スポンサーリンク

藤森幹二さん・野口智弘さん(元リコー商品企画)(デジカメWatch)

リコー
リコー レポート
スポンサーリンク

【写真業界 温故知新:第3回】
カメラの商品企画とは
ユーノス・ロードスターみたいなカメラ
デジタル化への挑戦と”アナログGRシリーズの頑張り”
ノリで作ったGR21
GRもデジタルに
GRデジタルの記念イベント
ユニット交換式カメラ「GXR」について
10年続いた「GR BLOG」
そして「GR III」へ
一眼レフXR-Pについて
これからのリコーのカメラに思うこと
by 豊田慶記

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    GRはしばらく安泰のようだがペンタがヤバイ

  2. 匿名 より:

    そっか、もしR-1、GR-1が成功してなかったら
    リコーは今カメラを作ってなかったかもしれないね。
    ペンタックスも行き場をなくしていたかもしれない。
    面白い記事でした。

  3. 匿名 より:

    GXRをすぐに放棄したのにはがっかりした。あの頃から体力がなくなってきていたんだろうな。

    • 匿名 より:

      GXRは元々無理筋だった。
      GRと共通イメージの1型ズームのGXの方がいい。
      でもQと融合すると面白い展開になっていたかも?
      今こそGR21デジタルが必要だと思う。

      • M-KEY より:

        私はGX100を使っていて、代替しようとしてもGX200の後継が出ないので
        RX100を買ったのですが、同時期に1型センサーで24-70mm相当のGXが出ていたら
        そっちの方を買っていたかもしれません。
        今のGRIIIにEVFと16mm相当のレンズが付いたら欲しいです。

  4. 匿名 より:

    当時の高級コンパクトに漂う成金っぽさが
    嫌いだったんだけど、GR-1は違ってたな。
    思わず衝動買いしてしまった。
    雪の降る日だったな(笑)
    そんなのはそれ一度きり。
    いまのGRも悪くないが、そこまで惹かれない・・・

タイトルとURLをコピーしました