スポンサーリンク

お気楽なのに高画質!きっちり仕事をこなすプレミアムレンズ–M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8(デジカメWatch)

オリンパス
オリンパス レビュー(レンズ)
スポンサーリンク

【ENJOY! PHOTO with M.ZUIKO PRO & PREMIUM:オリンパス交換レンズ特別レビュー(その2)】
by 礒村浩一

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    安いけど素晴らしく良く写るしMFTの弱点のボケ量も「ある程度」体感できるのに
    特売でレンズキットを買ったようなユーザーからは「高い」と敬遠される不幸よ

    • 匿名 より:

      そう?どこかの交換レンズの販売ランキングに載ってたの見たことあるし、マイクロフォーサーズの中ではこれまで一番売れたレンズじゃないかな。
      そもそもホームセンターとかの特売で買うような初心者は、交換レンズを買い足すという発想がないと思う。それはKissとかD3000系から入る層も同様じゃないだろうか。

  2. 匿名 より:

    ダブルレンズキットみたいに、セットでこういう明るい単焦点を広められないんですかねー。クリエイティブキットみたいにそれらしい名前で。

    写真が楽しくなると思うんですけどね。

  3. M-KEY より:

    マイクロフォーサーズ機では、2台目や3台目の購入という人も増えていそうで、
    そういう人の場合、初号機でキットズームで14-42mmを入手している割合が多いでしょう。
    もちろん、現行の沈胴タイプは魅力的ですが、カブるレンズでなく明るめ単焦点付きのキットが
    E-P5+17mmF1.8以外にあっても良さそうですし、14-150mm付きも訴求力がありそうです。

タイトルとURLをコピーしました