スポンサーリンク

今、フルサイズミラーレス3社に思うこと(デジカメWatch)

キヤノン
キヤノン ソニー ニコン レポート
スポンサーリンク

【コラム】
ニコン/キヤノン/ソニーフルサイズ戦国時代に寄せて
慎重な姿勢を示したニコンZの発表
ボディと同時に魅力的なレンズが揃うEOS Rシステム
気になるソニーの動静
by 落合憲弘

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    立場上、言葉を濁しているがお概ね同意

    • M-KEY より:

      そうですね。

      >二大巨頭がようやく追撃を開始したものの、正直、現状では力及ばずの印象が拭えない。少なくとも、ブランドイメージや性能面の官能性を排除し、カメラの機能だけを評価するならば、追撃者たちの第一弾はソニーαの牙城を崩すどころか、届いてすらいないと思うのだ。

      これに尽きると思います。その上でキヤノンには

      >EOS Rには、EOS Mで得られた教訓や反省がしっかり活かされていると感じ、その姿勢に共感を覚えた」
      >飛び抜けたレンズと一緒にRF24-105mm F4L IS USMをしっかり揃えているところも巧いと思った」

      と戦略を褒めていますが、ニコンに対しては

      >当事者の立場に立つことを想像するだけで胃が痛くなる。」
      >堅実で、想定内で、マジメで真っ直ぐで、が許されるのは最初だけ」
      >「新マウントミラーレスカメラならではの凄いレンズは今、作ってますからぁ〜」では、やっぱりチト弱い

      となかなかに批判的で、これは私の感想ともかなりの部分で一致しています。

      >ソニーからしてみれば直撃は免れたものの、衝撃波によるダメージは少なからず受けているとの認識

      ニコンに対しては、ソニーの担当者は「胸をなで下ろした」部分はあったと思いますが、
      「正直、勝たせていただいた」なんて楽観的な事はなく、余裕を匂わしながらも
      シッカリと伏線を張っているキヤノンに対しては相当警戒を強めたと思いますし、
      ミラーレスの始祖であるパナソニックの出方にも用心しているでしょう。

  2. 匿名 より:

    やっぱりZはみんなに心配されたり残念がられたりしてるね・・・

    ニコンとかけまして Zとときます その心は
    後がありません ><;b

    • ニコン好き より:

      >後がありません ><;b
      それってソニーの事では?
      ニコン・キャノンの発表で
      尻に火が着いてるのでは⁇
      しかも
      Aマウントがお荷物になってるし

      • 匿名 より:

        脊髄反射でソニーdisってないで記事本文読んだら?
        『「いい人ね」で終わってしまうパターンが一番マズイのだ。』
        『「新マウントミラーレスカメラならではの凄いレンズは今、作ってますからぁ〜」では、やっぱりチト弱いのである。』
        など、あからさまにニコンが心配されてるよ。

        • 匿名 より:

          パナはSLマウント採用かつシグマと組むらしいからローンチ時10本以上のレンズ揃えて出てくるだろうね。
          ソニー震えて眠ってるw?

          • 匿名 より:

            パナソニック^^

          • 匿名 より:

            > パナソニック^^
            4K60P HDRの動画ではパナの方がSonyに先行しているが。

          • 匿名 より:

            > パナソニック^^

            ライカ、パナソニック、シグマがL(レンジファインダーのLマウントではなくミラーレスのSL/TL用)マウントのアライアンスを組んでそれぞれがLマウントのレンズとボディーを出すということになった。
            今まで、非公表だったマウント径:51.6mmとフランジバック20mmも公表された。従来から50mm前後と言われてたマウント径はちょっと大きくて51.6mmとZやRFより少し小さいながらもEマウントを圧倒する径であることは間違いない。小さいと言っても3mm程度でしかない。
            シグマは今後はミラーレス用交換レンズはLマウントをリファレンスに設計し、マウントを変えたのをZとRF用に展開するんだろう。当然マラーレスのArtラインは、Lマウントベースになるから、大口径比のラインナップのEマウント向けはやめるかもね。Lマウントベースで基本設計した方が設計が楽で光学性能も容易に出せて開発費も削減できるから、自分も入っているLマウント以外なら、ZとRFマウント用を拡充すると思う。Artを名乗る以上、NCの純正高級レンズに負けないのを出す様にするだろうから。

      • 匿名 より:

        ニコ乙七ががっかり製品だったので、ソニーα7IIIが「ニコンにがっかりユーザー」に見直され、バカ売れなのだそうだ。品切れになっている。

    • 匿名 より:

      ソニーに、配慮しているのかも、しれないが。
      マウント径に、ついて触れていないのは、フェアーではない。
      世の中の、カメラユーザーの、大半は、マウント径の、ことなど知りもしない、動物以下のクズのような愚か者、なのだから。
      このような場でこそ、マウント径の、獣姦要性を周知させ、ニコンの、すばらしさを、広めるべきではないのか?

      • 匿名 より:

        失礼。
        獣姦要性では、なく、重要性。です。 これでは、意味が、伝わらない。
        あらかじめ、断っておくが、
        私は、別に、オスのヤギと、肛門性交を、楽しんだり。
        馬と、ヒト女性が、性交するのを、観て、楽しむ、会員制倶楽部の、メンバーではない。

        • 匿名 より:

          重ねて、ことわって、おくが?。
          別に、私は、獣姦に興味があって、書き込んだのでは、ない。
          変換の候補に、以前の、履歴から、ミスで書き込んで、しまった。

          • 匿名 より:

            なんで獣姦とか変換候補に出るのかなw?

          • 匿名 より:

            別に獣姦に興味があってもいいじゃん
            個人の趣向にケチをつける気はない

          • 匿名 より:

            それはそうだが
            最低の嗜好だな

      • M-KEY より:

        Zマウントニッコールでマウント径を活かしたレンズがあれば
        それをアピールすればいいだけなんですが・・・

    • 匿名 より:

      まさにZシリーズの頃のペンタックスを彷彿させるね。

  3. 匿名 より:

    やはりこうしてみるとZの野暮ったさ、不細工さが際立つなあ。

    • 匿名 より:

      デザインはEOS Rのほうが格段にスマートだ。ニコン乙のデザイン、素人が思いついたレベルだな。

      • ニコン好き より:

        >デザインはEOS Rのほうが格段にスマートだ
        どこが??
        ずんぐりむっくり、メタボ、ボディとレンズにしか見えないけど

        正面から見たら従来のEOSと変わり映えしないと思うけどね。

  4. 匿名 より:

    忖度だらけでクソつまらないんだけど

    • 匿名 より:

      割と透けて見える方だと思いますけどねw (先に断ってるし)

  5. 匿名 より:

    ライカ、パナ、シグマ連合か…
    どうなることやら

  6. 匿名 より:

    機材うんぬんいう前に写真の腕磨けや

  7. nroff より:

    フルサイズαやEOS-Mが最初機で貶されまくっているのを見てたから、NやC(やP)のフルサイズミラーレスが将来どうなるかなんて、とてもじゃないけど予言もどきはできないなぁ。しても外れると思ってる。

  8. 匿名 より:

    Canon、Nikonがフルサイズ(135)の優位性を主張すればするほど、「中判のほうが良い」のを暗に認める結果になるから、今後の展開がどうなるかとても興味深い。案外Fujiのアプローチが正解かもしれないなぁ。

    • 匿名 より:

      中判(実際にはセミ判にも満たぬベスト判半裁サイズだが)でフルサイズの85mm F1.4並みのボケを出すには、120mm F1.8のレンズでやっと同等で追い越すにはF1.4という超巨大のレンズが必要になる。現状風景やポスター用途のポートレートなら4000万画素クラスのフルサイズがベストバランス。
      中判の優位性出すなら、リアルセミ判サイズのセンサーにしてレンズも開放F1.4クラスを用意しないと意味がない。

      • 匿名 より:

        なんで35mmの人ってボケの話しかできないんだろ?

  9. 匿名 より:

    違う話題を出してしまいますが、2020Tokyoは各社は報道に対してどのラインナップで応えようとしているのだろうか?
    SONYは今の方向を進めていくので迷いがないだろうが、CNの巨頭はどうするのだろう。カメラマンの手に馴染んで信用してもらうためには半年以上は使い込んでもらわないといけないだろう。
    そうするとSONYに負けない高速モデルは2019年末までに出さなくてはいけない。新マウントの優位性を発揮させるレンズも出さなくてはいけない。ミラーレスで間に合うのだろうか?
    2020TokyoはCN陣営は従来の一眼レフ方式で乗り切るのだろうか?

    一眼レフならもう十分に完成しているので伸びしろがないかもしれないが、報道カメラマンは良いカットが取れることが一番大事でカメラの方式はこだわりがないかも知れない。

    • 匿名 より:

      とりあえずTOKYO2020のスポンサー企業にパナとキヤノンは入ってたが、ニコン、ソニーは見当たらなかった。

      • 匿名 より:

        問題まみれのTOKYO2020のスポンサー企業になる事、て名誉なのか

        • 匿名 より:

          裏側で渦巻く大人の事情、その他おどろおどろしい話や諸問題なんて殆どの人は耳に入っては来ても大して興味持たないと思うよ。
          だから多くの人は単純にオリンピックのスポンサー?そりゃ名誉だろうね。。。と思ってる。

タイトルとURLをコピーしました