スポンサーリンク

旧くて新しいチェキ「instax SQUARE SQ10」に寄せて――デジタルとの融合がもたらしたものとは(デジカメWatch)

レビュー(その他)
レビュー(その他) 富士フイルム
スポンサーリンク

【特別企画】
スマホ世代に適度なアナログ感
旧くて新しい、ハーフなデジタル
by 内田ユキオ

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    実物を見たが、思った以上に大きくて萎えた

    • 雇われ息子 より:

      普通のチェキよりフィルム大きくなってるから、想像つくよ。
      でも元祖ポラロイドより小さいけどスクエアでフィルムから
      開発したのは嬉しい。
      このフィルムをどう展開していくのか、興味がある。

      • M-KEY より:

        デザインのせいなのか、勝手に小さいのを想像したのでしょうか?
        フィルムのサイズを考えたら、これ以上の小型化は難しそうです。
        直線基調でシャープなデザインにしたら小さく感じるかもしれません。

  2. 匿名 より:

    このスクエアフィルムを使う、アナログのチェキが欲しい。
    豆粒センサーのデジではチェキの柔らかい雰囲気は出にくい。

    • M-KEY より:

      SX−70みたいなフォールディング式のチェキだとちょっと欲しいかも?
      さすがにTL-70のような二眼レフはサイズ面できびしいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました