スポンサーリンク

タムロン、初のマイクロフォーサーズ用交換レンズ「14-150mm F/3.5-5.8 Di III」(デジカメWatch)

(新製品)レンズ
(新製品)レンズ タムロン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    パナ機ユーザーなら手ブレ補正のついた純正を選ぶが吉
    かと言ってオリ同クラスのレンズと価格差が少なく
    オリがレンズキットを設定すれば逆転する可能性が大
    これならEOS M用と同じ光学系で、換算36-400mmの
    望遠よりの高倍率ズームの方が魅力的だ

  2. M-KEY より:

    TAMRON 14-150mm F/3.5- 5.8:Ø63.5×80.4mm 285g フィルター径Φ52mm 最大撮影倍率 0.26倍
    OLYMPUS ED 14-150mm F4.0-5.6:Ø63.5x83mm 260g フィルター径Φ58mm 最大撮影倍率 0.24倍
    Panasonic 14-140mm/F3.5-5.6:Ø67x75mm 265g フィルター径Φ58mm 最大撮影倍率 0.25倍
    タムロンはフィルター径が小さいくらいで見た目のサイズ感や寄れる感も「ほぼ同じ」と考えてよさそうですね。
    ヨドバシの価格だとタムロン¥62,100 、オリンパス¥64,200、パナソニック¥76,210ですが
    たしかにオリやパナがレンズキットを設定すれば逆転されそうな差額でしかなくいですが、
    タムロンは落ち着けばもう少し下がるでしょうし、すでにボディを持っているなら充分に魅力的です。
    E-M5ユーザーとしては気になるレンズですが、それこそFZ1000やRX10がライバルになりそうです。

    • 匿名 より:

      オリはオンラインショップの割引が凄いし、パナはキットからバラした新品未使用中古が流通してるから、タムロンは5万円切ってからが買い時かな。
      てか、自分もパナの中古買ったばっかだよ。E-M1用だから手ブレ補正いらないし、こっちのが良かった。
      MTF見た限りだとパナより良さそうだし。高倍率ズームだから中間域の焦点距離ではどうかわからないけど。

  3. 匿名 より:

    VCを付けなかった理由はナゾですが、パナの現行14-140が画質、小型軽量化、価格面でとても優秀なので、仮にVCを搭載しても小型軽量化と価格面でパナ純正には太刀打ちできなかった可能性があります。
    そう言った意味で、手ブレ補正が無いにもかかわらずオリ純正14-150は価格が高めなので、そちらと勝負する気なのでしょう。

    • 匿名 より:

      VCをつけなかったのはGX7が手ぶれ補正内蔵した関係だとかそんな話じゃなかったっけ?

タイトルとURLをコピーしました