デジタルカメラ情報サイト

コシナ、ソニーEマウント用超広角単焦点MFレンズ「NOKTON 21mm F1.4 Aspherical」(デジカメWatch)

フローティングフォーカスを採用 最短撮影距離25cm

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • M-KEY
    • 2019年 5月 17日

    Mマウントの21mmF1.8の価格から20万円オーバーを予想していたので安く感じます。
    トキナーFIRIN 20mm F2 FE MFより約半段明るいのに、ほぼ同サイズです。
    コマ収差と非点収差がその程度なのかが気になります。

      • 匿名
      • 2019年 5月 17日

      F2とF1.4で「約半段」?

        • 匿名
        • 2019年 5月 18日

        判断に迷いますな??

        • M-KEY
        • 2019年 5月 18日

        約半段違いは、ULTRON 21mm F1.8との比較で混同しました。
        シグマ20mmF1.4DG HMSも含め,このクラスの選択肢が多くなりましたね。

    • 匿名
    • 2019年 5月 18日

    とっても良いんだけど、やっぱり10万超えはなあ・・。

    • 匿名
    • 2019年 5月 20日

    ライカより枚数かけてるけど、コストの安い硝材使うために妥協したのか、それとも真正面からぶん殴りに行った結果なのかどっちだろう?
    フローティングついてるとなると距離計連動は難易度上がるだろうから、VMは期待薄かなあ(コシナって傾斜カムのレンズ出してたっけ?)。

      • 匿名
      • 2019年 5月 20日

      >フローティングついてるとなると距離計連動は難易度上がるだろうから、

      なぜ?特段難易度が上がるとは思えないが…

        • 匿名
        • 2019年 5月 20日

        フローティングだとフォーカスカムの動きが繰り出し量ではなくフォーカスリングと連動させる必要があり構造が複雑になる。

コメントは利用できません。

カメラグランプリ2019大賞は「パナソニックLUMIX S1R」(デジカメWatch)

カールツァイス、大口径MF単焦点レンズ「Otus 1.4/100」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ