スポンサーリンク

コンゴウヤマノボレ(その1)(デジカメWatch)

ネタ記事
ネタ記事
スポンサーリンク

【カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch】
by 飯田ともき

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 雇われ息子 より:

    私が初めて入ったアウトドア用品専門店は、スタッフがしっかりしていて
    「どこの山ですか?」「そこ以外にも登りたいところはありますか?」など
    かなりしつこいぐらい会話する羽目になったが、予算内で履きやすい靴を
    勧めてくれた。
    さらに仕事でデジイチを持って登ることも伝えたら
    「できれば両手はフリーの方がいいけど、撮らないといけないのなら
    最低でも片手はフリーで、撮らない時はなるべくザックにしまうか
    カメラを固定できるハーネスをつけた方がいい」とアドバイスも。
    ハーネスは買わなかったが。
    重いカメラを持って歩くときの歩き方まで教わった。
    おかげで比較的ラクに撮影しながら登ることができた。

    ガチな登山同行の撮影の仕事はそれ一回のみで、
    年数回近所の山をお散歩する程度だけど、今もそのときの靴を履いてる。
    ちなみにそのお店は、2年ほど前に閉店した。

    Amazonはよく使うが、プライム会員には入ってない。

    • 匿名 より:

      ここはブログを書くところだった?

      • 雇われ息子 より:

        たしかに一昔前のブログの文章だ・・・

        呑まないとダメだな。

  2. M-KEY より:

    山に限らず、写真撮影に「靴」の選択は、カメラと同じかそれ以上に重要だと考えています。
    私のいる地域にはモンベルの直営店があり、店員と懇意にしているので、
    あまり遠慮しないで靴やウェアを試着して選ぶことが可能です。
    10年くらい前はモンベルでMERRELLを売っていて、気に入って以後はMERRELL中心です。
    今はモンベルでMERRELLは扱っていないので、同じサイズを近所の実店舗で買いますが
    店頭にない場合はAmazonを利用しています。
    新しいモデルは同じサイズでも足へのアタリが違うので、届いてから「失敗した」と
    感じることが何度かありましたが、プライムワードローブを使えば、そういったことを
    防ぐことができるので、今後は使って見たいと思います。

    • 匿名 より:

      メレル以前は豆だらけになって靴を育てる必要があったからなぁ

タイトルとURLをコピーしました