スポンサーリンク

富士フイルム「X-T4」に70年代の望遠レンズを付けて早朝猫を撮る!(ASCII.jp)

写真
写真 富士フイルム
スポンサーリンク
富士フイルム「X-T4」に70年代の望遠レンズを付けて早朝猫を撮る!
早起きして近所を散歩すると、猫の遭遇率が高いのです。今回は富士フイルム「X-T4」と70年代の望遠レンズという組み合わせで、早朝猫を狙いました。

【荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”:第667回】
早起きは猫がたくさん撮れて三文の得

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. ニコン好き【bot】 より:

    照明には、知識も経験も無いど素人の私には、
    「猫に小判」に成りそうな気がするが?

  2. 匿名 より:

    > マニュアルフォーカス(MF)で合わせる。猫のように一瞬ですっと動く被写体をMFで
    > 捉えるは難しいのだけど、いやでも昔の人はそれで撮ってたのだよな。すごいわ。

    昔は動き物はスプリットイメージやスプリットマイクロの上下像合致でフォーカスしたからEVFでの拡大よりも早くフォーカス出来た。
    全体的にピントが甘い。本人が言い訳している動く猫にMFが難しいという以外にも、APS-C 2600万画素の狭画素ピッチのX-T4にオールドレンズは解像的に厳しい。フルサイズの2400万~2600万画素の方が向いている。

タイトルとURLをコピーしました