スポンサーリンク

キヤノンに聞いた「EOS R5」「EOS R6」一問一答(その3)(デジカメWatch)

キヤノン
キヤノン レポート
スポンサーリンク

同時発表の新RFレンズについて 600mm/800mm F11の”DOレンズ”とは?など
RF600mm F11 IS STM/RF800mm F11 IS STM
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USMとエクステンダー
RF85mm F2 MACRO IS STM
by 鈴木誠@デジカメWatch

スポンサーリンク
utsunoをフォローする
デジカメジン

コメント

  1. 匿名 より:

    このRF600mm F11 IS STMとRF800mm F11 IS STMって、
    在りし日のニコンおもしろレンズ工房のコンセプトに似てますね。
    どどっと800って感じで(笑)
    まさかニコンと同じ道を歩み始める前兆だったりして・・・・・。

    • 匿名 より:

      おもしろレンズ工房は3本で18000円と格安だったけどね。
      実はあの魚眼レンズはかなりシャープな描写なんだ。
      ニコンFマウントにつけると固定焦点で ピント調節ができないので
      実力が発揮できないんだけど。

  2. 匿名 より:

    絞り無しの600mmF11ならレフレックスで短い方がいいのでは?

  3. 匿名 より:

    ミラーレンズ使ったことあるけど、絞りがないってけっこうストレスになるだよな。
    600mmくらいになるとF11でもめちゃピント薄いから、
    ドンピシャのピントって本当に難しい。
    気持ち甘めな写真になった時はよけい絞れたらって思う。

タイトルとURLをコピーしました