スポンサーリンク

絞り開放から高いパフォーマンスの大口径広角レンズ–XF 23mm F1.4 R(デジカメWatch)

レビュー(レンズ)
レビュー(レンズ) 富士フイルム
スポンサーリンク

【交換レンズレビュー】
デザインと操作性
遠景の描写は?
ボケ味は?
逆光は?
by 澤村徹

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    いいレンズだね。
    APS-C一眼レフ用には,もはやこのようなスペックのレンズは期待できないのだろうか?

    • 匿名 より:

      ?

    • 匿名 より:

      ニコンにもキヤノンにも24mm F1.4があるじゃない。
      値段?知らない。

      • 匿名 より:

        APS-C用じゃなくてフルサイズ用かと。APS-Cでも使えはするけど。

      • nroff より:

        調べてみたら、値段も重さも倍以上ですね。

  2. M-KEY より:

    明るさが違いますが、ライバルと言えるのはソニーのE24mmF1.8ZAくらい?
    XF23mmF1.4R:ø72mm×63mm 300g フィルター径ø62mm
    E 24mm F1.8 ZA:ø63mm×65.5mm 225g フィルター径ø49mm
    で、市場価格はほぼ拮抗。
    EOSにこのようなレンズは期待薄ですし、ニコンはもっと厳しい
    DX 24mmF1.4Gなんて絶対に出なさそう。
    35mmフル用の24mmF2なら少しは期待できると思います。
    マイクロフォーサーズならパナライカで12mmF1.4とか出そうな気も?

    • 匿名 より:

      パナはいつか12mm f1.4出しそうだね。
      お値段はノクチクロン同様かっ飛ばしてきそうだけど。
      単焦点で丁寧に撮りたい人にとってXマウントは
      フルサイズよりリーズナブルなシステムとして育ってきたね。
      そうなってくるともっと画素数が欲しくなるだろうけど、24MPとかまでいくと、X-Transでなくてもモアレの心配がいらなくなり、アイデンティティーが…。

タイトルとURLをコピーしました