スポンサーリンク

この値段でこのボケ!2万円台の大口径中望遠レンズ–中一光学 CREATOR 85mm F2.0(デジカメWatch)

ソニー
ソニー レビュー(レンズ)
スポンサーリンク

【ミラーレスで新品&お手軽MFレンズに挑戦!】
おまけ:α7 IIでMFレンズを使うときのプチテクニック(ピント拡大)

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    >この価格で本当にF2のボケが楽しめるのかな?

    価格がいくらであってもF2はF2だと思うけど。

    • 匿名 より:

      実はF2.3でした、くらいのオチはあるかもな。
      でもって実効t値は2.8でした、とかね。
      お国柄上、そのくらいの気持ちで使うが吉だろう。

      • ? より:

        勝手に個人輸入したものならそうかもしれないけど、
        日本国内に代理店があってそこで販売しているんだから
        代理店への誹謗中傷になるのでは。

        仮にもしそういうF値の偽装を行っているならば
        景品表示法の優良誤認で代理店を告発できますよ。

        とにかく、(単なる類推などで)具体的な根拠なく
        こういうことを気安く書いてはいかんでしょう。

        法的にはグレーだよね。

        • 古参者 より:

          F値は問題なくともT値は2.8なんて事はあるかもしれない。
          そういうのは日本ブランドでも多いよ。

          • ? より:

            でも、ボケの文脈でT値は関係ないような。
            あるいは実効F値だとしてもレンズが繰り出し式ではないしなあ。

          • ? より:

            失礼。よく考えたら繰り出し式なのかな。
            インターナル・フォーカシングの意味なさそうだし。

            ただし、そういう実効F値の話は誰もしていないということは
            念のために書いて置かなければならないけど。

          • M-KEY より:

            なんとなくハナシがかみ合っていない感じですね。
            F2.0と謳っておきながら実際は少し暗い可能性はあるでしょうけど
            安いからといって、組み立て精度が低いとか、経年変化で
            すぐにヘリコイドがスカスカになるような事はあっても、
            口径比が許容範囲を大きく下回るような事はないでしょう。
            レンズの透過率が低くても、外から見えるレンズには
            コーティングしてあるし、6枚程度の構成なら
            T値が大きく異なる可能性は低いと思います。
            > 画面周辺には若干の光量落ちと歪曲収差が見られます。
            この辺りが安さの秘密でしょう。
            製品写真を見るかぎり,全群繰り出し式のように見えます。
            (インナーフォーカスという情報は見つかりません)
            でも、インナーフォーカスなら至近になるほど実焦点距離は
            短くなる=ボケが小さくなるし、ボケが汚くなる傾向もあるので
            この焦点域のMFなら全群繰り出し式の方がいいと思います。

  2. 匿名 より:

    日頃MF使わないから、C2ボタンに「ピント拡大」機能を割り当てるとか考えもしなかったけど、参考になったわ。

  3. 匿名 より:

    このレポーターは割と「1/80秒」とか「1/100秒」が好きだねぇ。そして感度は「ISO50」とか「ISO80」とかまで落としている作例があるし。
    特別な表現意図があるんだろうか? 写真からはそんなもの感じられないけど。

  4. 匿名 より:

    どれもシャープネスや彩度、コントラストを引き上げているが
    デフォルト設定だと絵がモヤモヤしてたりしたんだろうか。
    あまり参考に出来ない。

  5. 匿名 より:

    見出しやコピーを見てこのレンズに興味を持ちましたけど、
    本文を読んでいたら「こんな文章を書く人のオススメレンズなんて信用できない」
    と思ってしまいました
    そうか~ 先日の変な紹介記事の第二段だったんですね

タイトルとURLをコピーしました