スポンサーリンク

今日発売! 5000万画素超の「EOS 5Ds/5DsR」の画質をチェック!(ASCII.jp)

(レビュー)カメラ
(レビュー)カメラ キヤノン
スポンサーリンク

キヤノンユーザー待望の1台……いや2台! ついに発売
クロップしてもAPS-C機並みの解像度!
ローパスフィルター効果をキャンセルすることで解像感を高める「5DsR」
24-70mm/F2.8を使い、絞りを変えて撮影。「5Ds」と「5DsR」の違いを見てみる
高級機でも「ピクチャースタイル」など特殊効果も完備!
重量の問題などでこれまでできなかったことができるようになる(かもしれない)画期的な2台!
by 周防克弥

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    ニコンD100あたりからようやくデジイチが仕事に使えるとかで普及し始めて、当時は印刷データとしてA4ならノートリでギリギリ使えるようなこと言われてたと思う。それから15年近く経った現在はフルサイズ機ならB全でも平気なレベルかと思ってたけど、現状はまだA2サイズ相当なんだね。
    まあそれでもフイルムの時から比べれば6×8判くらいかそれ以上のレベルなんだろうけど。

    • banba より:

      レビューの文章、鑑賞距離も印刷する時の線数(解像度)も同じっていう前提で換算してるだけなので、ちょっとおかしなことになってますね。数字上はA2相当って言っても良いんですけど、駅貼りポスターはそもそも線数が変わってくるので手元で鑑賞する印刷物用の解像度より全然低くて大丈夫ですし。

  2. 匿名 より:

    やる気のないレビューだなぁ
    特徴的な場所をクロップして並べるくらいのことは出来ないのだろか?

    解像感とモアレのトレードオフは読者の大きな関心の一つなんだから、
    ビル群を広角で写した写真の右端のビルの最上階の窓とかしっかり見せないと

タイトルとURLをコピーしました