スポンサーリンク

世界最高倍率レンズの描写は?–16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO(デジカメWatch)

タムロン
タムロン レビュー(レンズ)
スポンサーリンク

【交換レンズレビュー】
by 曽根原昇

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    エビチャーハンカツカレーなレンズと思えばよろしイカ?

  2.    より:

    タグがシグマになっている。
    タムだよね。

    • utsuno より:

      すみません
      タムロンのレンズでしたね
      修正しました

  3. 匿名 より:

    もうレンズ一体型でいいじゃん。

    •    より:

      実際、この手のレンズベースに値段のこなれたAPS-Cのセンサーや廉価一眼レフ関連の部品を使い、ネオ一眼的なモノも有っても良い気もする。
      DSC-R1みたいな感じの物って今だからこそ作り易いと思うのだけど。
      まぁ、下手に売れて一眼レフの売り上げを食われても困るのだろうが。

  4. 匿名 より:

    広角側の画質はそこそこ使えるとして、望遠側の色収差が。。。。。(泣)

    • 匿名 より:

      まぁ高倍率ズームの場合、テレコン機能付き標準ズームと考えれば望遠の甘さも許容できるようになる・・・かも。

    • nroff より:

      広角も望遠も色収差ハンパないですね。
      この手のレンズはもはやプロファイルを利用したカメラ内デジタル補正が普通になってきているので、
      ファームに焼いてもらえない他社のレンズはかなり辛いと思いました。
      Adobeからプロファイルが出るのを待ってraw現像、ってタイプのレンズでもないでしょうし。

タイトルとURLをコピーしました