スポンサーリンク

ハイブリッドなインスタントカメラ、“チェキ”「instax SQUARE SQ10」発表会レポート(デジカメWatch)

レポート
レポート 富士フイルム
スポンサーリンク

水原佑果さん、進化したチェキに盛り上がる
by 丸橋ユキ

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    外人が持つとコンパクトカメラに見えるのだろう。

  2. 匿名 より:

    中判カメラ並みのフォーマットへの印画がチェキの魅力のひとつだけど、このカメラは豆粒センサーからのデジタルプリントですよね…

    • M-KEY より:

      その魅力を享受したいなら、普通のチェキがありますし、
      レフレックスファインダーを楽しめるInstantFlex TL70があります。

      InstantFlex TL70 Official Website JAPAN
      世界初の二眼レフインスタントカメラ​​InstantFlex TL70の日本​公式サイトです。​InstantFlex TL70についての​製品情報、​購入案内​、​​サポート​案内などをご覧いただけます。


      このカメラの場合、プリントを渡しても手元にデータが残るし
      必要とあれば、何枚でも同じプリントを複数出せるというメリットがあるし
      豆粒センサーなのでピンボケのリスクが少なく近接に強いという
      実際の想定ユーザーにとっては嬉しい部分が多いと思います。

      • 匿名 より:

        MintTL70、チェキ、Lomographyinstantを購入して使っています。チェキユーザーならわかると思いますが、instaxminiフォーマットは独特の柔らかさや光量落ちなどが中判フィルムライクな雰囲気を醸し出します。インスタで使う場合などチェキのプリントをスマホで撮ると雰囲気が出ますね。なお「スマホでチェキ」というプリンターがありますが画像は別物。ただしスマホのアプリでフィルムライクに弄れるのでそれなりに遊べますが、このカメラはどうなのかな。

        • M-KEY より:

          「スマホでチェキ」モデルチェンジしていたんですね。
          以前はPiviをカメッラバッグのポケットに忍ばせていて、出先でプリントを
          渡したりして重宝していましたが、フィルムが生産終了したり、
          最近はSNSで写真を送付できるので特に必要性を観じなくなってきて、
          スマホでチェキも気になったものの買わずにいました。
          (サイズがPiViと較べて微妙に大きいのも原因の一つ)
          このSQ10は「スマホにチェキ」+カメラかと思っていたのですが
          画像だけでなくコンセプトもまったく別物のようですね。

  3. 匿名 より:

    WIFI内蔵しておらずマイクロSDなのでFlashair等も使えないからデジタルデータを残せてもすぐにSNSにアップできない。プリントをスマホで撮ってアップするなら普通のチェキで良い。スマホと双方向通信できてプリンタとしても使えたら多少は使い途もあったんだけどな。

    • M-KEY より:

      そうですね、せっかくデジタルなんですから、
      撮った写真を Instagram にアップしたり、
      スマホのデータをプリント出来ると使い道は広がりますね。
      次機種に期待(したいです)

    • 匿名 より:

      しかもせっかく液晶つけたのに自撮りに使えない。ユーザー層は自撮りに使いたいような層だろう。次のモデルチェンジの為に反転液晶は出し惜しみか?

  4. 峰不二子 より:

    富士フイルムはチェキをさらに進化させました。「写ルンです」も人気が持続しているし、デジカメも堅調。フィルムを残しておいて、ほんとによかったですね。

    • 棒燃 より:

      ISO400のリバーサル、再生産してくれー!

タイトルとURLをコピーしました