スポンサーリンク

Lマウントフルサイズ機の新旧外観比較――ライカSL2とライカSL(デジカメWatch)

(レビュー)カメラ
(レビュー)カメラライカ
スポンサーリンク

【写真で見る】
by 鈴木誠@デジカメWatch

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    外観はあまり変わっていないんだよね。イメージセンサーが高画素になり、5軸ボディー内手ブレ補正が入り、EVFが高精細になっただけ。連写性能は低下したし。

    • nroff より:

      > 外観はあまり変わっていない

      エプロンの有無だけで印象が全然違うのに驚いています。
      あるほうが、「カメラっぽく」見える。

      • M-KEY より:

        そうですね、エプロン部は大事だと思います。
        ライカM4では整備上の理由からエプロン部を廃したものの
        やはり「佇まい」はエプロン部のあるM3の方が優れています。
        フジのXーT一桁機にはエプロン部がないのですが、
        二桁機にはありスタイルとしては二桁機の方が締まって見えます。

      • 匿名 より:

        エプロンってマウント周りのことね。なるほど。
        真っ黒だから最初どこのことかと思った。
        今まであまり気にしてなかったけど、
        フジの X-T100に感じる微かな違和感はそれか?!

タイトルとURLをコピーしました