スポンサーリンク

超高精細リアル・レゾリューション・システムを検証する–PENTAX K-3 II(デジカメWatch)

(レビュー)カメラ
(レビュー)カメラ リコー
スポンサーリンク

【新製品レビュー(実写編)】
手ブレ補正を応用したユニークな超解像技術
通常撮影とリアル・レゾリューションを使い分ける
by 永山昌克

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    動きが検知される部分だけは初回のデータだけを使って画像を生成する、
    ということを後処理でもいいから自動でやってくれたらいいのだが。

    • 匿名 より:

      画像処理が進めばいずれは出来るんでしょうけど、今は動き物かどうかの判断が
      まだ出来てないんでしょうね。
      NRの閾値の様にあるものが消えたり、出てきたりと。

      もっと進めば三脚を使わなくても普通に10枚くらい連写すれば出来るようにはなると思ってます。
      パノラマをスイングパノラマで生成出来てる感じで。

    • 匿名 より:

      >動きが検知される部分だけは初回のデータだけを使って画像を生成する、

      それだとRGBどれか1色になってしまうのでは?
      オリンパスの方式なら可能かもしれませんが。

      • 匿名 より:

        1回目のデータは通常のベイヤー配列の画像データなので、
        解像度が標準の画像が得られます。

        • 匿名 より:

          >1回目のデータは通常のベイヤー配列の画像データなので、

          言われて良く考えたら4回ともベイヤー配列の画像でしたね。写っている場所が1画素ずつずれているだけで。撮像素子上のカラーフィルターは動かせないんだから当然のことでした。1枚目だけは補完した画像も生成しているということでしょうか。
          幾つかの作例を見ていると、人物とか明らかに動いているものがエラー表示になってないので不思議に思っていましたが、最初に言われたような処理を既にある程度やっているのでしょうね。

  2. 匿名 より:

    歩いている人が、普通に写っているのを見ると、
    いずれはこれ三脚無しでも行けるんじゃない?

    このシステムを35㎜フルサイズに搭載してきたら、
    まさかの645キラーとなりそうだが(笑)
    まあ、645がSR搭載してきた話は別だけれど。

  3. 匿名 より:

    ベイヤー配列の泣き所を克服する、すごい仕掛けを考えたもんですね。
    単に画素数を増やすのではなく、画素数は変わらなくともHiFi度が向上するところが
    特に素晴らしいと感じています。
    これで三脚不要で撮れるようになったら、それこそ35mm判フルサイズを脅かすどころか、
    小型高画質システムの隆盛を導くかも知れない。
    アストロトレーサーにしろこれにしと、ほんとよく製品化したものですわ、敬服。

    • 匿名 より:

      オリの方の技術は、素子と素子の間の拾えない情報を、
      半画素分センサーをずらすことでその情報も拾う、というものと理解しているが、
      理論上は、オリ+ペンタの技術で高画素化+高解像化ができることになる。
      その上で、各プレーンの受光タイミングのズレの間に動いた部分がある場合、
      動いた部分を特定し、その部分のみ、撮影した各プレーンのうちの、
      最初や最後などのどこかのデータのみを使用することで、
      その部分の解像度は落ちることにはなるが、ブレのない静止画が得られるだろう。
      ペンタの場合、RAWデータは4プレーン分全て得られるのだろうか?
      得られるなら、後処理でブレ部分の対応はできそうな気がするが。

      • 匿名 より:

        オリンパスの方は画素数倍加と4画素合成を両方やってるんじゃないの?

  4. 匿名 より:

    実機を見てないのでリアルレゾリューションで4コマ撮るのに最低どれだけ掛かるのか分かりませんが、ローパスセレクターは1/1000秒以上でも効果が低下しつつも1/8000まである程度効くという話ですから、リアルレゾリューションで4画素一周するのも1/1000秒もあれば可能なんじゃないでしょうか(機構的には)。
    1/1000秒でリアルレゾリューション撮影すれば(画像処理に係る時間を後回しにするとして)4/1000秒プラスアルファで済むはずですから、ブレ止め効果としては1/250秒相当。それだけあればスポーツ写真でもなければ十分なはず。
    でも実際にはそうなってないんでしょうから、問題は電子シャッターの走査時間なんでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました