スポンサーリンク

ロモグラフィー初のフルサイズミラーレス用レンズ「Petzval 55mm f/1.7 MK II」(デジカメWatch)

(新製品)レンズ
(新製品)レンズ
スポンサーリンク

3タイプの鏡筒素材 一般的な虹彩絞りを採用

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    面白いレンズだと思うけどコメントがつかないね

    • 匿名 より:

      ここの人たちはレンズの個性より、ブランドやカタログデータや世間の評価を重視してるからね。
      あとはメチャ高いというのもある。
      グルグルボケならオールドレンズやシネマレンズを自分で探して遊ぶ方が安価でマニアックかも知れません。

      • 匿名 より:

        私に対する当てつけはやめて下さい。偽物に迷惑しているのはこっちの方なんですよ。

      • ken より:

        いや~!僕では使いこなせないわ!
        また、こればっかり使ってたら作風が偏っちゃいそうだし。
        そうならないようにセーブしてると結局、使わなくなりそう。。。
        面白そうなんですが。。。

        • 匿名 より:

          >作風

          wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    • 匿名 より:

      ここの人たちはPCの等倍で見ることが写真の基本なので、このレンズは彼らにとってはダメなレンズなのだろうと思う。

  2. M-KEY より:

    最初に復刻された「Lomography x Zenit New Petzval Art Lens」
    よりも一万円以上も安く、しかも使い勝手は良さそうです。
    とは言え使いどころが難しいですね。
    こういうレンズこそレンタルで利用したいです。

  3. 匿名 より:

    解像やら収差ばかり見ている客層とは
    また違う客層がターゲットだろう。

    • 匿名 より:

      また負け惜しみですね。やはり純正レンズが一番ですよ。

  4. 匿名 より:

    ここまであからさまにグルグルボケるレンズは初めて見たなあ。
    レンズベビーみたいな製品だね。
    通常の絞りがついたのは画期的かも。

    • nroff より:

      Amazonで3000円くらいのcctvレンズを買って(イメージサークルの関係で)マイクロフォーサーズにつけるとこんな描写ですよ。

タイトルとURLをコピーしました