スポンサーリンク

トキナー、フルサイズ対応レンズ「AT-X 24-70 F2.8 PRO FX」(デジカメWatch)

(新製品)レンズ
(新製品)レンズ トキナー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    24-70/2.8って鬼門だと思うんですよね。シグ、タムのはどれもダメだったし、ニコンもキヤノンもいいんだろうけど高杉。ただ高いのには理由があるのかな。この焦点域を作るのは難しいのかもしれない。どうしようかなー、買って見るかな。

    • 雇われ息子 より:

      特にTOKINAですからね、慎重になりますよ。
      銀塩時代の名レンズAT-X28-70f2.8以降
      標準域は落ちぶれてますから。

    • 匿名 より:

      ここのメーカーはどれもダメとかあんまり当てはまらないと思う。最近買ったシグマの50/1.4Artは実に素晴らしい。しかし24-70/2.8は全くのダメレンズだった。タムもA09や24-70/2.8は満足できなかったが15-30/2.8は物凄く素晴らしい。ニコンだって初代24-120というクソレンズがあった。多分どこのメーカーも素晴らしいものがあればだめなものも出していると思う。トキナーは買った事ないけど過去にいいレンズを作ったことはあるんでしょう?

  2. 匿名 より:

    カメラマンが表に出てるので、かなり良いモノだと思いますが、
    需要がどれだけあるのか…
    大口径標準ズームは寄らないとボケないので、手ブレ補正つき高倍率ズームのリプレイスには難しいですね。本当の意味で高解像度が欲しいユーザーは、そこまで存在しないような気がします。

    • 匿名 より:

      いや、引いた状態で動きモノを撮るときおもいっきり絞りを開けてSSを稼ぎたい場合があるんですよ。しかも遠景もしっかりボケずに描写されているレンズが良い標準ズームです。

    • ken より:

      このクラスはフィルムで50mmを標準レンズとして育った世代には
      高倍率より使い勝手のいい便利レンズだと思うんですが。。。
      開放2.8は暗い現場でもなんとか使えるし。
      ボケよりも明るさが利点だと思います。
      デジタルになって平気で高感度使う方には明るさより倍率が重視なんでしょうか?
      このトキナーのは小さそうだし純正を気にしないなら需要はあるんじゃないでしょうか。

  3. M-KEY より:

    各社の24-70mmF2.8のスペックを比較すると(価格はAmazon)
    キヤノン:88.5x113mm 805g フィルター径φ82mm 最大撮影倍率0.21倍 ¥198,000
    ニコン :83x133mm 900g フィルター径φ77mm 最大撮影倍率0.27倍 ¥201,690
    ソニー :83x111mm 955g フィルター径φ77mm 最大撮影倍率0.25倍 ¥179,800
    シグマN:88.6×94.7mm 790g フィルター径φ82mm 最大撮影倍率0.19倍 ¥88,055
    タムロンN:88.2×108.5mm 825g フィルター径φ82mm 最大撮影倍率0.20倍 ¥88,537
    トキナーN:89.6×107.5mm 1010g フィルター径φ82mm 最大撮影倍率0.21倍 ¥124,200*

    写りの差は置くとして、シグマが短めで軽く、トキナーはサイズは中庸で重め、
    最大撮影倍率も「大差ない」感じで、価格優先ならシグマかタムロンとなりそう。
    トキナーは重い分,鏡筒の強度や描写性能に期待は持てますが・・・

タイトルとURLをコピーしました