…

詳細を見る

「ベス単フード外し」の再来か?安原製作所の新レンズ–超ソフトフォーカスな「MOMO 100」(デジカメWatch)

【特別企画】 “ベス単フード外し”とは? コンパクトだが、金属製でしっかりした作り ソフトフォーカスに加えてグルグルボケも! by 大浦タケシ…

詳細を見る

単焦点レンズ並みの実力を持つAPS-C向け中望遠ズーム–シグマ「50-100mm F1.8 DC HSM | Art」(ITmediaデジカメプラス)

【交換レンズ百景】 by 三井公一,ITmedia…

詳細を見る

ライカブランドを冠した、待望の大口径プレミアム・ワイド–LEICA DG SUMMILUX 12mm / F1.4 ASPH.(デジカメWatch)

by HARUKI…

詳細を見る

シャープさと柔らかさのうまみを味わえるポートレート用レンズ–タムロン「SP 85mm F/1.8 Di VC USD」(ITmediaデジカメプラス)

【交換レンズ百景】 by 三井公一,ITmedia…

詳細を見る

ロモグラフィーのダゲレオタイプレンズをいち早く使ってみた(デジカメWatch)

【特別企画】 現代によみがえった強烈なボケのレンズ ダゲレオタイプレンズって何? 撮ってみたら 独創的なコンセプトに期待大! by 折本幸治@デジカメWatch…

詳細を見る

コレ1本で旅に出たくなる“万能標準ズーム”–LUMIX G VARIO 12-60mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.(デジカメWatch)

【交換レンズレビュー】 by HARUKI…

詳細を見る

“G Master”の銘にふさわしい最高峰の標準ズーム–ソニー「FE 24-70mm F2.8 GM」(ITmedia デジカメプラス)

【交換レンズ百景】 by 三井公一,ITmedia…

詳細を見る

ソニー渾身のポートレートレンズをチェック–FE 85mm F1.4 GM 気になるボケ味は?(デジカメWatch)

【交換レンズレビュー】 by 上田晃司…

詳細を見る

現時点でベストな単焦点85mmレンズ――ソニー「FE 85mm F1.4 GM」(ITmediaデジカメプラス)

【交換レンズ百景】 by 三井公一,ITmedia…

詳細を見る

レンズ遍歴の末に発見する「通」な1本–SUMMARIT-M F2.4/35mm ASPH.(デジカメWatch)

【ライカレンズの美学】 by 河田一規…

詳細を見る

オールジャンルに活躍する5倍対応の標準ズーム–ニコン「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」(ITmediaデジカメプラス)

【交換レンズ百景】 使いやすいズーム域と適度な明るさを両立 スピーディなAF駆動と手ブレ補正の安心感 by 永山昌克,ITmedia…

詳細を見る

シグマ純正のマウントアダプタの実力を試す!(Watch Video)

発売前から話題のMC-11は、本当に「使えるアダプタ」なのか? 動画で紹介…

詳細を見る

電子接点付きEF-Eマウントアダプターを検証する(後編)(デジカメWatch)

【伊達淳一のレンズが欲しいッ!】 AFスピード、内面反射などを4種類のアダプターで比較…

詳細を見る

容赦ない“ぐるぐるボケ”再び…あのロモグラフィー「ペッツバール」レンズ第2弾(デジカメWatch)

【特別企画】 New Petzval 58 Bokeh Control Art Lensでポートレートに挑戦 独特な見た目と絞りシステム 強烈な“ぐるぐるボケ”は健在 ポートレート撮影での使いこなしが楽しい! by 萩原和幸…

詳細を見る

電子接点付きEF-Eマウントアダプターを検証する(前編)(デジカメWatch)

【伊達淳一のレンズが欲しいッ!】 キヤノンEFレンズをソニーαでAF撮影 4種類のアダプターを比較 各マウントアダプターの特徴 SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11、  MC-11対応・非対応レンズによる違い  …

詳細を見る

ズームなのに単焦点に匹敵する明るさと写り–トキナー「AT-X 14-20 F2 PRO DX」(ITmediaデジカメプラス)

【交換レンズ百景】 開発コンセプトは「ちょい足しできる単焦点」 画像周辺部のまでのシャープな描写力 by 永山昌克,ITmedia…

詳細を見る

ソニーのフルサイズミラーレス版“撒き餌レンズ”の実力は?–FE 50mm F1.8(デジカメWatch)

【交換レンズレビュー】 テーブルフォトで柔らかなボケを楽しむ by 中原一雄…

詳細を見る

レトロな外観に現代的な高画質…「Loxia」で撮る!(デジカメWatch)

【ミラーレス向けZEISSレンズ、その魅力と実力を探る:第3回】 まとめ:同じZEISSでも異なるキャラクター。お気に入りの1本と出会いたい by 三井公一…

詳細を見る

α7R IIとα6300で実力をチェック 動体追従性能は?–ソニーFE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(デジカメWatch)

【伊達淳一のレンズが欲しいッ!】 しっかりした作り デザインも◎ 高い描写力 倍率色収差も少ない 動体を撮るならα6300と組み合わせたい…

詳細を見る

“ライカで望遠”に踏み出す1本–SUMMARIT-M F2.4/75mm(デジカメWatch)

【ライカレンズの美学】 突如復活したSUMMARIT(ズマリット)銘 F2.5からF2.4のSUMMARITシリーズに一新 写りはしっかり「ライカレンズ」 by 河田一規…

詳細を見る

驚くほどコンパクトで軽量、それでいて妥協のない高画質–風景写真:貫井勇志 with EF400mm F4 DO IS II USM(デジカメWatch)

【Canon EFレンズ 写真家インタビュー】 他の望遠レンズでは得られない、フットワークの軽さと画質の両立 写真の原点を楽しめる望遠撮影の世界 by 青木宏行…

詳細を見る

流麗なデザインのAFレンズ「Batis」で実写(デジカメWatch)

【ミラーレス向けZEISSレンズ、その魅力と実力を探る:第2回】 ZEISSらしい抜けの良さと緻密さ 階調やボケにも注目! by 三井公一…

詳細を見る

マイクロフォーサーズで常用しやすい標準ズーム–パナソニック「LUMIX G VARIO 12-60mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.」(ITmedia デジカメプラス)

【交換レンズ百景】 by 荻窪圭,ITmedia…

詳細を見る

最近のコメント

  • User Avatarタムロン、22.2倍ズームの高倍率レンズ「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD」(デジカメWatch)へのコメント(06/24 03:12)
    →シグマ100-400mmはフルサイズ対応、 タム18-400mmはAPS-C専用 単純に比べるものではありません。
  • User Avatarタムロン、22.2倍ズームの高倍率レンズ「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD」(デジカメWatch)へのコメント(06/24 03:01)
    →ワイド端が18mmなので16-300mmから買い換えずに済んで良かった。 もし15-300mmとかだったら値崩れも待たずに買い換えて嫁に怒られてた。 それにしても、シグマの100-400mmより小型軽量で、おまけに近接にも強いとは・・・
  • User AvatarM-KEYプロ向けイベント「PHOTONEXT 2017」レポート(その2)(デジカメWatch)へのコメント(06/24 01:23)
    →デジタルになって大型ストロボの使用頻度は極端に減っています。 銀塩の頃は中判がスタンダードで、出力サイズが大きいときは大判も使っていて 3000W4台6灯くらいは日常的な装備でしたが、今は400W×3灯もあれば 充分とは言えないまでも「一通りこなせる」ようになりました。 ロケの場合はクリップオンの多灯なら荷物が少なくなるし、 電源の心配もしなくて済みます。 ゼネは銀塩時代に買ったモノが壊れて修理不能になれば Profotoのモノブロックを検討するかもしれませんが、 スピードリングの関係でコメットを優先すると思います。 トップライトには重くなるモノブロックは避けたいので GODOXのAD200には注目してはいます。 というか、逆にAD200をマシンガンストロボ的に使おうと 考えていますが「充電バッテリー式」に少し懸念をもっており、 単3×8本のマシンガンストロボに興味を持ちました。
  • User Avatar行けば地獄、行かねば後悔 α9のジワジワくる使い勝手(日経トレンディネット)へのコメント(06/24 00:24)
    →いや上の人も書いてるけど標準は60fpsだが標準でも差があるよ ブラックアウトフリーはあったら便利かもしらんが多少のブラックアウトは別にこれまでもあったからあまり気にならんが、横パンしたときのがたつきやぶれ、特に画像がダブったように見えるα9のEVFは50万出すカメラにしてはお粗末に過ぎる 写真やカメラが好きな人ならブラックアウトフリーよりもこっちの方の改善に注力してほしいって思う気がするけどね
  • User AvatarF1.7の大口径レンズ搭載ダブルレンズスマホ「ZenFone Zoom S」(デジカメWatch)へのコメント(06/24 00:00)
    →劣化が駄目というのであれば、あらゆる現像時の補正を行わないということだね。 それはすごい。 しかしそもそもデジタルになった時点で、出てくるモノは全て劣化している。 劣化しているという感覚がないのは、脳がそう思い込んでいるから。 この技術が主流になって一般化したとき、同様に「慣れ」によって劣化を感じなくなる。 デジタルが登場したとき、同じ議論が多数あった。 しかし現在はみんなRAWから現像したデジタルの画像を、純粋な高画質だと思い込んでいる。 後処理を認めないという自分で縛りを設けて楽しむのは個人の自由だけど、市場はそんなことは関係ないでしょう。 「自分は興味ない。」 というのは意見として理解できるけど、ただこの問題はそこではないと思うよ。
  • User Avatarken荒木経惟×ギメ東洋美術館「東京墓情」レポート(デジカメWatch)へのコメント(06/23 23:26)
    →ネットでカメラのスペックしかあさらない方には不思議なんだろうね。
  • User Avatarプロ向けイベント「PHOTONEXT 2017」レポート(その2)(デジカメWatch)へのコメント(06/23 22:35)
    →なんだか大型ストロボに興味無いカメラマンはクズみたいな言い様だけど、 主とする撮影対象によっては一生大型ストロボを使わない者だって居るんじゃないの? スナップで一瞬を切り取る者、野生動物を狙う者、戦場カメラマン、山岳カメラマン、天体カメラマンなど、大型ストロボを使わない人はみんな馬鹿なの?死ぬの?
  • User AvatarF1.7の大口径レンズ搭載ダブルレンズスマホ「ZenFone Zoom S」(デジカメWatch)へのコメント(06/23 22:26)
    →> レンズの材質に超新星発見並みの新発見が無い限り、物理的に無理だと思いますが… 言いたいことの方向性には同意だが、レンズの光学的絶対解像限界は有効径で決まるんだよ。距離計や光学測量器の精度が基線長で決まるのと同じ。 まぁ、あれだ。どんなに口径比が明るくとも、8mmだの7mmという焦点距離では、肉眼より有効径が小さくなるケースが多いから実際肉眼に光学性能が劣ることとなる。 実際視力検査表で計測すると視力0.6から0.8の分解能しかないわけだから。近距離のテストチャート写してドヤ顔してる者がいるが、近距離のテストチャートの結果は中遠景での解像度と光学分解能とはまた違う。近距離のテストチャートってのは、接写に近いところがあって、接写の場合はレンズの解像度だけでなく近くの被写体にどれだけ効率的に近寄ってピントを合わせられるかという要素もあるから、逆に焦点距離が短いレンズが有利になる。
  • User AvatarZEISS、一眼レフカメラ用の「Milvus 1.4/35」を海外発表(デジカメWatch)へのコメント(06/23 22:08)
    →MFでこのサイズと重量はなあ…ライカのズミルックス35mmは距離計連動とフローティングを組み込んでたった310g、写りも良いのに。
  • User Avatar荒木経惟×ギメ東洋美術館「東京墓情」レポート(デジカメWatch)へのコメント(06/23 21:16)
    →この人まだ写真撮ってたんだ…
  • User Avatar行けば地獄、行かねば後悔 α9のジワジワくる使い勝手(日経トレンディネット)へのコメント(06/23 20:24)
    →標準は60だよ。 比べりゃわかるけど60でも差があるよ。 マイクロフォーサーズなのに20万っていう人いるけど、多分こんなところの性能に金を掛けてるとおもう。 プロセッサやメモリの速度・能力・容量。
  • User Avatarプロ向けイベント「PHOTONEXT 2017」レポート(その2)(デジカメWatch)へのコメント(06/23 19:59)
    →逆に何でここにプロ機材の必要な人が集っていると思ったのか不思議だ。
  • User Avatarnroffプロ向けイベント「PHOTONEXT 2017」レポート(その2)(デジカメWatch)へのコメント(06/23 19:50)
    →そういうコメントの返しだとストロボ関連の記事にますます誰も寄り付かなくなりますよ。 独り言だとつまらないでしょ。
  • User Avatar行けば地獄、行かねば後悔 α9のジワジワくる使い勝手(日経トレンディネット)へのコメント(06/23 19:23)
    →PCゲームのゲーマーに言わせると144fps迄は誰でもカクツキを視認出来るそうだ。 で、200fpsになるとかなりのハードゲーマーでもカクツキがわからなくなるそうなので、OVFを超えたと言うには200fpsが閾値となるだろう。 但し、安物LED照明環境下だと今度はフリッカーのチラツキが気になるだろうが。
  • User AvatarF1.7の大口径レンズ搭載ダブルレンズスマホ「ZenFone Zoom S」(デジカメWatch)へのコメント(06/23 19:10)
    →先日から下記のサイトをじっくり見ています。 http://www.gsmarena.com/piccmp.php3?idType=1 各社スマホの画質が比較できるサイト。メーカーによってピンきりだけど、 ハイエンドクラスは相当な実力に達していることが分かる。 もはや、解像力チャートでは差が分からないので、 比較すべきはこのサイトの「Low Light」、つまり暗い悪条件での描写力。 毛羽立った毛糸の写り方を見るとその機種の実力が分かります。
  • User Avatar行けば地獄、行かねば後悔 α9のジワジワくる使い勝手(日経トレンディネット)へのコメント(06/23 19:05)
    →何故いきなりE-M1iiが出てきて、しかも馬鹿にしてる事になってるのか… 誘い受けってヤツですか? それはともかく、単純にEMの方はα9でいうところの120fps設定が標準なんじゃないですか? (使っている技術が同じという前提ですが)
  • User Avatar行けば地獄、行かねば後悔 α9のジワジワくる使い勝手(日経トレンディネット)へのコメント(06/23 18:52)
    →ISO6400で何を撮るのかと見ると昆虫館で飼われているヘタレな蝶ですか。 季節がら飛んでるツバメでもばしばし撮るのかと思タ。
  • User Avatarプロ向けイベント「PHOTONEXT 2017」レポート(その2)(デジカメWatch)へのコメント(06/23 18:47)
    →まぁ、風景(その実余り三脚も使わない)とかスナップや記念写真程度の人が大半てことだろう。 アマチュアでもハウススタジオを使う個人撮影主体の撮影会とかだとBroncolorのSirosは流石に見かけないが、Profoto B1やB2は時々見かける。どちらかというと写真撮影の方が従であるはずのコスプレイヤーの人の方がお互いを撮り合うコスプレイベントでは大型ストロボ使う人が増えている。コスプレイヤーでは衣装も大事だから、バッチリ決めたメイクも衣装も綺麗に屋内で撮るとなると大型ストロボの方が逆に安上がりの照明と言える。NissinのMG8000を4台も束ねるなら、Profoto B1やGodox Witstro AD600使った方が安上がりで発光も色も安定しているから。
  • User Avatarデジカメドレスアップの極意教えます(デジカメWatch)へのコメント(06/23 18:20)
    →同感。カッコ悪いよりは、見映えのする方がいいが、撮影結果をよくすることに寄与しないことに大枚ぶち込むセンスが分からん。
  • User Avatarデジカメドレスアップの極意教えます(デジカメWatch)へのコメント(06/23 18:02)
    →気味の悪い連載だった。道具を飾るのは実力のない者の趣味か。
  • User AvatarF1.7の大口径レンズ搭載ダブルレンズスマホ「ZenFone Zoom S」(デジカメWatch)へのコメント(06/23 17:27)
    →自分もそうだが、真正面から画質を追及してる人たちは、一朝一夕にそんな方向へは流されないよ。 カメラメーカーだってそのあたり良く分かっていて、コストはある程度かけてでも直球勝負での高画質を求めているユーザーに向け、製品に磨きをかけてる。 そういった目の肥えた諸氏も納得する高画質化がソフトウェアで本当に実現できるようになるのなら、まあ頑張ってくれとしか言いようがない。
  • User Avatarデジカメドレスアップの極意教えます(デジカメWatch)へのコメント(06/23 17:26)
    →あんたのような老害には誰も感心しないよな(笑)
  • User Avatarnroffプロ向けイベント「PHOTONEXT 2017」レポート(その2)(デジカメWatch)へのコメント(06/23 17:21)
    →M-KEY氏など一部の人を除いて、大半がアマチュア(私も)だからだと思います。 ヨドバシに行っても銀一には行かない層ですね。 白ホリスタジオを借りるのにもお金がかかるのに、さらにストロボ機材を個人所有してスタジオに持ち込むアマチュアはそうはいないでしょう。縁も知識も増えようがないですよ。
  • User AvatarF1.7の大口径レンズ搭載ダブルレンズスマホ「ZenFone Zoom S」(デジカメWatch)へのコメント(06/23 17:13)
    →スマホのカメラが逆立ちしても絶対にレンズ交換式カメラにかなわないのは、絶対的な光学解像度。 ある人が、視力検査表をいろいろなカメラでとって視力いくつの物を分解改造するかという実験をしてたが、4/3で1.5はコンスタントにクリアでAPS-Cでは2.0はいくし、フルサイズでは2.0を楽に超えるのでそれ以上の実力はわからない状況。 一方、スマホのカメラは0.9くらいで条件が悪いと0.6程度。 光学分解能はレンズの絶対口径で決まるから、肉眼よりも有効径の小さいスマホカメラじゃ健康な人の肉眼にも解像が及んでない。ただ、写真で固定しているから写っているように錯覚するだけで、遠景の風景をA4サイズ以上にプリントするとか4Kモニターで画面いっぱいに表示して鑑賞する場合とかだと、やはり差はわかる。 スマホカメラで取得画像は、ネットやSNSでWXGAや720i程度の解像度に縮小した状態で見る前提ではよく見えるとちゃんと前提条件を述べるべきだと思う。 自分の場合写っていればいいメモには、スマホカメラを使うが少しでも綺麗に写すという自分の意思を入れて撮る時は、必ず単独のカメラを使う。
  • User Avatarプロ向けイベント「PHOTONEXT 2017」レポート(その2)(デジカメWatch)へのコメント(06/23 16:56)
    →ここの住人は本当ライティングに縁にがない或いは知識のない者が多いんだな。 その1のNissinのグリップストロボよりも、ライティングではまさにプロユースで使えるものが多く紹介されているのに。プロでもProfotoやBroncolorに全く手が出ない者は多いだろうが、CometやKPIのGodox(SNSではプロと称する者でもAmazon経由の並行輸入Godoxが多いが)くらいは手が出るというか、使うだろうに。
  • User Avatar行けば地獄、行かねば後悔 α9のジワジワくる使い勝手(日経トレンディネット)へのコメント(06/23 16:42)
    →馬鹿にしないで一度E-M1IIのファインダーで同じことやってみたらいいんだよ。 あっちはそんなガタつきとかブレとかほとんどないよ。
  • User AvatarF1.7の大口径レンズ搭載ダブルレンズスマホ「ZenFone Zoom S」(デジカメWatch)へのコメント(06/23 16:38)
    →それはそれでいいことなんだけど、それにはコストが掛かってその分販売価格も上がる可能性があることを全く考慮せずに夢物語だけ語ってる奴がいるのが痛々しい。(しかも同一人物ぽい。) ソフト開発だってタダじゃないし、新しく生み出された技術を各メーカーが使うにもライセンスやパテントの使用料が掛かる。 そういうのをかいくぐって独自に開発してもどうしても似たような手法にたどり着いて引っかかってくるから、各メーカーが苦労してもなかなか世に出せなかったり、後から因縁つけられたりしてきた歴史があることを忘れちゃいけない。 インスタントラーメンの日清みたいに「うちが開発した技術、どんどん使うていいで!」てなれば別だけどね。 今時そんな聖人みたいな会社が出てくるといいね。
  • User AvatarM-KEY焦点距離と画角(撮影基礎:レンズ)(デジカメWatch)へのコメント(06/23 16:02)
    →ところが、フォーサーズの300mmF2.8は 35mm用の300mmF2.8よりも大きく重く高価だったので 小型軽量と印象づけるためには600mmと比較せざるを 得なかったという苦しい事情がありました。 今のMFT用の300mmF4もφ92.5mm×227mm 1270gと キヤノンのEF300mmF4 ISLのφ90mm×221mm 1190gと 較べると、ちょっと分が悪く、ニコンは更に小型軽量です。 (AF-S 300mm f/4E PF ED VR:89mm×147.5mm 755g)
  • User AvatarM-KEY焦点距離と画角(撮影基礎:レンズ)(デジカメWatch)へのコメント(06/23 15:50)
    →画角の表記は一般には対角線画角を用いますが、 実際に撮影する場合は長辺画角で考える事が感覚的にわかりやすいです。 35mm判における長辺画角を記しておきます(括弧内はNikonDX等の画角) 12mm:112.6°(89.2°) 18mm:90°(66.7°) 20mm:84°(61°) 24mm:73.7°(52.6°) 28mm:65.5°(45.9°) 35mm:54.4°(37.4°) 50mm:39.6°(26.6°) 85mm:24°(15.9°) 100mm:20.4°(13.5°) 135mm:15.2°(10°) 200mm:10.3°(6.8°) 300mm:6.7°(4.5°) 18mmが90度、35mmが45度より少し広い、50mmが45度より少し狭い 85mmが時計の秒針4秒分、辺りを覚えておけば実用上は問題ないと思います。
  • User Avatarデジカメドレスアップの極意教えます(デジカメWatch)へのコメント(06/23 15:41)
    →× 関心しなかった ○ 感心しなかった 最近まともな日本語が書けない人が多くなった。ゆとり教育の弊害か?
  • User Avatarデジカメドレスアップの極意教えます(デジカメWatch)へのコメント(06/23 15:29)
    →この人自体のセンスはあまり関心しなかったが、 フードやケースを変えることで手持ちのカメラにより愛着が湧くことを教わった。

アーカイブ