スポンサーリンク

やっとミラーレス一眼の時代がやってきた――2016年を振り返りながら2017年のデジカメトレンドを予想してみよう(ITmediaデジカメプラス)

レポート
レポート
スポンサーリンク

2016年の前半はフラッグシップ一眼レフ勢ぞろい
2016年後半はミラーレス一眼の進化に瞠目
ミラーレス一眼の時代がやってきた
コンデジは?
by 荻窪圭

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    2016年のミラーレス機のシェアではオリンパスがトップになったようです。
    小さいフォーマットだからダメだといわれ続けたマイクロフォーサーズですが、昨年末のE-M1IIや一両日中に発表されるであろうGH5に見られるようなハイエンドから、売れ続けたE-PL7やE-M10II、GF7のようなエントリー機までバリエーション豊富なボディ群、そしてproレンズから小型で安価なキットレンズや単焦点レンズなどまでの充実したレンズシステムと、これまでじわじわと裾野を広げてきた結果が昨年末から今年以降花開くのではないか、と思っています。

    • 匿名 より:

      動画で熱暴走しないらしいのも大きな要素かな。

    • 匿名 より:

      でも、しょせんオリンパスじゃなあ。
      所有する満足感が無いんだよね。

      • 匿名 より:

        それは君の脳がこれまでにどのような洗脳課程を踏んだかという問題に過ぎない。
        もちろんこれは嫌みではなく、みんな同じなのだが。

        気になるのはこれまでの保守2大メーカーが、
        いつミラーレスへ舵を切るかということだろう。
        レフ機の需要は決して無くならないが、商売として見ると次第に不利になるのは
        既に明らかで、このまま2大メーカーが踏ん張り続けるのは難しい。

      • 匿名 より:

        >所有する満足感が無いんだよね。

        カメラなんて平民の持ち物で「所有する満足感」って言ってるのが笑える。
        時計の世界では2千万円、3千万円で「所有する満足感」なんだが。。。

        • 匿名 より:

          だからこそ、その中でもオリンパスじゃ悲しいって話でしょ。

    • 匿名 より:

      ミラーレスに画質を求める人が少ないって事かな。
      まあ、高望みしないたらMFTで事足りる場合もあるから、
      サブ機需要ってのも多いんだろう。
      ステップアップしたい場合、他社に行くしかないのが、
      MFT陣営の残念なとこ。

      • 匿名 より:

        ステップアップってどういう意味だろう?格が上がるってこと?
        じゃあベテランでも重たいフルサイズ止めてm4/3使うようになったらステップダウンで格下げか。

        • 匿名 より:

          より大きなセンサーへの流れを否定したい人?

          • 匿名 より:

            大きなセンサーっても結局フルサイズ以上にはいかないんでしょ?

          • 匿名 より:

            2012年にキャノン、ニコン、ソニーがフルサイズの普及機を申し合わせたように一斉に発売して、フルサイズに移行する”流れ”みないなのを演出したよね。
            ちょうど団塊世代が定年になる時期で、退職金目当ての共同戦線だった訳だけど、それに流されちゃったクチ?

        • 匿名 より:

          >ステップアップってどういう意味だろう?格が上がるってこと?

          見せびらかすカメラやレンズの「格」だよ。
          中国人は大きくて重たくて高価なデジタル一眼レフを日本に買いに来る。見せびらかして自慢するために。
          中国人と同じメンタリティの人が 日本人の中にもいるんだよ。
          「見栄こそ購買の原動力」なのだ!

          • 匿名 より:

            正直そういうのはあるよね。
            軽自動車とカローラと比べてみたってそうだし、
            カローラとクラウンでどちらが?と言えばそれもそう。
            車格という言葉があるように、
            見た目や余裕からくる雰囲気というのは
            やはり違って見えるものなんだよ。
            そこに拘らないなら、所持品や嗜好品なども
            すべて無意味なことになる。

          • 匿名 より:

            見た目の余裕や品格、一番重要なのは乗ってる人間だがな

            せっかくのクラウンも下品なオヤジが乗ってたら台無し

          • 匿名 より:

            財力も駐車場もある人が、
            クラウンか軽かどちらを選ぶか、
            と問われたら・・・・

            軽乗りでもバカにされまいと必死で痛いバカも多い。

            だから、乗り手はまた別の話だな。

          • 匿名 より:

            なぜ人は服や装飾品に興味を示すのか?
            文化とはそういう所から発達するものだろう。
            少しでもおしゃれに、綺麗に、という女性と議論してもらいたいものだ。

        • 匿名 より:

          カローラ、コロナ、マークⅡ、クラウンと年齢や立場とともに
          乗る車をステップアップさせていったアレね。ヒエラルキーだっけ。

          その流れに乗れない人向けに、SUVやミニバンが重宝されたのも然り。
          子供が云々・・・という理由で、安いミニバンを買う言い訳が出来たのは
          当人たちには都合が良かったが、クルマ文化としてはマイナスだったよね。

          • 匿名 より:

            SUVやミニバンが売れるようになったのは、別にクラウン買えないからじゃなく多様化が進んでウラウンが欲しいってメーカーのイメージ戦略が
            通用しなくなったからじゃないかな?
            今の若い人なんかセダンなんてまず買わないでしょうし、買うとしてもクラウンなんかじゃなくてBMWやベンツとかそういうところでしょう。

            見得に金かけなくなったと言えば直ぐに金が無いからだろって言う人も
            多いがそうじゃなくて価値観が変わったからの話なんだよね。
            でかくて高けりゃいいなんて古い価値観でしかない。

          • 匿名 より:

            >クルマ文化としてはマイナスだったよね。

            ヒエラルキーとクルマ文化を勘違いしている。
            あなたが言うクルマ文化ってなにさ?w

          • 匿名 より:

            単なる道具になり下がったという点では、
            SUVやミニバンの氾濫は、クルマ文化から遠のいたとは言えるだろうな。

          • 匿名 より:

            車文化ってのがよくわからんが、車を神聖視でもしてるのかな?
            成り下がるもなにも車は道具でしょ。
            ステータスとしてならベンツとかなら今でもそうだけど、クラウンなんて相手にされたのはバブルの前くらいまででしょう。

        • 匿名 より:

          私は恥ずかしながら格下げ宣言して、
          APS機を使っているが、
          体力があれば35フル出歩きたいのが正直な気持ち。
          ただ、さらに体力落ちたら、1型コンパクトかな、とも思っているよ。
          格下げというと寂しく聞こえるが、
          ダウンサイジングと言えば多少は慰めになるかな。

      • 匿名 より:

        一神教の人でしょうかね。
        ステップアップとか関係なく、必用ならメーカー関係なく使い分けるでしょう。
        同じメーカーでも一部のアクセサリを除けば使い回しが全て効くわけでもなく
        基本操作はともかく機能は新し物ほど増えるから完全に同じ使い方ってわけでもないし。

        ミラーレスで画質云々言うのも不明でソニーや富士を知らないのでしょうか?

        •    より:

          一神教を馬鹿にするな。
          一神教ってのは自分が信奉するのは一つの神だってだけで、他のモノを否定しない。
          そういうのは唯一神教ってんだ。
          唯一神教は教義に神は唯一であるって定義が有るから他のモノの存在を否定する必要があるんだよ。

          だから言ってしまえば「唯一絶対神フルサイズ一眼レフ教徒」って辺りだろ。

          • 匿名 より:

            フォビオン信徒は もっと強烈な唯一神教徒なんだわ。。。

        • 匿名 より:

          そういやオリンパスの語源であるギリシャ神話は多神教だなぁ
          主神からしてロクデナシばかりだけど

      • 匿名 より:

        如何にも写真じゃなく画像を撮ってる輩の幼稚な書き込みだな

        • 匿名 より:

          そうだね。大きくて重たいデジタル一眼レフで画像しか撮ってない人 多いね。まあ 自己満足だからいいんじゃないの?

  2. 匿名 より:

    時代はミラーレス。時代はハイレゾ。

    • 匿名 より:

      時代はデュアル手ブレ補正

    • @ より:

      コンデジはずっと以前からミラーレスですが何か?

    • 匿名 より:

      時代はスマホ。
      わざわざ別にカメラを持つなら、
      それなりのが欲しい。

    • 匿名 より:

      写真が良ければ撮ったカメラなんて誰も気にしないでしょ?

      • 匿名 より:

        ↑ それは正論だけど、良い写真が撮れないからせめてカメラにこだわりたい人が多いのよ。

  3. 匿名 より:

    選択肢は多いほうがいい

    互換性は高いほうがいい

  4. 匿名 より:

    画像はサブ機を使っているからと妥協し割り切って使って我慢するとしても。
    あの子供だましなデザインだけはカメラ初心者でなければ持つのが恥ずかしい。

    •    より:

      でもEOSなんかもたまーに「あー類似コラーニデザインだよなー」と思って恥ずかしくなるがな。

      • 匿名 より:

        いや 海坊主なので 持つのが恥ずかしい。

  5. 匿名 より:

    私は、デジタル・システムカメラ(レンズ交換可能なデジタルカメラ≒ミラーレスカメラ)に期待している点は二つあります。
    1点目は小型軽量のしっかりとしたシステム展開です。撮像素子が進歩している現在、35mmフルサイズに拘る必要は全くないと思います。4/3でも1inでも構わないので、必要十分な解像度や感度が得られる小さめの撮像素子によるボディー、レンズ、アクセサリーを含むシステム造りに期待しています。
    もう一つは進化したEVFによるしっかりとした一眼ボディーの開発です。レフレックス構造は、実際のレンズや絞りを通した画像をモニターしながら撮影したいという願望から発展してきた技術です。撮像素子からのライブビュー情報が得られるようになれば、役目を終える技術だと考えています。そのためには少なくともハイアマチュアの使用に耐える、レスポンスが良く見易いEVFの開発が望まれます。
    既に大きな支持を得ている、ニコン・キャノンの規格が無くなるとは思いませんが、私は徐々に小さめのセンサーとEVFを基本にしたシステムにシェアーが移行していくと予測しています。

    • 匿名 より:

      4/3でも1inでも構わないのであれば、もう出来ているでしょう。
      求めるものが解像度や感度だけなら今のもので十分だと思います。
      どうもデジタルになってキッチリカッチリで淡白な絵が多くなり、表現が安っぽくなっている点は否めませんが。

タイトルとURLをコピーしました