スポンサーリンク

カメラはおしゃれアイテムである(デジカメWatch)

ネタ記事
ネタ記事
スポンサーリンク

【カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch】
by 飯田ともき

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    私の家にも10年以上前のイルフォードの8×10、100枚セットが手つかずで一箱あります。
    あとブローニーフィルムがカラーポジとモノクロ合わせて10本以上。
    これ売れると思います?

    • 雇われ息子 より:

      印画紙だったら光が当たらなければ相当保存効きますよ。
      25年前の勤め先で、その時点で30年前のオリエンタルの
      温黒調印画紙が普通に使えてました。
      感度が低いからでしょうか、印画紙は。
      モノクロフィルムは、ヤフオクで値段つくと思います。
      安いでしょうけど。カラーはちょっと微妙?

      • 匿名 より:

        ありがとうございます。
        そうですか、ちゃんと保管できていれば使えるのですね。
        ただ、保管が完璧かと言われると自信ないですね。
        せっかく売れても落札者さんをがっかりさせてしまうのも気が引けますよね。
        悩みどころだなあ。

  2. ken より:

    ちゃんと暗室で真っ白いことを確認したと信じたい。

    • 匿名 より:

      暗室じゃ不十分だ。明るい場所じゃないと!(笑)

      • 雇われ息子 より:

        大阪のカメラ屋さんのツイッターで、
        「写ってるかどうか確認するために撮影後に裏蓋開けたって、あー!」
        みたいなこと書いてたよ。

    • 匿名 より:

      印画紙、明るいところに放置しとくと
      紫色になってましたね(笑)

  3. 匿名 より:

    フィルム全盛期時代の雑誌もカメラの記事ばかりでフィルムや印画紙の特集はあっさりしていた記憶です。
    現代もカメラには小煩くてもそれを見るディスプレイのクオリティとか、カラマネだのプロファイルの話になると無頓着な人が多いのと同じかな?
    先日も友人が素の状態で真っ青なままのノートPCのモニターで「発色が見たまんまでイイねぇ、いい肌色が出たよ」とか言ってるのを見て唖然としてしまった。

  4. 匿名 より:

    プリンターの写真用紙、明るいところで開けられるのが画期的だった

  5. 匿名 より:

    映画用の長巻カットはカラーネガだとプロセスの違いで現像事故起こすので最近問題になってたような。
    白黒なら問題ないだろうし、カラーネガでも自家現像なら自己責任だろうけど。

タイトルとURLをコピーしました