スポンサーリンク

ソニー「α9」が目指したもの、狙うもの(デジカメWatch)

ソニー
ソニー レポート
スポンサーリンク

技術革新でプロフォトグラファーの期待に応える
被災しても続けたプロジェクト
積層型イメージセンサーと電子シャッターが変える常識
プロの求めるものを技術で実現する
by 折本幸治@デジカメWatch

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    「操業停止をよぎなくされていたイメージセンサー工場だが、そんな中でも中断しなかったプロジェクト」

    製造設備がダメージを受ければ当然操業停止する訳だし、設備に無関係な開発プロジェクトは続行するのが当たり前と思うのだが……まあ、開発中のセンサーそのものの試作が遅延することはあるから、あながち間違いではなかろう……でも試作と生産を同じラインで製造しているという前提で。

    • 匿名 より:

      で? それがどうしたの?

    • 匿名 より:

      ソニー株式会社厚木テクノロジーセンター

    • 匿名 より:

      厚木に300mmラインはないと思われるので試作も熊本でしょう。
      特に重ね合わせや裏面照射のプロセスなんかは専用機器でないですかね?
      どちらにせよセンサーが開発の比重の相当な部分を占めてるから相当なダメージあったと思います。

  2. 匿名 より:

    ゲームチェンジャーになれるか……

  3. 匿名 より:

    SONYの熊本工場のそばを通る事が有るが、実にシンプルでコンパクトだよ。

  4. 匿名 より:

    なんだかSONYは元気だなぁ。本部しっかりしてくれよ

    • 匿名 より:

      金融業は順調みたいよ。
      銀行、保険、不動産…

  5. 匿名 より:

    Fマウントではどうにもならんな。かといって今の超望遠レンズ群捨てて新マウントは現実的では無い。どうする、ニコン。

  6. 祖認 より:

    毎秒20コマって電子シャッターだね。メカシャッターだけだと何コマに落ちるのかな。
    ソニーって、スペック盛り盛りのカメラばかり出すね。それでいて、レンズは貧弱。
    超望遠域が7月発売の100-400/4.5-5.6のみって、スポーツにも、野鳥にも、
    モータースポーツにも使えない。毎秒20コマの電子シャッターでゴルフスイングを
    写すとどれぐらいローリングシャッター歪みがあるのかな?

    • 匿名 より:

      情弱だな。
      メカシャッターだと5コマ/秒だよ。
      ゴルフスイングの写真は既にネットに出ている。

      • 匿名 より:

        5コマしか行かないの?
        メカに弱いソニー。。。

        デバイス頼みの連写しかダメか。。。

        • 匿名 より:

          メカ振動が連写に悪影響を与えることが理解できないんだな。
          ローリングシャッター歪が解消されるのなら高速スキャンの電子シャッターの方が メカブレ皆無のシャープな画像が得られる。
          そもそもミラーレス機ではフォーカルプレーンシャッターは連写と相性が悪い。
          (なぜかは少しばかし頭をひねって考えてごらん)

          • 匿名 より:

            プロスポーツ機を謳うなら、
            そんな泣き言は通用しないよ。

      • 匿名 より:

        プロユースまで想定しているはずだよね・・・でも5コマ/秒とは意外。
        電子シャッターもいいけど、メカシャッター使用で10コマ/秒確実に出れば、
        そちらの方がカメラの実力としては上だと思うけどな。
        数字だけみると目を引くけど、細かい制約や条件を読んでガッカリする
        いつものソニー機と同じというのは残念。

        • M-KEY より:

          α99M2ならメカシャッターで12fpsが可能なんですが、
          本音はメカシャッターはいらないけどフラッシュ撮影の為に
          残しているような気がします。
          これがグローバルシャッターでフラッシュ撮影も可能になれば
          メカシャッターを廃するような気がします。

        • Ken より:

          メカ的なところではやはりカメラメーカーの方が1枚上手だろうから
          デジタルならではの別な方法でのアプローチは否定できませんね。
          電子シャッターがこの機種で認知されれば
          スポーツのプロも使い始めるかも?
          便利で確実な新しい技術が開発されれば恐る恐るでも切り替えて利用していくのがプロです。(AFの時もそうで今は使わないプロは少ない)
          この機種で信頼をいられれば(使えると思われれば)
          次世代αはこの電子シャッターでスポーツ撮影業務の歴史を塗り替えるかも?

      • 匿名 より:

        メカ的なところで金がかかってないんなら、
        例えば1年後にα9Merrillが20万円で出たりする?

        • nroff より:

          他社が同様のキャッシュ付き(?)センサーを開発しない限り、わざわざ安くする理由はないような。生産が安定して歩留まりがよくなれば多少は出荷価格もさがるかも。
          Sonyのフルサイズは、勝たなければいけない相手がいるわけではないので、やりたいようにやると思います。きちんと利幅が確保できれば、別にキヤノンやニコンを倒す必要はないでしょうし。

        • 匿名 より:

          出せても、そんな安売りするほどソニーもバカじゃないだろ。
          利益をがっぽりいただくまででしょう。

        • 匿名 より:

          Foveonフルサイズセンサーだけで20万円とかするかも

    • 匿名 より:

      センサー等のバイスの進化により、その機材では今まで撮れなかった被写体が撮れるようになる事もありますね。
      例えばα9はF11まで測距可能なためFE100-4004.5-5.6GMに2倍テレコンを使用してもAFが可能で、コンパクトな200-800が手に入ります。
      ただ今までの800mmと同じように使えるかは使用してみないとわからないし、ヨンニッパと同じ絵を撮ろうとしても難しいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました