スポンサーリンク

オールマイティに使える20mmスタートのズーム 重量バランスの良さも魅力――Panasonic LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6(デジカメWatch)

(レビュー)カメラ
(レビュー)カメラ シグマ パナソニック レビュー(レンズ)
スポンサーリンク
新製品レビュー:Panasonic LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6(後編:SIGMA fp編) オールマイティに使える20mmスタートのズーム 重量バランスの良さも魅力
パナソニック「LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6」は、Lマウント規格に準拠した35mm判フルサイズセンサー対応の交換レンズである。前回はパナソニックのミラーレス一眼LUMIX S1(DC-S1)との組み合わせで、このレンズの特徴や基本性能を検証した。今回はその後編として、同じくLマウント規格を採用するシグ...

【新製品レビュー(後編:SIGMA fp編)】
SIGMA fpとのマッチングは良好
by 礒村浩一

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    この組み合わせって、すごく面白いんだけど、
    SIGMAの社長さんにしたらちょっと複雑かもね(笑)。
    SIGMAのカメラにPanasonicのレンズを組み合わせる時代が来ましたね。

    • 匿名 より:

      いちばん複雑な思いをしているのはライカかも。
      高級プレミアムブランドの世界感を作り上げるつもりが、そこらへんの普及機メーカーが集まってきてワイワイやってるという。
      どこで読んだかもう分からないけど、3社アライアンスの発表会のとき、ライカの偉い人だけが、終始複雑な表情をしていたとのこと。なのでライカは乗り気ではなかったんじゃないですかね。

      • 匿名 より:

        ライカのデジカメはパナの助力がなければ成立しないので、パナが乗り気ならば従わざるを得ないだろう。ライカには像面位相差AFの技術ないから、なおさらパナが進める空間認識コントラストAFの路線に乗っかるしかない。対シグマについては、ライカはレンズの製造や開発でシグマにサポート受けているから、ライカを支える両輪メーカーの意向に逆らったら、3度目の倒産を迎えることになるだろう。

        • 匿名 より:

          それ、属にいう、弱者連合になってないか?w

          • 匿名 より:

            ライカは大元のエルンスト・ライツ社がスイスの顕微鏡と計測器メーカーに買収された後、しばらくカメラ部門が生殺し状態になった後に、カメラ部門が分社化されてライカカメラになってから、エルメス/ルイ・ヴィトンのLVMHグループの傘下になった時に、ことさらローテクだけど高級品というイメージを更に強調する様にしてたから、そういうカメラに関するブランのイメージが欲しいパナやシグマには、丁度良い客寄せパンダでしょ。あと、パナはマイクロフォーサーズのパナライカレンズは手振れ補正搭載レンズが多いからマイクロフォーサーズマウントのシネカメラの推奨レンズになっていて動画方面でライカのネーミング広げてくれたから、パナ様様でしょ。

          • 匿名 より:

            ✕ 属にいう
            ○ 俗に言う

            ま、カメヲタに日本語常識を求めても無駄か。

        • 匿名 より:

          像面位相差はセンサー側の技術だから、
          ソニーセンサー使えば無問題。

          • 匿名 より:

            ライカはCMOSISとの契約があるから、ソニーセンサーを使えないわけではない(一部で採用している)がライカ以外に一般DSC用のセンサーの売り先のないCMOSISはライカにカスタム生産分の買取させている。一応、EU製のDSCとして心臓部はEU製の部品を優先している。

    • M-KEY より:

      山木さんは、数年前のインタビューで「カメラメーカーを目指してる」と答えていたのでニヤノヤしてそう。

  2. 匿名 より:

    しかしこのサムネイルのFP,コンパクトさのかけらもないなw

    • 匿名 より:

      カメラバッグへの収まりも悪いだろう
      無難な一眼レフスタイルも出して欲しい

      • M-KEY より:

        このようなインライン型よりもファインダー部が出っ張った一眼レフスタイルの方が収納性は悪いです。
        ただ、中身が空っぽのピントフード部が無駄と言えば無駄。
        銀塩中判のピントフッドのようにフォーシングルーペ内蔵の折り畳み式なら、使い勝手と収納性が両立できると思います。

        • 匿名 より:

          あのLCDビューファインダー、結構な値段するけど何とか折り畳み式に出来なかったものだろうかね?
          基本情報を知らない人があれを装着した状態の写真見たら、そりゃ何なのあの収納性悪そうな背面スペースは?ってなっちゃうよ。
          自分なんかはそこまでビューファインダーにしたいなら普通にEVF内蔵機で良かったのではと思うのだけれど、そこがシグマらしいところでもあるのかな。

          • 匿名 より:

            実は液晶も不要でベースのマウント用意してそこに自分で液晶なりEVFなり設置できるようにしてくれた方がと思ったり。
            ついでにバランス調整用のウエイトとか肩当もオプションで。

    • 匿名 より:

      シグマは良くも悪くも個性重視の一捻りしたようなものになってしまうだろうから、パナにはEOSやαの安価モデルに対抗するような王道路線のコンパクトフルサイズ機出してほしいね。

      • 匿名 より:

        パナソニックには、GM1のフルサイズ版を出してほしいね。
        マイクロフォーサーズにもGM1やGM5の後継機がほしいけど なかなか出さないね。どうしたんだろう?

        • 匿名 より:

          スチルのハイアマ需要はほとんど捨ててるように見える。安売り競争に巻き込まれるのが嫌なのかな? というふうに考えてるけど。
          おそらくLマウントでは8K、4:4:4、120fpsを終端に置いたロードマップを描いてると思うんだけど、小型機はそのどこにも置き場所はないんじゃないかな…
          そうやって考えた時、20-60mmってレンジは、動画的にはどうなんだろ?

    • 匿名 より:

      それでもLUMIX SやZ6Z7よりはずいぶんコンパクトでしょ。

タイトルとURLをコピーしました