スポンサーリンク

初のセルフポートレイトを展示 非“蜷川カラー”の世界とは–「蜷川実花:Self-image」(原美術館)レポート(デジカメWatch)

レポート
レポート 写真
スポンサーリンク

【写真展】
何も武装していない写真群=Self-image
凝縮された蜷川実花ワールドも
by 市井康延

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. ーーー より:

    ブ◯だな。

  2. 匿名 より:

    こんなモンいつまで持ち上げてんだか。

    • 雇われ息子 より:

      お父さんの舞台じゃないけど、客入ってなんぼだから。

  3. ken より:

    カメラマンと言うよりプロデューサーみたいな印象です。
    あ、カメラマンなんて言ったら怒られるかな?
    写真家のセンセイと言わないと!

    とはいえ七光りだろうと何だろうと
    利用できるものは利用してもいいと思います。

    • taktak より:

      七光りに出来る親がいて羨ましいよ

      • ken より:

        親は選べませんからね。
        だからと言って自分の親を蔑む気は毛頭ありません。
        産んで育ててくれて感謝の気持ちだけです。
        写真の学校にも通わせてもらって
        カメラマンとして生活出来てるし。
        ある意味「利用できるものは利用する」ことができました。
        皆さんも大なり小なりそうじゃないのかな。

  4. GON より:

    この人、特に写真が上手いと思わないです。
    プロデューサーとのコメントに納得です。
    色彩の表現ばかりに囚われていて、自身の世界も固まっちゃった感じかな。
    世界感だけなら、草間彌生の方が遥かに上。

タイトルとURLをコピーしました