スポンサーリンク

ニコン、同社一眼レフ/ミラーレスのWebカメラ化について解説(デジカメWatch)

サポート
サポート ニコン
スポンサーリンク
ニコン、同社一眼レフ/ミラーレスのWebカメラ化について解説 Windows向け 社外の汎用ソフト「SparkoCam」経由で
ニコンイメージングジャパンは6月21日、同社カメラをオンラインミーティング用のWebカメラとして使う方法をYouTube動画で公開した。

Windows向け 社外の汎用ソフト「SparkoCam」経由で
by 鈴木誠@デジカメWatch

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    かなり古い機種まで対応してるのは驚きだわ
    まあ使ったらピントが来なくてイライラしそうだけど
    レンズもステッピングモーターのものじゃないとうるさいだろうし

    • 匿名 より:

      ニコンは苦手なソフトの分野では積極的に社外メーカーに積極的にデータ提供して対応して貰う方向に舵を切ってるね。Capture Oneもニコン用の無料版が出たし、有料フル機能版でもピクコンとかレンズ補正データを読み込むようになった。これが出来るのは他にはソニーとフジだけだからね。

  2. 匿名 より:
    • 匿名 より:

      バリアングル、高速ライブビューAFを条件に一番安上がりに用意しようと思ったら、kiss X6iのSTMレンズキットかなあ
      キヤノンの18㎜じゃ画角が狭いのが難点だ
      ニコンだとD5000系でAF-PレンズのキットはなぜかD5300だけなんだよね

  3. 匿名 より:

    ニコンがソフト面で弱いのがまた露呈したね。Capture NX-Dだって、千葉のあの会社に丸投げだし。

    • 匿名 より:

      ソニーだって純正現像ソフトは糞レベルで、Phase Oneに丸投げだろ。動画のVegas Proだって面倒見切れなくなってドイツのMAGIX Softwareという会社に売却しただろ。動画はむしろソニーの本丸なのにさ。まっソニーが手放したおかげでぼったくり価格が解消されてよかったが。

タイトルとURLをコピーしました