スポンサーリンク

まとめ。一眼レフは消えるのか?(デジカメWatch)

レポート
レポート
スポンサーリンク

【ミラーレスカメラ・テクノロジー(最終回)】
技術の進歩は非情
合理性では割り切れない面も
カメラではどうか?
ファインダー、シャッター
では、どうなるか?
by 豊田堅二

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. ニコン好き【bot】 より:

    私なんか
D800EーD810ーD850
結構ポンポン買い換えてますが

    • ニコン好き より:

      ニコンZ7を買ってからは、
      ほぼニコンZ7ばっかし使ってる。
      一眼レフは、ほぼ使わなくなったね。
      サブ機で1型コンデジを時々使う。

      • ニコン好き【bot】 より:

        ほんと言うと一番出番が多いのは、
        ソニーDSC-RX100M3なんです。
        今年の春、そして3年前のヨーロッパ旅行に持って行きました。

    • 匿名 より:

      消える一眼レフの象徴としてニコンの写真が載ってるのは悲しいですね。

      • 匿名 より:

        なにせニコンが好きな人ですらニコンの一眼レフは買わないくらいですから。

        • ニコン好き より:

          念のため言うと
          ニコンD 850を持ってるよ。
          良いカメラだね。

          • 匿名 より:

            良かろうが悪かろうが使わなければどうと言う事はない。自宅ニコン博物館作るなら知らんが。

          • ニコン好き より:

            ニコンD850は、私が買う最後の一眼レフくらいの気持ちで買った。
            ただ本当に最後かどうかは、
            何年か後ニコンD850が修理終了後に返事するよ。

          • 匿名 より:

            まぁ言うほどニコンが好きな訳じゃないだろうしね。

  2. 匿名 より:

    そういえば、ペンタが「APS-Cのハイエンドを出す」といってたのはどうなった?

    • ニコン好き【bot】 より:

      で?あなたは、カードを持ってるの?飛行機に搭乗したの?最新のカメラを買ったの?

  3. 匿名 より:

    こういうコラムは廃れゆく旧来の技術にたいして
    おセンチなポエムを諳んじれば形式は整うし、
    このコラムでも特段それ以外に踏み込んでいるところはない
    カメラ業界がどんな体質かももうわかってるので
    いまさら過剰な期待もないし

    ただし、一眼レフが旧来の技術入りすることを書くんだから
    フィルムから撮像素子に代わったことで
    鉄道のような光路のポイント切替は不要になるってことを
    明記しなきゃ意味ないし、
    『光学的なファインダーでは、撮影者が被写体と
    同じ空間と時間を共有できる。』とあるが、
    シャッターが降りてる瞬間はブラックアウトして
    じつは隔絶されるし、一眼レフを採用するかぎり
    レンズを撮像面から距離をとるように設計しなきゃならんとか、
    ブラックアウト中に露出やAFのデータが途切れてしまうのも
    ここまで電子制御が進歩すると足枷になるってことも
    ちゃんと書かなきゃ公平じゃないよなと思う

    まあそれも含めて去りゆく技術へのポエムか

    • 匿名 より:

      人間には残像という現象があって、ブラックアウトはほとんど障害にならないんですよ。ファインダ内でアットランダムに激しく動く小さな野鳥を撮る時にはミラーレスは時として致命的になります。間欠的にしか表示されないんで、動く方向を見失うんです。

      まあ、こんなものは世の中のほとんどの撮影対象から見れば0.01%ですら無いでしょうから、一眼レフの優位性としては些細な特長です。

      • 匿名 より:

        『同じ空間と時間を共有できる』というポエムに陶酔しても
        実は肝心の撮影の瞬間に断絶されてるという
        自慰行為のウソを暴いてるだけで、
        実用上の話はしてないよ

        あと、
        残像でなんとなく補完されてる間はコマ落ちしてるのと同じだし
        残像残像いうならEVFのコマ間にだって残像は起きてるわな
        残像を起してるのは機械でなく人体の問題なんだから

      • 匿名 より:

        EVFが進化するとその手の対象をAIで検知して強調表示とかも出来ちゃうぞ。
        挙句プリキャプチャーって手があったりするので、水に飛び込むカワセミとかは得意だったりもする。

  4. 匿名 より:

    ミラーレスの隆興で下降線なのは確かだけど、まだ一眼レフの新製品は出てくるし、実質レフ専業で続けるペンタックスもやめるなんて言っていない訳で、このネタを出すのはまだ早いんじゃないですかね。

    • M-KEY より:

      レンジファインダー機は,ほぼ絶滅して実質ライカのみという時代が長かったのですが、
      一眼レフの方が快適に撮れる被写体が一定数あるので、ペンタックス、キヤノン、ニコンの
      3ブランドが当面は残ると予想します。
      でも、エントリークラスはフェードアウトしていくでしょうね。

      • ニコン好き より:

        ニコンのHP見たら
        ニコンD750ニコンD610がフェードアウトしてますね。

        • 匿名 より:

          既にカタログ落ちしてるならフェードアウトとは言わない。
          ズバッと旧製品入りだ。

    • 匿名 より:

      早いというか時期的に中途半端ですかね
      早めのタイミングなら終わりの始まりとして
      ニコンとキャノンがフルサイズミラーレスに
      参入したタイミングでもよかったですし
      これからどこかのメーカーが一眼レフ関連の
      事業を縮小しますとか出れば、そのときに
      合わせていずれやってもいいわけで

      • ken より:

        【早いというか時期的に中途半端ですかね】
        まあ豊田さんの連載が終わるというタイミングですから。

        豊田さんの新しいコラムを楽しみにしています。

  5. 匿名 より:

    5DmkVは世に出ることなく終わるのかな

  6. 匿名 より:

    この1~3月は各社業績酷いし、一眼レフどころかメーカー消える可能性も高いのでは?
    オリンピックがもしなくなればキャノン、ニコンは大ダメージでしょう
    ソニーやパナも他人事じゃないだろうし業際再編は進むと思う

  7. 匿名 より:

    最近格安でD610を買ったものです。そんなに大きくなく、一定の塊感があってこれはこれで良いけど。。

    一眼レフが廃れるというよりも、ミラーレス云々の前にデジタルになった時点でもう一眼レフの良さが廃れているけどね。
    AF前提のためファインダーの明るさや大きさにこだわってないし、レンズ含めデジタルになってからAFズーム中心で持ち歩けないぐらいブクブクと全体が肥大化している。
    シャッター音やサイズ含め、よく言われるFM2ぐらいのデジタル版だったら喜んで買うんだけどな。
    MFで合わせるのが楽しいクリアなファインダー、手頃なサイズ感とソリッドでメカニカルなフィーリング。

    ライカはデジタルになってもむしろ往年のスタイルにできるだけ近づけようとしているよね。
    そしてレンジファインダー機構を持つ唯一無二の存在となっている。
    ニコンこそ銀塩の頃の一眼レフスタイルを残すべきなんだけどな。ペンタックスでも良いけど。dfはダメね。

    • 匿名 より:

      EVFでは本当に外観だけというものになっちゃうけど、Dfはミラーレスでやればあのメタボ感も無くなるのではないかと思ってたのですが、Zでは大口径マウントを採用してしまったので、どちらにしてもあれでFE、FM風に似せた銀塩一眼レフスタイルにするのは難しそうですね。
      ・・・というかニコン自体にもうあのようなお遊び要素の派生機種を出す体力は失われつつあるように思うので期待薄ですね。

    • 匿名 より:

      >シャッター音やサイズ含め、よく言われるFM2ぐらいのデジタル版

      フジのX-Tシリーズのサイズがコンタックスのアリアと近く、ソニーのαはF3とかF-1のサイズ感に近いと感じます。
      もうEVFに完全移行してしまったので、クリアな光学ファインダーが懐かしくなると銀塩MF機を引っ張り出してきてガス抜きしてます。

      • 匿名 より:

        やはりフジかな。でもAPS-Cというのがどうしても引っかかるんだよね。
        それとシャッター押した時の質感、そしてやはりファインダー。
        どうしても本物としての満足感がない。

        ソニーもね。昔は標準で考えられていた50mm f1.4のサイズと来たら。あり得ないサイズと値段。
        写りが良いのはわかるんだけど。一体こういうのは進化と言えるのだろうか。

  8. 匿名 より:

    以前から、「○○は無くなるの?、いえ、無くなりません」という○○は、結構な頻度で無くなったように思うのですが。

    ポータブルビデオ撮影機が出てきた時の8ミリフィルムカメラの場合、雑誌の解説によれば「8ミリフィルムは切って簡単に編集ができるが、ビデオはできない。よって両者は分野を持って共存していく」でした。

    レコードも一時はほぼ無くなったし(現在一部復活)。

    ミラーレスの技術がどう進歩しても絶対超えられないメリットを一眼レフが持っていれば残ると思いますが、それが何であるかは、今後にミラーレスから入る若い世代が一眼レフをどう感じて判断するかだと思います。

  9. 匿名 より:

    ミラーレスで培った技術を一眼レフに転用すれば
    一眼レフも性能はあげられる!…んだけど、
    レンズは一眼レフ用はミラーレスに使えるが
    その逆は無理なので、ミラーレスに主導権握られると
    一眼レフのレンズ開発にはリソースがいかなくなり
    更新されるのは一眼レフには使えないレンズばかりになる
    そうなるともうジリ貧だわな

    • 匿名 より:

      レンズ的にはもうちょい大丈夫かも。
      一眼レフのデジタル化レンズが巨大化するのは、一眼レフのフランジバックであってもテレセン性確保の為にはあのサイズになる訳で、
      実際ミラーレスにしてもレンズ自体は大差ない感じ(下手すりゃフランジバックの差分間に追加)ですから。

      そっちはEVFというよりもセンサーの進化が必要でしょうね。

      • 匿名 より:

        レンズの大きさでなく、一眼レフで使用可能なレンズが
        技術的アップデートするためのリソースを割かれなくなって
        しまったらそこで進歩が止まり、ミラーレス用レンズの
        進歩に置いていかれるっていう意味の「ジリ貧」なんですけどね

  10. 匿名 より:

    一般顧客向けはほぼ100%ミラーレスに移行するでしょうね。
    その上で、一部職業、ハイアマチュア向けに残るでしょうが、すでに技術的な進歩があまりない状況なので、ラインナップはフルとAPS-C2個くらいに絞られ、開発サイクルも今の倍くらいになるんでないですかね?レンズも新規開発は相当減るでしょう。

    要は今のAマウントαみたいな感じになるかと。
    そのあとなくなるかどうかはメーカーによるかと。おそらく残存者利益はあるでしょうから。

  11. 匿名 より:

    レコードはたしかに絶不調からすこし快復したけど
    しょせんマニア向けなんで主流にはもうなれないし
    全盛期とは潜在的な顧客数が全然違うから
    プレーヤー開発しても少ない客相手に採算取らなきゃ
    ならんぶんだけコスパが悪くなるのが現実なのな
    真空管も珍重されるのはヴィンテージ管で
    新しい技術でどんどん良いものに上書きされる
    というような感じじゃない(ごく一部例外もあるが)

    他ジャンルにならうなら一眼レフの行き着く先も
    そうしたもんだろう

    • 匿名 より:

      レコード:アナログ、フォノイコライザー必要、ランダムアクセス不能

      CDなどのデジタルオーディオとは根本的に違うもの。

      写真でそれを言うなら、レコードに相当するのはフィルム。

      デジカメなら、どれもデジタル写真を生成して鑑賞方法も同じ。

      OVFかEVFかなんてのは枝葉の話さ。

  12. 匿名 より:

    MFTから35ミリフルサイズまで常用している5機種のうち、気がつけば一眼レフはD500だけになっていた。
    高感度が必要でZ6を購入し、ミラーレスならではの使い勝手の良さからD850をZ7に変えたが、これは一寸後悔した。
    D500は今動体専用機になっていて、通常のAPS-CはX-T3だが、流石にD500をT4に変えようとは思わない。
    MFTのはじめからミラーレス機も併用して、長所、短所、進化の度合いも身体で分かっているつもりだが、やはり一眼レフの衰退は寂しいです。

  13. 匿名 より:

    ファインダーで被写体を追いつつけるような撮影では、レフ機はバッテリーをほぼ消費しない。
    この点だけ見ても圧倒的な利点がレフ機にあるので、レフ機は簡単に無くならないと思う。
    どんなにミラーレスが進歩しても、この点だけは追い越せない。
    また、バッテリーが無ければカメラもただの重りになってしまう。

    フィルムからデジタルへの移行には数々のメリットがあったけど、レフ機からミラーレスにはそれほどのメリットは無い。

    なので、以前のデジタル以降期と比べても遙かに緩やか、かつ、一定数のレフ機は必ず残る。

    さらに、ミラーレスの技術を水平移行させることで、同等の撮影素子と画像エンジンを流用できる開発ラインが出来れば、ユーザーはレフ機もミラーレスも楽しめる。一挙両得だな。

    • 匿名 より:

      だから、そういうのは何が何でも一眼レフを存続させたいという
      欲目によって見てるバイアスのかかった世界なわけですよ
      もうミラーレスっていうのは一眼レフと比較してどうこうという
      存在ではないんです

      それそのものが必要とされ、一眼レフと比較して優劣を決める
      ためではなく、ミラーレスという機構のデジカメが進歩するために
      開発がなされるんです
      進歩した技術を一眼レフに流用して部分的に優位に立とうが
      もうどうでもいい相手なんですよ一眼レフは

      まあいずれFM10とF6だけは細々と生産します、みたいなのの
      デジイチ版対応でボランティアみたいに残してはくれるんじゃ
      ないですかね

      • 匿名 より:

        ミラーレスって言葉が自体が、
        一眼レフとの構造比較からきてるじゃん(笑)

        • 匿名 より:

          言葉遊びはしてないですよ?
          なにをトンチンカンな
          カメオタのくせにピントのズレた悪あがきするのが多いなここ
          由来がどうなんてことは実権掌握したらどうでもいいことですよ?
          クルマの派生車種とか、もとのクルマの方が先に廃盤になっても
          人気があれば派生車種だけが生き残るとかザラです
          一眼レフが時代遅れで省みられなくなっても
          ミラーレスにはなんら通用はありません

          • 匿名 より:

            一眼レフという存在がないと説明できないミラーレスという言葉。
            一眼レフと比較対象でない、関係ないというならば、
            自らを自身で説明できる言葉で形式を名乗るべきだね。

            一眼レフ以外のデジカメなんて、基本的にミラー無しなんだから。
            なにがミラーレスなんだか(笑)

          • 匿名 より:

            でももう一眼レフというカメラが存在しないとミラーレスが存在できない訳じゃないから大丈夫

            逆に一眼レフはミラーレスから技術還流されないと存在が危なそう

            共栄までいかなくとも共存は出来るといいね

          • 匿名 より:

            そろそろ独立運動しませんか?
            イチガンの呪縛から抜け出して、新たな世界へ。

            DDVSとかDDC
            デジタルダイレクトビューシステムカメラ

            イチガンカメラとか笑っちゃうし、ソニーあたりに
            うまい呼び方を考案してもらいたいっす。

          • ken より:

            【一眼レフという存在がないと説明できないミラーレスという言葉。】
            もし将来的に一眼レフが存在しなくなったら、ミラーレスという言葉もなくなり
            ミラーレス=デジカメということになったりしてね。

          • M-KEY より:

            新品は「ほぼデジタルカメラ」ですが、いまだに「デジタルカメラ」と呼んでいるように,一眼レフがなくなっても、しばらくは「ミラーレス機」と呼ぶと思います。
            「ボンレスハム」
            「スタッドレスタイヤ」
            「ノンホモ牛乳」etc.

          • 匿名 より:

            まあ言葉なんて語源をたどれば現状から想像もつかなかったなんてものはいくらでもあるからね。
            そこを突いても仕方ないよ。

        • 匿名 より:

          いわゆる一眼詐欺と言われつつ、
          一眼レフの威光を借りたコバンザメ商法だったからね。

          デジカメならミラー&プリズムのある光学式ファインダーの
          一眼レフの方が特殊なんであって、
          それを基準にミラーが無いからミラーレスとか、
          おかしな論理で呼び始めたのが愚の骨頂。

      • 匿名 より:

        ミラーレスは電気自動車
        一眼レフはハイブリッド

        ハイブリッドカーが作れないメーカーは電気自動車に逃げ込むしかない。
        航続距離はもちろん、駆動源を自在に選べる点も含め、
        ハイブリッドカーが優位なのは言うまでもない。
        電気自動車も単純で良いんだが、電池依存が多過ぎて、用途が限られるらな。

        • 匿名 より:

          フィルムから撮像センサーに変わった時点で
          カメラはどう擬態しようが
          未練がましくファインダーだけ光学を残そうが
          アナログからデジタルに変わったんですよ?
          一眼レフはライブビュー表示ができないフィルム依存時代の
          名残りに過ぎません
          電子ファインダーが実用面での問題さえクリアできれば
          随時置き換えられる、その猶予期間だけ存在が許されていたに
          過ぎないんです

          アナログにこだわりたいんならデジイチと言わず、
          フィルムの一眼レフに飽きるまで留まっててください
          デジイチなんて半端者にすぎないんですから

          あと、一眼レフをハイブリッドにたとえたって
          デジイチがガソリンで動くわけじゃないですよw
          デジカメのバッテリーなんて
          予備も含めて実用上支障がなきゃいいんです
          比較してどうこうじゃないです
          いずれ全個体電池がリチウムイオンから置き換わりますから
          ミラーレスで電池交換なく飽きるほど撮れるかもしれませんよ?
          フィルムからメモリーカードになって撮影枚数が
          飛躍的に増えたみたいに

        • 匿名 より:

          あーあと蛇足ですけど、ハイブリッドっていうのは
          内燃機関もついてる電気自動車というより
          内燃機関単独では無理な燃費を達成するために
          補助的に電池とモーターに頼らざるを得なくなった
          内燃機関車のことです
          純粋なエンジン車がいずれ無くなるって言われてるのは
          自動車をとりまく環境基準がエンジンだけで済ますことを
          許してくれなくなるからです
          基本が旧世代なんすよアレは

          そしていまのBEVの欠点と言われてるものも
          結局バッテリーの進歩待ちで解消できるんですよね
          つまりあなたが優位だと思ってることは
          実質たいしたリードでもないうえに、時間の問題で
          消えてしまう程度のことにすぎないわけで
          お気の毒様ですね

        • 匿名 より:

          同感。
          機能限定のミラーレスより、可能性多様性のある一眼レフがいいな。

          絞り優先だけ、シヤッター優先だけ、という時代を経て、
          今ではどちらも当たり前に搭載さるているのだ。

          自ら機能限定で狭く生きる必要はないと思う。

    • 匿名 より:

      デジタル一眼レフもミラーレスもデジタルカメラならデジタル画像を作り出すのは同じ。
      同じ一眼レフでも、フィルムとデジタルでは、フィルム像とデジタル画像で全く違う。

      こう考えると、デジタル一眼とミラーレスの違いなんて、
      ファインダーが違うだけで、アウトプットは同じデジタル画像で同じことに気付く。

      デジタル一眼レフの場合、光学はもちろん電子像(LV)でミラーレス的にも使えるのも事実。
      いかようにも使える万能性を備えることが出来るのは一眼レフの方。
      ミラーレスは電子像をみながらしか撮影できない。この窮屈感をどう感じるかだろうね。

  14. 匿名 より:

    ベータマックス vs VHSなんて言っていましたが、先にベータマックスが市場から消えましたが、結局は家庭用ビデオ自体がレガシーになってしまったように、イチガンレフ vs ミラーレスどころかコンシューマーデジタルカメラそのものがスマホに駆逐されそうです。

    • 匿名 より:

      大きな括りでいえば、レンズ交換式カメラですもんね。
      ミラーレスもイチガンも。
      アウトプットも同じデジタル画像や動画。

      個人的には、昔のように1年くらい電池を気にしなくても良いカメラが欲しいです。
      常に充電のことを気にするのが苦なもので。。。

  15. 匿名 より:

    光学ファインダーはむしろ機械式時計のようにこだわった贅沢品じゃないかな。
    クオーツや電波時計の方が便利だけどみたいな。
    ニコン、キヤノン、ペンタックスには光学ファインダーにこだわってほしいね。

    • 匿名 より:

      光学ファインダーを省略したミラーレスに比べ、手間のかかる一眼レフは贅沢品だと感じるかな、私的には。

      贅沢=無駄、という見方をするなら実用品としてはミラーレスなんだと思う。

      • 匿名 より:

        こういう意見が出る事自体、時代はもうミラーレスへのスイッチがかなり進行してる証拠かと思います。
        メーカーはシステムの維持にもコストがかかるので大変でしょうが、一眼レフという選択肢がなるべく長く存続することを切に願います。

        • 匿名 より:

          もともとデジカメはミラーレス構造のコンデジから始まってるんだけどね。

          • M-KEY より:

            カメラも「ミラーレス」から始まり、正確なファインダー像追及の結果が一眼レフです。

    • 匿名 より:

      最近は一部のメーカーファンですら、そのメーカーの一眼レフには愛想が尽きたらしい。

      • 匿名 より:

        味気ないミラーレスでは、もっと早く愛想が尽きると思うなぁ。
        撮らなくてもファインダー覗いて楽しめる一眼レフは、趣味の道具としては最高だと思う。

タイトルとURLをコピーしました