スポンサーリンク

2年で半減のデジカメ市場で各社が探る“好転”への起爆剤(週刊ダイヤモンド)

オリンパス
オリンパス キヤノン ソニー ニコン パナソニック レポート 富士フイルム
スポンサーリンク

【inside】
「レンズを中心にブースを組んだ」キヤノン
ニコンが力を入れたのはカメラの「勉強会」
「レンズ」をポイントに挙げたソニー
パナソニックは「4K」映像を撮影できるミラーレス
オリンパスは、高級なモデルを重点的に展示
富士フイルムで特徴的だったのは「スマホdeチェキ」の存在
by 「週刊ダイヤモンド」編集部 大矢博之

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. tokumei より:

    こういう記事ってリコーペンタックスが完全にハブられている事が多いけれど、何故?

  2. 匿名 より:

    リコーペンタックス、今回に関して言えば、新しいミラーレスを出す訳でもなく、
    ひたすら質の良い一眼レフを作り続けてあとは645DとQシリーズで勝負では記事として地味すぎるからだろうね。
    GXRは発表当時の予想よりは長生きしたけど、QXも出てきて特徴が何もなくなってしまったし。
    まあ次は何をやってくるか楽しみなメーカーではあるが。

    • 匿名 より:

      突っ込みどころというか、ある意味隙がないんだろうね。

タイトルとURLをコピーしました