スポンサーリンク

ニコン:FX・DX・CXが揃い踏み!明るい単焦点が充実(デジカメWatch)

ニコン
ニコン レビュー(レンズ)
スポンサーリンク

【メーカー別「撒き餌レンズ」まとめ】
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G–実勢価格:30,800円前後(フォーマット:DX)
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G–実勢価格:2万6,400円前後(フォーマット:DX)
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G–実勢価格:2万1,600円前後(フォーマット:FX)
1 NIKKOR 18.5mm f/1.8–実勢価格:2万3,600円前後(フォーマット:CX)
1 NIKKOR 10mm f/2.8–実勢価格:2万3,000円前後(フォーマット:CX)
by 北村智史

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 古参者 より:

    この一連の記事はレビュー扱いだけど
    カタログ情報だけで書けそうだなぁ。

    • 匿名 より:

      企画は悪くないと思うけど、安い単焦点レンズの一覧になっちゃってる
      写りのいいレンズだけを厳選して紹介して欲しかった

    • たで より:

      指摘の通り、そのレンズの作例をつけてというのが良いよね。
      せっかくだから、そういう連載企画、出してみたら >北村氏
      そういえばハイレゾショット夜景でM.Zuiko45mm推してたな。

  2. 襤褸猫 より:

    なしてAiAFが無かったことになってるんだろ…

    • M-KEY より:

      AiAFは一応ラインアップには残っているけど
      DF5500やD3300ではAFが使えないから
      こういう企画で扱わないのは妥当でしょう。

      この企画意図は面白いのですが、単にカタログ情報の羅列で
      終わっているのが勿体ないですね。
      でも、この時期の北海道での実写は厳しいかな?

      • 襤褸猫 より:

        なのですかね?>AFカプラが必要な機種は省く。MFまでラインナップに残っていて、しかもそれらが未だにそこそこ売れているのがニコンらしさという気もしますが。AiS50/1.2が未だにコンスタントに出ているのを知りちと呆然としています私w。

        なお、札幌ごときで冬の北海道だから撮影できないとか、北欧で全く通じないので、恐らく寒すぎてストーブの前に固まっているせいだと思われます、北村センセw

        • M-KEY より:

          Ai50mmF1.2Sはマウントアダプター需要が大きいのでは?
          HPのカタログを見るとAi-Sが8本,AiAFが17本ありますが、
          最近のニコンのデジタル一眼レフで新たに買ってまで使いたいレンズがどれだけあるか?
          むしろFX用とDX用に用意されている対角線魚眼がカプラー式AFなのが疑問なくらいです。

          • 古参者 より:

            AiAF16mmなんてMF時代の光学系のまま、やる気がないね

          • M-KEY より:

            DX10.5mmはAF-Sでないのか謎(DXレンズで唯一の非AF-S)ですし
            AF16mmF2.8SもD800系には解像度的に厳しいし、
            今のレンズとしては近接能力ももの足りませんね。
            私の周りではシグマ15mmを選ぶ人が多いです。

      • たで より:

        いやいや、吹雪の時を除けば、北海道での実写が難しいとはいえないですよ。
        年末だったらミュンヘンクリスマスとか良い被写体ですし、年末年始は北海道
        神宮とか結構良いと思うんですけどね。西線で出かければすぐでしょし。あと、
        札幌芸術の森で、せっせと歩くカンジキウォークってのもあるぜよ> 北村せんせ。
        どうしても寒いのが嫌だったら、白い恋人パークとかおすすめ。家族も喜ぶし。

  3. 古参者 より:

    この時期の北海道は日差しが低いし日照時間も短いから作品は良くても作例に向かない。

タイトルとURLをコピーしました