スポンサーリンク

海外発表:4,200万画素+5軸手ブレ補正の「ソニーα7R II」(デジカメWatch)

(新製品)システムカメラ
(新製品)システムカメラ ソニー
スポンサーリンク

世界初の“裏面照射型”フルサイズCMOSを採用

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    当初α7が出たとき、そのデザインのひどさにさんざっぱら文句を言った。
    α7IIでかなりマシになったと思っていたのだが、
    今回のこのα7RIIを改めて見て・・・逆に中途半端なデザインだな、とw
    最初のα7くらいのほうが逆によかったのか・・・?
    ま、買わないからどうでもいいか。

    • へ? より:

      買わないくせに文句だけつける奴が多いな。メーカーも大変だ。

      • I told you より:

        まさにその通りですね。デザインが分かっていない人ほど言いたがるコメントです。

    •    より:

      そういうのは直ぐに慣れる。
      CanonでTシリーズが出た時なんて、アレルギー出している人が多かったが、
      EOSの頃には既に慣れられた。

    • 匿名 より:

      逆にという言葉を2回以上使うやつはなんら意味のあることを言ってないという、7いい見本だな。

  2. 匿名 より:

    これTLMなしのアダプターでもAマウントレンズのAF出来ちゃうんだ。
    てことはTLM取っ払った純粋ミラーレスのα99Ⅱも出てくるのかな?
    それともAマウント終了?

    • M-KEY より:

      α7シリーズの決定版と言えそうなくらいの「全部入り」ですね。
      これでブレを気にせずに高解像を堪能できそう。
      ちょっと値は張るけど,欲しい人にとっては充分にお値打ち価格ですね。

      個人的には「35mmフル不要派」なので購入予定はありませんが
      新型の積層センサーでスーパーワイドヘリアーなど入射角度の大きいレンズで
      周辺画質が改善されていたら、ちょっと事情が変わるかもしれません。

      AマウントでTLM無しでAFが可能なら、固定ハーフミラーとし
      光学ファインダーとライブビューの両立が可能となりそう。

    • 匿名 より:

      もう、Aマウントのボディ新しいのは不要じゃないだろうか?
      外野からはそう見える。

      • 古参者 より:

        α900の系譜のOVF機ならAマウントの意味もあるがTLM機は必要無いね。

      • 匿名 より:

        延命措置としては良いんだけど、新たに買う理由に乏しいよねTLMじゃ。
        EVF機だったらEマウント系列でも同じだもの。
        一眼レフファインダーであればこそ、Aマウントの存在価値があるというもの。
        それが分からない経営層じゃ、もうあきらめるしかないが。

      • 匿名 より:

        今更一眼レフを作っても一度離れた旧ミノルタファンを呼び戻すのは不可能でしょう。赤字を垂れ流すだけだからAマウントは一刻も早くやめるべきです。

      • 匿名 より:

        そうそう、もう、EVFのAマウントαを作るくらいなら、
        α700/77・900/99と同等のしっかりしたボディのEマウント機を作った方がマシなんですよね
        今後開発されるセンサー全て象面位相差AFと手ぶれ補正が載ることが前提ですが、
        EもAも全部使えて、手ぶれ補正まで効くんですから
        あとはAF用モーター搭載の素通しマウントアダプタさえあれば・・・

      • 匿名 より:

        でもなんだかアメリカのカメラ事情を調べたら微妙。レンズ交換式カメラと言ったら一眼レフだろって感じらしくてミラーレスあんまり売れてないみたいなんですよ。だから今Aマウントやめてしまったら海外向けをどうするか問題になってしまうと思います。

        • 匿名 より:

          大して存在感がないα99よりはα7シリーズの方が売れてそうだけど、
          問題はAPS-CのAマウントをどうするかだろうね。
          「安くて立派に見えるから」てな理由で買ってる層が結構無視できないんじゃないか?
          α3000なんてモデルもあるみたいだけど。

        • 匿名 より:

          どっかのスレに書いてあったのを思い出したけどα7は日本でしか売れていないらしい。もしかするとOVFのAマウント機を復活させたら海外では売れるのかもしれないですね。

        • 匿名 より:

          何年前の情報ですか・・・

  3. 匿名 より:

    1年使ってないα7R売っ払ってこれ買おう。売ったら1万5千円くらいになるのかな

  4. 匿名 より:

    4K動画優先でローパスF無し、バッテリーがA7Rと同一で電池バカ食い機種A7R(撮影しなくても1日に10%も減る)を手放したので・・・・。

    • M-KEY より:

      たしかに,7II系はWバッテリーでなく、多くのAマウント機と共通のMバッテリーの方がいいですね。
      ついでにMバッテリー用の2連急速充電器も復活して欲しいです。

    • 匿名 より:

      そんなに電池を食うカメラはゴミ、ゴミですよ。あ、ゴミだから売ったのか

      • 匿名 より:

        ずいぶん狭い評価軸だな。
        どうせゴミしか使ってないんだろ。

    • へ? より:

      安物の互換バッテリーは確かにそのくらい減るね。ちゃんとした純正バッテリーを買えば?

  5. 匿名 より:

    う~ん、3200ドルって40万近いですねぇ。
    ある程度は覚悟してたけど、α7系列がここまで高価格帯になるのは想定外だった。

  6. 匿名 より:

    ボディも新型だったらα9を名乗っててもおかしく無さそうな性能ですよね、これ

  7. 匿名 より:

    これまでソニーのフルサイズレンズ交換カメラ用センサーは、細かいバージョンアップ版は別として画素数が増えたまったくの新型センサーは、ニコンに先に使わせてたはず。自分が先に採用するのはこれが初めてなんじゃないか? ソニーもいよいよ本気なんだろうし、ニコンがこのセンサーを使うかも興味深い。

    • 匿名 より:

      α7sのセンサーは?
      まあニコンはタイミング合わなかったんでしょう。
      あとキヤノンより画素数少ないのは面白くないのかも。
      リコーのフルサイズはこのセンサー使うのかしら?

      • 匿名 より:

        1200万画素センサーなんて、とっくに枯れた技術でしょ。

      • banba より:

        1200万画素は画角をフルに活かした4K用に最適、今回の4200万画素は像面位相差と将来的に8K用に最適な画素数(手ブレ防止まで考えるとちょっとマージンが足りない?)。「シネマニコン」には両方不可欠な素子ですけど、いつから本腰入れるんでしょうねぇ。

      • 匿名 より:

        多分業務用途のシネカメラにはニコンは参入しないと思っています。市場規模が小さくてソニー、キヤノンもういっぱいでしょうから。

  8. 匿名 より:

    α7、て一杯あり過ぎて最早どれがどれだか分からん

  9. 匿名 より:

    裏面照射型フルサイズで高画素と高感度を見事に両立させたな。
    今までの技術の延長では、こちらを立てればあちらが立たず だったんだが。

  10. 匿名 より:

    ソニーは裏面照射型と積層型どっちを主流にしたいのかわかりません

    • 匿名 より:

      どっちというより、積層型も裏面照射センサー使うのが基本なんじゃないの?

    • 匿名 より:

      裏面照射型も積層型も考え方は同じでどちらも性能は同じはず。ただ裏面照射型は薄く削らないといけないので製造コストがかかると思うんですよね。裏面照射型は大型のをサムソンも出してるだけに今後どうなるか?

タイトルとURLをコピーしました