スポンサーリンク

Lightroomでの作業を効率良く カスタマイズ性の高いコントローラー――TourBox(デジカメWatch)

レビュー(その他)
レビュー(その他)
スポンサーリンク

【新製品レビュー】
本体は小型
by 武石修

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    世の中便利になっているのか不便になっているのかよくわからん

    • 匿名 より:

      覚えるのがめんどくさいと思ったら、それは不便。

    • 匿名 より:

      覚えるのがめんどくさいと思ったら、それは老化。

    • 匿名 より:

      蛇足なコメントだとは思いますが、
      便利にするための追加オプションなので
      無理に使わなくてもいいんですよ

      • 匿名 より:

        どこらへんがどう便利だと思います?

        • 匿名 より:

          実際に使ったわけではないのでアテが外れてるかもしれませんが

          記事中の一文節そのまんまですが、
          やたらと小さいLRのスライダーをマウスで操作する必要が無い
          カーソルを重ねた時点で選択状態になり、この箱の各種UIで操作できる
          という点だけでも便利そうだと思いますね
          細かい点では、
          これらは全て回転させることで相対的にパラメータを変更できるタイプなので、
          上記のように「小さいスライダー」を不用意にドラッグした結果、望むのとは全く違う値になって微調整に苦労することも少なそうです

          っていうか
          LRはスライダーもさることながら、
          上下左右の項目表示をon/offするための「画面の端をクリック」の操作が嫌いです
          特に右の画像編集まわりの操作が集まっているエリアは、操作する頻度も高く、スクロールさせることも多いのに、
          スクロールバーの真横にこの「表示非表示切り替え」のボタンがあるために意図せず押して切り替えてしまう(しかも妙にレスポンスが悪い)

  2. 匿名 より:

    「コンセプトを想像するに、Loupedeckがある程度「こう使いなさい」というイメージなのに対してLoupedeckは「どうぞご自由に」という感じだ。」

    両方Loupedeckなんだが。。。

    • M-KEY より:

      Loupedeckを導入しましたが、操作部の数が多くブラインド操作ができず、
      思ったほどの効率化は得られず、というか8ボタンのトラックボールよりも
      生産性が低いのが現状です。
      慣れると少しはマシ?と思っていますが、結局はキーボードやポンインティングデパイスを
      併用する必要があり、机の上が狭くなって、腕の稼働範囲も大きくなりました。
      私には、LoupedeckよりもTourBoxの方が向いているかもしれません。

      • 雇われ息子@今年の成人の日は閉店日 より:

        Loupedeck使ってますが、半分ほどの機能しか使いこなせてないです。
        設定次第なのでしょうけど、かゆいところに手が届いたら
        別のむず痒いところが出てきた感じです。

      • 匿名 より:

        テレビ局みたいにリアルタイムで素早く大量に定型の編集(分業で流れ作業的に)が必要な環境なら専用コントローラーは有効だと思うけど個人の場合全ての作業をこなすか必要があるので結局キーボードやテンキーがないと作業を完結する事ができずコントローラーは貴重な机の上のスペースを浪費するだけの長物になる場合が多い。

  3. nroff より:

    KORGのUSB接続のMIDIコントローラー(4000円くらい)とフリーのプラグインの組み合わせで、
    Loupedeckもどきになる、という裏技を以前教えていただきました。

タイトルとURLをコピーしました