スポンサーリンク

超大口径の世界観を堪能できる最新中望遠レンズ――LEICA SUMMILUX-M F1.5/90mm ASPH.(デジカメWatch)

ライカ
ライカ レビュー(レンズ)
スポンサーリンク

【ライカレンズの美学】
by 河田一規

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    キヤノンの85ミリF1.2の方がもっと大口径なんじゃないでしょうか?(笑)
    いや それよりニコンの105ミリF1.4の方が…

    • ニコン好き【bot】 より:

      そのホテルなんだが
      福岡の博多に居るとき体調を壊して
      自宅に帰っちゃいました。

      • 匿名 より:

        コロナウイルス並みのニコン好きウイルス感染で「bot」患者が大勢出現しております!

        • ニコン好き【bot】 より:

          私には、兄弟は居ません。一人っ子です。

    • 匿名 より:

      私もそう思います。
      90mmのF1.5が超が付くほどの大口径なのかなあと思います。
      でも、価格は超が付くほどの大価格。

  2. 匿名 より:

    レンジファインダーは遠距離になるほどピントが甘くなるので望遠仕方ないよ

    • 匿名 より:

      そうか、なるほど。
      レンジファインダー機としては大口径なんですね。

タイトルとURLをコピーしました