スポンサーリンク

ライカ、アルミ削り出し“ユニボディ”の「ライカT」(デジカメWatch)

(新製品)システムカメラ
(新製品)システムカメラ (新製品)レンズ ライカ
スポンサーリンク

APS-Cセンサー採用。新規のライカTマウント
ボディ価格は税込237,600円
APS-Cフォーマットのレンズ交換式カメラはライカ初
レンズ2本を同時発売。35mm相当の「ライカ ズミクロンT f2/23mm ASPH.」と27-84mm相当の「ライカ バリオ・エルマーT f3.5-5.6/18-56mm ASPH.」の2本
9月の「フォトキナ2014」で、広角ズームレンズ「ライカ スーパー・バリオ・エルマーT f3.5-4.5/11-23mm ASPH.」と望遠ズームレンズ「ライカ バリオ・エルマーT f3.5-5.6/55-135mm ASPH.」も正式発表
専用アクセサリーを用意

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    アルミブロックからの削りだしボディーにライカレンズ。全部でこの価格か・・・しかしな、中身はデジカメだ、いくら頑張っても数年で新しいものに追い抜かされる。ま、趣味の世界だから、そのようなものにこそ金をつぎ込むものだ、と言われれば反論のしようもないが、フィルムカメラの手法でデジカメを一生懸命作っている気がするよね。

  2. 匿名 より:

    これはパナが半額くらいでAPSのミラーレスを出してくれるっていう意味ですか?

  3. キツツキ より:

    ライカはカメラとしての方向より、置物・飾り物としての方向を重視しているのだと思います。ブランドに頼る商法がいつまで続くかとても興味がありますが、ずっと続く可能性だってあるのであながちあり得ない戦略ではないでしょう。

    金型の初期投資がペイするだけの数が見込めないときは、削り出しと言う方式もありですね。それ以上に一台一台削り出したという手作り的価値がライカ的商品価値を高めていると思います。

    • M-KEY より:

      見込んでいる生産台数が少ないと金型を起こすよりも
      削り出しの方がコストは抑えられるとのことですが
      Appleなんてデジカメとは比較にならないくらいの
      大量の商品を「削り出し」でリリースしています。
      実は、削り出しのコストはかなり低くなっているとか?

      写真で見る限り、ライカTの質感は相当高そうです。
      これでボディ価格が20万円台前半というのは
      ライカにしてはリーズナブルなように感じます。
      魔改造グリップ付きのNEXやRX1なんかよりは
      ずっと納得できる価格ではありますが、レンズが高いです。
      直営ライカショップの運営費用も込みなんでしょうか?
      アダプターでMマウントレンズを使うなら、
      それこそフジのXやソニーのEマウント機を使えばいい。
      ストラップの取り付け方式はいいですね。
      (EOS Mも同様のコンセプトですけど・・・)

      • キツツキ より:

        詳細は不明ですが、金型で出来ない複雑な物は削り出しにするという事もあるそうです。実際は現物を見て専門家が判断しなければならないでしょうね。所詮私のような素人が本当の意味での判断は出来ません。

        車などの金型は100億円レベルと聞いたことがありますが、カメラなどの大きさでは数百万円オーダーとも言われます。ライカがそれをペイできないとは思わないので、コストの問題より、ステータスとかブランドイメージの方に重きを置いているのかもしれません。いずれも本当の処はライカだけが知る….

        •    より:

          100億円レベルは車1台分全ての金型の合計で、数百万円オーダーというのは一つの金型の金額ですね。
          まあ金型もピンキリで、射出成型の鏡筒部品でスライドとか縮径だったりすると一型1千万円超えることもありますし、昔の一眼レフの軍艦部みたいに一発でプレス出来ない形状だと、一部品に付き数百万円掛ける3とか4といった工程数分の投資が必要です。
          対して梱包材のトレーみたいにバキューム成型の金型だと一型10万円以下なんてこともありますね。

        •    より:

          まあ、Leicaみたいに数を考えていないなら簡易型で値段を落とす事も可能なんですが、
          CNC加工が安価になっているので、削り出しでもコストは安くなってますよ。

          ただ本当に削り出しなんでしょうかね?
          鋳鍛->CNC加工で作っているのなら見た目削り出しでも金型は存在しますよね。

        • 匿名 より:

          iPhoneは億単位の台数を削り出しで作っていますが、ほとんどがブラザーのタッピングマシンで作られているらしいです。(タッピングマシンの名称は良くわからないのですが、自分が見るとただのマシニング)
          で、iPhone4sから5に変わる際に結構な数の工場が変更になったり、契約切られたりしている様子でしたので、マシニングを余らせている工場が結構あるのかもしれません。

  4. Gekko より:

    アルミ削り出しボディが旧来のライカっぽくないし、ボディやレンズの価格にしてもライカにしてはリーズナブルな設定。
    そして、今後は更にAFズームのバリエーションを増やすなど、このライカTで今の時代にあった新しい顧客層の開拓をしてゆく。
    そんな戦略があるように思えます。(自分的には、このシステムがどのような写真を写し出すのか興味があります。)

  5. nroff(互換バッテリー肯定派) より:

    NEX-5Tにツァイスのレンズを組み合わせれば、同等以上の使い勝手で、同等以上のクオリティの写真が撮れる、
    と考えてしまう自分は貧乏人なんだと改めて認識します。

    >リチウムイオンバッテリー「BP-DC13」(単体税込1万2,960円)。

    これだけ高くても互換バッテリー買う人なんか、いないんだろうなぁ……。

    • 匿名 より:

      今日、ライカプロショップで触ってきましたが、このカメラは互換バッテリーは通常よりも難易度が高いと思います。製品と完全に一体化されているからです。

  6. 匿名 より:

    新マウント作る意味が

    • 匿名 より:

      実はフジとマウントが同じとか?

      • 匿名 より:

        あやふやなことを書かないほうが...

        • M-KEY より:

          ライカTの写真を見る限り、残念ながら
          ソニーEともフジのXとも全く違うマウントですね。
          しかも、NEX-7くらいのサイズと予想していましたが
          実際にはM型と幅は変わらず、薄いけど大きめのボディで
          そのマウント径もMマウントより大きく、
          これは35mmフルサイズを充分にカバーできるサイズ。
          将来的にはAPS-Cより大きなセンサーの可能性はありそう。

  7. 匿名 より:

    グリップにゴムがないと文句をつける奴は現れなかったようだ。

    • 匿名 より:

      この世界は文句いっても、わかったようなこといっても買えない人は部外者だし。。。

  8. 匿名 より:

    X1が出たときは「ちくしょう、こんなオシャレなカメラ出しやがって」と
    買えなくて悔しい気持ちにさせられたが、
    これについては「あ、どうぞ勝手にやって下さい」と言う気持ち。

    • 匿名 より:

      ライカTのカメラ自体はとても手が届かないけど、
      元記事に紹介されているアクセサリの「レザーホルスター」は欲しいと思いました。
      国内メーカーもこういうアクセサリを用意してくれれば良いのに。

  9. 匿名 より:

    しかしなぁ、削り出しの本体を中身が陳腐化したからって捨てるのはもったいない。センサーとか基盤をを交換式にすれば買うな。レンズは高価でも、先々まで使えそうだし。どぉ、皆さん?

    • Gekko より:

      確かにその意見は一理ありますね。フェーズワンのデジタルパックみたいなものがあれば良いんですが・・
      しかし、実際にフルサイズやそれ以下のサイズで実現するのは不可能なんだと思います。

    • 匿名 より:

      ライカ買ってる人だとこのくらいの値段なら普通に買い替えそうだし
      センサーと基盤交換で安く済ませようって人が望む値段にもならない気はします。

    • 匿名 より:

      この人たちが先々まで使う方法って友達やガールフレンドや孫にあげたりって感じじゃないかな?

    • M-KEY より:

      このセンサーの実力は判りませんが、ソニー製のAPS-C16M並なら
      充分な性能だし5年くらいは陳腐化しないのでは?
      それに、高コストとはいえユニボディの原価より
      ユニット交換費用が高そうで、結局は買い替えの方が安そう。
      グリップのゴムは無くてもいいけど背モニ固定なのが・・・
      もし、フジとマウントの互換性があるなら面白いですね。
      というか、ソニーのEも含めて3社のマウントが同じなら
      ライカとツァイスとフジノンの相互乗り入れで、同じ焦点距離でも
      描写の違いで使い分けたりとか、いろいろ楽しめたのに残念です。
      しかし、主戦場のAPS-Cノンレフにニコンは参戦しないのでしょうか?

    • 匿名 より:

      カメラは精密機械です。無理です。
      MacBookAirの筐体がもったいないからとか、iPhoneの筐体がもったいないから交換式にしてくれと言っているのと同じですよ。

  10. 匿名 より:

    なんか、ぱっと見α6000からEVFを取っぱらったような感じのカメラですね。

  11.   より:

    グラインダーは、6000円くらいで買える。
    内側だけカメラに合わせ、外側を購入者が削り出し加工できるカメラがあったら面白い。

    • 匿名 より:

      そんな素人に安物のグラインダで削り出させる筐体とか
      誰がデジカメにそんなこと望むかね
      しかもライカで

  12.    より:

    あああ、EVFがビゾフレックスなんて名前だ。
    一眼レフに拘る人々に気が付かれると騒ぎになる可能性が。
    昔のビゾフレックスにはちゃんとミラーが有ったけど、これ、無いよね。

    • M-KEY より:

      Xシリーズ用のEVFもビゾフレックスと呼んでおり、何を今更って感じです。
      「レフレックス」ならミラーが必要ですが、ビゾ「フレックス」です。
      ティルトするので、一応は「フレックス」の条件を満たしますし・・・

タイトルとURLをコピーしました