スポンサーリンク

EOS Webcam Utility Betaで高品質なWeb会議システムをつくってみよう(デジカメWatch)

キヤノン
キヤノン ノウハウ レポート
スポンサーリンク
特別企画:EOS Webcam Utility Betaで高品質なWeb会議システムをつくってみよう レンズ選びのポイント、ライティングを楽しむヒントも
前回はキヤノンの一眼レフカメラや、ミラーレスカメラをパソコンと接続するだけでWebカメラとして使用できる「EOS Webcam Utility Beta」の導入方法や基本的な使い方を紹介した。

【特別企画】
レンズ選びのポイント、ライティングを楽しむヒントも
by 中原一雄

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    こういうAPS-C以上のセンサーのカメラでWeb会議っていう奴、本当にWeb会議で使っているのか?フォーカスブリージングだって静止画画質優先で内焦方式のレンズで出やすいし。4KモニターでWeb会議やって企業何て極めて少数だぞ。精々がFHDのモニターでしょ。200慢画素程度の解像度で見るんだから1/1.7以上のセンサーサイズのコンデジで十分だし、顔の角度を変えただけでピントが外れてレンズのフォーカス動作が頻繁に入ることもない。4Kモニターでも1インチコンデジで十分だよ。4Kたって800慢画素でしかないから。それと、受け手側の環境考えないで大容量の通信データ送ったって相手の方の回線容量圧迫して迷惑をかける。現実での使用を考えた紹介をしないとミスリードにしかならない。

  2. 匿名 より:

    PCやスマホのインカメラで問題ないと思います。

  3. 匿名 より:

    iVcamとかでどうよ。
    スマホやタブレット内蔵のカメラをPCのウェブカメラにできる

タイトルとURLをコピーしました