スポンサーリンク

富士フイルム、レンズ・ボディを刷新した第5世代「X100V」(デジカメWatch)

富士フイルム
富士フイルム新製品(コンパクト機)
スポンサーリンク

トップ・ボトムカバーにアルミを採用 X-Pro3、X-T3とならぶ撮影性能に

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    鈴木達朗ってカメラマンを紹介したYouTubeのプロモーション酷かったねぇ。あれがフジのオフィシャルだなんて信じられない。と思ってたら案の定動画消えてた。まぁそうだろうね。

  2. 匿名 より:

    広告記事ですね。ナイーブな皆さん 騒ぎ立てないように!

    • 匿名 より:

      おうおうw

    • 匿名 より:

      サイバー広告パトロールの者です。
      あなたの心をタイホします。(キリッ

  3. 匿名 より:

    そういえば富士のXシリーズにあらざればカメラにあらず….と騒ぎ立てていたアザラシカメラマンはどこに行ったんだ?w

    • 匿名 より:

      アザラシ・・・サンダー平山さんですか?

      • 匿名 より:

        サンダー平山の時代に富士のXシリーズデジカメは影も形もなかったよw

    • 匿名 より:

      いまはソニーに行ったんだっけ?

      • 匿名 より:

        あれま。某氏なら「裏切り者!」と叫ぶところだね(笑)

    • 匿名 より:

      小原怜というゾウアザラシと同じ様なボディ形状のオッサンでしょ。

  4. ニコーン好き より:

    フジのX100も 初代は評価が低かった(AFが駄目)のにコツコツ改良して、認知度が上がってきましたね。
    ニコンのクールピクスAはちょっと売れ行きが期待どおりでなかっただけで、次も出さずにディスコン。

    頑張る体質のフジとすぐ放り投げてしまう体質のニコン。
    それが結果的に、上向きビジネスのフジと下降中のニコンになってしまいました。

    とても残念です。

    • 匿名 より:

      coolpix AはGRとコンセプト丸被せ(発売は同時期だけどAPS-C GRの発表は予想されてた)な点でニコンの企画力の残念ぶりが露見してしまった

      • 匿名 より:

        コンセプトがかぶっていたとは言え、性能面で劣っていたわけではない。GRが小型というメリットを打ち出したが、沈胴式のレンズは故障の可能性も高いしゴミも吸いやすい。
        必ずしもクールピクスAの評価が悪かったわけではない。
        リコーがGRをじっくり腰を据えて売り続けたのに対して、ニコン社員に情熱がたりなかっただけ。
        当時はニコン好きという疫病神も居なかったのに。。。
        結局当時デジタル一眼レフが売れていたので、それにあぐらをかいてクールピクスAを売る企業努力が足りなかったということなんだろうな。

      • 匿名 より:

        GRはフィルム時代からのブランドやイメージ作りが出来ていましたからね。
        そういえばニコンもフィルム時代から高級コンパクトを出していましたが、
        他の高級コンパクト機のようにブランド化というか話題性をつかむことができませんでした。
        GRでもコンタックスでもTC-1でも“レンズ性能がいい”ということで売れましたが、
        ニコンの場合はあまり聞かれなかったですね。

  5. 匿名 より:

    そういえば最近のカメラ、マーク2とかマーク3なんてのが付くのが多い。
    X100も後にSとかTとかアルファベット入れてシリーズ化してる。
    でもニコンってそれ、無いね。
    高級コンパクトにしてもアクションカメラにしても
    根気がないというか、一発出して終わり、
    切り捨てるのが早いね。

    • 匿名 より:

      昔はF801S、F90S、F401S、D3S、D300SみたくS付きだった。
      最近は微妙に数字を増やしてる。

    • 匿名 より:

      ニコン1はJ1からJ5まで続きましたよ。
      ニコンにしては根気が続いたほうじゃないですか?

    • 匿名 より:

      好意的にみれば余所の真似はしないというニコンの矜恃なんだろうけど、突然桁が変わったり、数字の増え方に一貫性が無かったりとZの命名を見ても計画性の無さは今も健在な気がする。

    • 匿名 より:

      APS-CのZシリーズは どうやらZ50単発で終わりそうだね。
      レンズも暗いものが2本だけ。ニコン1と似た展開…(-_-;)

      • 匿名 より:

        APSどころかフルサイズも次があるかどうか怪しい

    • 匿名 より:

      >高級コンパクトにしてもアクションカメラにしても
      >根気がないというか、一発出して終わり、

      ニコンはデジタル一眼レフ以外は、失敗作が多いってことだよね。

      • 匿名 より:

        なんちゃらミッションは失敗作だけど、クールピクスAはカメラとしては失敗作とまでは言えないと思う。
        ニコンの社員に「一眼レフ以外のカメラへの理解がない」ことが一番の原因だったと思う。
        社内で一眼レフ以外のカメラを見下す風潮があるのではないか?

        • M-KEY より:

          クールピクスAは、その動作にニコンらしさがなく、下級機と、カメラとしてのデキは悪くはなく、一代限りで終わった事が失敗だと思います。

          • M-KEY より:

            訂正
            (下級機と)区別のつかない外観
            が抜けていました。

        • 匿名 より:

          クールピクスAといえば、同時発売のOVFが性能良くて外観もきれいで担当者の気合を感じる。愛用してる(ファインダーだけ)。
          一眼レフでも、Dfなんかは作りっぱだったな。そもそも、シャッターにしろファインダーにしろ一番いい部品を使わせてもらえなかったみたいなのが印象に残る。
          どうも誰かの顔色をうかがって売るものを決めてる感があるのは俺だけか?

          • 匿名 より:

            あの外付けファイダーはコシナ製OEMと言われていたが…まさかニコンで数が出ないあんなものを設計し内製するわけはないだろうと。
            Dfは外装、撮像素子とローパスフィルター以外はD600と言われてたね。

          • 匿名 より:

            OEMかもしれんが少なくともあの光学系は他で見ないからね。外装ももちろん。
            なんか変なこと言った?

タイトルとURLをコピーしました