スポンサーリンク

テレワークよりアポワーク(その1)(デジカメWatch)

ネタ記事
ネタ記事
スポンサーリンク
カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch:テレワークよりアポワーク(その1)
これまでのお話

【カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch】
by 飯田ともき

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    アポと出て来るのはアポクロマートの略なわけだが、一般撮影用写真レンズは1970年代からカラーフィルムの普及に伴い基本的にアポクロマートより収差補正が上位のアナスチグマート規格なんだよな。
    ただ、一般撮影用写真レンズのアナスチグマートの規格は許容誤差が結構大きいから、望遠系レンズと焦点距離的に比較しやすい天体望遠鏡と比べると開放F値の差はあるけども、下手するとアポクロマートですらないスーパーアクロマートにも像面湾曲以外の残存収差と解像は負けている。だから、天体望遠鏡のEDアポクロマートやFLアポクロマートと比較されたら、アナスチグマート設計の筈なのに残存収差と解像は全く及ばないということになってしまう。
    ライカ当たりがアポズミクロンなんて商品名をつけるから誤解の元。アナスチグマート規格なのに収差補正上は下位グレードのアポとはこれ如何にということ。望遠鏡や顕微鏡のアポクロマートを意識したネーミングなんだろうけど。

  2. 匿名 より:

    写真用レンズの基準は天体望遠鏡より甘い

    • 匿名 より:

      天体望遠鏡の場合は、口径別(大口径ほど分解能が高い)にどの重星が分離できるかというのが、あちこちで公表されているから、例えばおおぐま座ζは口径60mmの天体望遠鏡で分離できるものとされているが、それが分離できないくらい残存収差が大きいとトイグレードの望遠鏡とされてしまう。だから、まともな望遠鏡の場合、一応口径別の基本的な分解能を確保できるくらい残存収差が少ない様に検査・調整されているから、アポクロマートでないアクロマート水準(F値12~15と暗いけど)でも一般写真用のレンズより、像面湾曲以外の残存収差は少なかったりする。

  3. 匿名 より:

    天体望遠鏡マニアってマウンティングしたがる人たちのことだったのか。

    • 匿名 より:

      長文は読まないから無いのと同じ

      • 匿名 より:

        短い分でもそもそも基礎的なことがわかってないから、読めないんだろ。文盲にはどんな文も読めないのとおなじ。

        • 匿名 より:

          Ninja320とTOA130持ってますが何か?

          • 匿名 より:

            車系のサイトで良くいる、俺フェラーリ乗りとかポルシェ乗りとか書いてくるエアユーザーの同類。
            ネイチャーショップKYOEIのサイト見て目に着いた製品を書き連ねているのが見え見え。

  4. 匿名 より:

    頼んでもいないのに長々とうんちく自慢するやつって時々居るな。鬱陶しいので自分は近づかないことにしている(笑)

    • 匿名 より:

      自ら近づているからお前自身が書き込んでいるんだろ。自己矛盾と言う熟語を知らんのか。

      • 匿名 より:

        思ったようにマウンティングできなくて発狂しちゃった。
        ニコン好きとは別の意味で頭おかしいのが沸いたな。

        • 匿名 より:

          定性的なことしか書けないアホ。お前が単なる無知というだけ。
          そもそもお前さんが興味を持つ(理解が出来る)様なトピックでもないのだが。

  5. 匿名 より:

    確かに、つい引き込まれ読んでしまうような文章力のあるコメントでないなら、長文は読むのを途中で止めてしまうな。
    こういう場所では要点をシンプルにまとめて欲しい。

    • 匿名 より:

      不特定多数が見るような場所において、難解な事を簡潔に分かりやすく書けるのも才能だと思います。
      知識があるなら長ったらしくて専門用語連発の学術書的文章の方がある意味においては簡単だろうから。

タイトルとURLをコピーしました