スポンサーリンク

APS-Cフラッグシップモデルの画質をチェック–EOS 7D Mark II(デジカメWatch)

(レビュー)カメラ
(レビュー)カメラ キヤノン
スポンサーリンク

【新製品:実写編】
使い勝手は申し分ない仕上がり
by 塙真一

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    最近の一眼は新機種が出ても、撮った画像を見ただけでは、あっと驚かなくなりましたね。良くはなっているのかもしれないけど、撮像素子の技術進歩はサチッてしまったんでしょうか?

  2. コニン より:

    キヤノンのFHD動画って7D2でもまだモヤッとしているんですね。というかニコンの動画画質がD810やD750で劇的に改良されたので、画質的にはかなり頑張らないと厳しいように思います。
    キヤノンの動画AFはニコンよりもはるかにハイレベルですが、動画のヘビーユーザーは大型センサー機ではAFをほとんど使わないと思いますので、マニアが買うある程度以上の値段のカメラは、AF方面の改善よりも画質の改善が先かと思います。
    使い勝手と静音性は、キヤノンはかなり良いですよね。

  3. 10コマ? より:

    今日触ったが10コマ出てないように思えたが・・・?

    • 匿名 より:

      キヤノンの場合、レンズの絞りが開放付近じゃないと最高速出ないから。
      絞ってなかった?

      • 絞り開放? より:

        最新式のカメラとレンズの組み合わせでもその縛りあるの?
        最近のレンズの絞り駆動モーターは改善されているのではないのか?
        あと気になるのは10コマのときのファインダー内の見えだな。
        少し昔のキヤノン機はコマ数が多くてもファインダー内がバタついて
        それは見れたものではなかったが。
        さすがに10コマを売りにするのだから、ここも改善されているのかな?

        • 匿名 より:

          25年以上の歴史のあるEFレンズだから、最近のレンズなら絞りの応答速度が向上している可能性は高いね
          でも、最高速で連写する時に応答遅れが出る程絞らないだろう
          f5.6くらいで最高速が出れば問題なし

          • 匿名 より:

            試せば分かるじゃん。
            3段くらい絞ったら分かると思うよ。
            フィルム時代からのレンズだと露骨に落ちるが、
            最近の高額レンズは落ち幅が少ない。
            ただ、計測したらそりゃ…って話でしょう。

      • ということで より:

        今日もう一度確かめてみた。
        Avモードで開放にして試したのだが、
        なぜかピントが遠方で合っている場合と、
        手前で合っている場合でコマ数が異なった・・・。
        何ゆえ?
        ちなみに手前で合っているときがコマ数が多くて、
        遠くの場合は少なかった・・・。
        何ゆえ?
        何か設定間違えたのだろうか・・・?

  4. D300 より:

    フラッグシップとしての質感や剛性などは、
    触った感じはニコンのD300のほうがまだ高そうだ。
    ニコンにはそろそろD300の後継を真剣に考えてもらいたい。

タイトルとURLをコピーしました